cooking discover essei mind 

レンチンで簡単、ミカンのジャム作り、ウン 美味しい

投稿日:

酸っぱいミカンをもらったからジャムを作ってみたの

行きつけの「茶とアン」(阿佐ヶ谷)に行ったら、ママさんが
「久保さんジャムつくりますか」
と聞いてきたので
「梅のジャム作ったことがあるよ」
そう言うと、
「種類は分らないけど、ミカンいっぱい貰ったの、皮はキレイだし、無農薬(知り合いの庭にできたもの)だし…でもね、とっても酸っぱいの、だからジャムなの…」
そう言ってくれたミカン

オー酸っぱい、思わずみぶるいする程の強烈さだった

一つ、皮を剥いて食べてみたら、確かに酸っぱい、口に入れた瞬間、身体がブルっと震えてしまった(笑い)
で、これ、ジャムにするの、どうしたらいいの━と、作り方を訊くと。
「キレイに洗って、皮ごと包丁で小さく切って、お水を適量入れてグツグツと煮込むの。で、ジャムになったら、氷砂糖を適量入れて、仕上げにレモンの汁を少し入れると、爽やか感が出ておいしくなるの」
なる程…

レンチンでジャム作りに挑戦

僕は電子レンジしか持ってないので、レンチンで、それをやったのが、写真のジャム、キレイだし、甘さも程ほどで、とっても美味しい。
ジャムだから勿論、パンに合う、ヨーグルトにジャムを適量入れると、これまた爽やかな美味しいフルーツヨーグルトが楽しめるの、

 

野菜サラダにジャム合うのよと隣の席にいた女性が教えてくれた

昨日、茶とアンに行って写真を見せながらそんな話をしていたら、隣に居た女性が
「野菜を食べる時、ドレッシング代わりにジャムを入れると美味しいよ」と教えてくれた
「それいただき」
そう言って、さっそくメモを取った。

僕のジャム作りに興味があるみたいだったので、写真を見せながらまたまた吹いてしまった(笑い)

その女性も袋にいっぱいミカンをもらっていて、僕の写真を見ながら、
「これ、電子レンジでつくったの…」
そう言ってから
「なんか、可愛い感じでとてもキレイ」と褒めてくれたので、
まず、ザクザクと適当な大きさに切って、
深みのある器に居れ、水を入れ、適当にチンして、柔らかくなったらザルに入れ、スプーンで潰し…
それでもまだ実が残るから、まな板の上でドンドン叩くの(笑い)
で、ほど良くなったら、煮汁に返して、再びチン(適当な時間)チンしてトロミが出てきたらそこに氷砂糖を入れるんだけど、
氷砂糖がなかなか買えなかったから、薬局で、サービスで貰った「パルスイート」(カロリーゼロ)というのを適量入れたら、うまう合って(笑い)
で、完成したところで、レモンを絞り、それを入れたところ、爽やかさがグっとまして、美味しいジャムになったの…
そんな話をすると。
「私もその方法でやってみます…、だってこんなキレイなジャムになるのだもの」
そう言って、僕の話をメモにしていた(笑い)
ジャム作り楽しいね、スッカリはまってしまった。
料理って、本当に楽しい
こうした話を、喫茶店などで話すのもまた楽しい(笑い)
そうそう、僕にとってこれも、コミュニケーション手段なの(笑い)

-cooking, discover, essei, mind 

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ムードを楽しむ なんとなくいいよね、この雰囲気、このムード

詩、ポエム、エッセイ、コラム…
思ったことを言葉にすることで、それを創作(形にする)人のことを詩人、ポエジスト、コラムニスト、エッセイすと、写真に撮れば、写真家…

自分がそういうことをしているのであれば、名乗ればそれでいいこと、
資格があるわけではないのであある。

ならば僕も、名刺をつくって「ポエジスト」とか、書いてみるかな
「エッポエジスト…珍しい」
名刺を交換してそう言われたら、ハハと笑って、
「戯言です」と言っとけば、それでいいんだ…
いいね、それ、よし」これやろう(笑い)

ベンチ
枯れ葉…
なんとなくなんとなく、そこには何かを感じさせるムード、雰囲気がある
好きだな、このムード、この雰囲気、アトモスフィア… by gatoku
なんてね…

藤井風(ミュージシャン)凄いんだってねぇ、岡山なんだってねぇ

二人の女性、藤井君にもう、無我夢中
へー、そりゃ凄い。
そういうと、
「恰好いいのよ藤井風君、イケメンで身長は180位あるのかなぁ、ピアノがうまくて、詩がよくて、歌がとってもいいの、で、詩にも喋りも岡山弁丸出しで、ワシャーノー、なんていう言葉もどんどん出てくるんだけれど、リズムがいいし、歌がいいし、曲がいいからうまく溶け込んで、とにかく恰好いいのよ…」
熱弁で、二人の女性にまくしたてられ、ユーチューブを見せられ、ボリュームを上げて聞かされると、見ないわけにはいかないよねぇ(笑い)

風情、風情ってなーに、心に沁みる風景、僕の概念だけどね…

僕が師事した石津良介先生は、
「その雰囲気こそが写真の命」
「そういうのを大切にする」ことを、
教えてくれたのだった。
今思えば、それしか、自分の味を出す方法はないんだものねぇ…

懐かしいねぇ「アトモスフィア」
先生が口癖のように言っていた言葉。
「コーヒー茶碗」
「今、ボーグの表紙になりそうな女性が、スラっとした長い細い指でカップを持ち上げ、口に近づけひと口のんで、カップをお皿にスーッと返したところ、その瞬間、そういう雰囲気を大切に」とか、
「高い土塀の曲がり角、石畳の道を着物をきた素敵な女性が、パラソルを指して、スーと消えたところ…」
「そういう雰囲気を意識して撮ってこそ、写真なんだよ」

先生はリアリズムの中に、それを求めていたんだねきっと

朱いバラ、赤いバラ、紅いバラ…どの字にするか迷ってしまう

朱いバラ、やっぱりこれだな、難しいね、雰囲気にそぐった文字、言葉って…
ウーン、なかなか、難しい…
僕は本当は真紅のシンプルなバラが好きなんだけれどね…
だから、例えば、画廊やイベント会場に行く時は、真紅のシンプルな形のいい花を数十本選んで、カスミソウは入れないで花束にしてもらったのを持参するようにしてたんだけどね…
(最近はお金がないから、そういうことはできなくなったけど、そりゃ、見応えがあったねぇ(笑い)

火の燃える情景は、エネルギーのビジュアル、燃え盛る炎には不思議な魅力がある

勢い、若さ、燃えるエネルギー、やっぱり魅力あるよね…
僕は政治には、何の興味もないのだけれど、
杉並の8区、たまたま握手した女性候補者の当確が早々に出た時にはヤッターと思ったね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます