cooking discover essei idea life

レンチンで簡単 三浦大根の煮つけ、トロトロプリプリでとっても美味しい

投稿日:

三浦大根、僕の記憶では、正月前の姿をみるだけで、普段はあまりみかけない幻の大根

何年か前、神奈川県に仕事で行った、その帰り、ドライブインによると、真っ白くて太くて大きな(長い)大根が売られていて、美味しそうなので2本買ったところ、大船の駅で
「久保さん悪いけど、別の仕事がもう一本あるので、電車で帰って」
そう言われて、大きくてブットい三浦大根を2本、脇に抱えて…
「なんていう姿、恥ずかしいたらありゃしない…(笑い)」
そんな経験があるから、よく覚えている。
しかししかししかし…
この大根、煮て食べるとトロトロプリプリで、とっても美味しいの…
以来、今頃の季節になると、思いだしていたのだが、なんと、それが、安売りの店に…
見た瞬間、AHという声よりも先に、脇に抱えていた…
それを見たテッチャンが、
「そんな大きいの食べきれないでしょう」と
「ダイジョウブ、半分僕が食べて、後は持っていくところがあr5うから(笑い)」

帰ってさっそく料理

料理と言ったってねぇ、調理器具は電子レンジしかないのだから…
まず、適当な大きさに輪切りにして、皮を剥き、適当な大きさに切ってから、深い入れ物に入れて塩ゆでするの。
塩ゆですると、下味がつくし、灰汁が抜けるから…
時間、そんなのは適当、柔らかくなればいいんだから

ポイントはやっぱり、長ネギと乾燥オキアミ

それが出来たら、煮汁は捨てて、そこに新たにお水を入れ、本出汁を入れ、麺つゆを少し入れて、お醤油で味を調節(お醤油を入れれば出汁にもなるし、最高の調味料だね)して、後は、適当にチンすれば出来上がりなんだけれど、今回は、乾燥オキアミとネギを調味料として一緒に煮たの…
前に里芋を煮た時に、乾燥オキアミとネギを一緒に煮ると、それがとてもいい味を出したから、それを思い出して…
僕の電子レンジはタイマー式だから、15分を何回かやったけど、グット味が浸みこんだ、トロトロプリプリの美味しい大根が出来上がった
ところが、ご飯を買ってなかったので、例によって、深い器に友人が送ってきてくれた拘りのお米をコップにいっぱい入れ、適当に水を入れ、塩を少々いれてお粥にして食べたのだが、とっても美味しかった。
そう、昨日は休日だったからね…
料理、本当に楽しいね、
気がむいた時だけつくっているのだけれど、本当に本当に本当に楽しい…
僕はもしかしたら、進むべき道を間違えたのかもなんちゃってね(笑い)

-cooking, discover, essei, idea, life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒメリンゴ可愛いね、だけどヒメリンゴっていったい何

青森駅のすぐ近く、
かつて青函連絡船が行き来していた青森港
今は公園になっている
そこに大きなヒメリンゴの木があって、小さなリンゴが鈴なりになっているのを見た時には、まるでメルヘンの絵を見ているようだった。
写真、探せばあると思うんだけど…

藤井風(ミュージシャン)凄いんだってねぇ、岡山なんだってねぇ

二人の女性、藤井君にもう、無我夢中
へー、そりゃ凄い。
そういうと、
「恰好いいのよ藤井風君、イケメンで身長は180位あるのかなぁ、ピアノがうまくて、詩がよくて、歌がとってもいいの、で、詩にも喋りも岡山弁丸出しで、ワシャーノー、なんていう言葉もどんどん出てくるんだけれど、リズムがいいし、歌がいいし、曲がいいからうまく溶け込んで、とにかく恰好いいのよ…」
熱弁で、二人の女性にまくしたてられ、ユーチューブを見せられ、ボリュームを上げて聞かされると、見ないわけにはいかないよねぇ(笑い)

ローライフレックスかローライコードか、思わず買っちゃった500円、

恰好いいよねぇ二眼レフ
これも名機中の名機(ドイツ)
二眼レフというのは、上のレンズで見て、下のレンズで撮るの。
遠くの物を撮る時には問題ないが、近くの物を撮る時は、上のレンズと下のレンズの距離があって、見た目と実際に写る範囲が違うからパララックスガイドに従って修正しなくてはいけないんだけれど、とても人気のカメラだった。
公園などで、インテリ風の人が、そしてなぜか、若い女性が首にぶら下げているのを見かけるたびに、
「今も人気カメラなんだな」とつい思ってしまう。

黄色いコスモス、なんとなく楽しそうな、そんなリズム感を感じてつい

それにしても、ズームレンズ楽だよねぇ…
フイルム時代は単体のレンズしかなかった(いや、あったけど使わなかった)から必然的に、身体を動かすしかなかったの、だから、今でも、28ミリ、50ミリ、90ミリ、全部体が覚えてるの
これは今でも役立つねぇ、
だって、風景を見て、
これは何ミリだなというのが分るもの…
しかし、しかし、しかし…
そんなことを書いて、お前の写真はそれほどのものかと言われると、
そうだよね…
そう言って頭をかくしかないんだけれど(笑い)

枯れてなお華 いいね 老いてなお…こういう風に生きたいね 

美しく老いる…いいね
欲望という名の電車を乗り継ぐ旅、若い頃にはそれでいいと思う。
しかし、ひと齢とったら、
全てを捨ててなお華という写真のような雰囲気になれたらいいな…
そんな何かを感じて撮った写真。
たぶん、額紫陽花だと思う。
ドライフラワーになっているのに、いいな━と、思ったのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます