cooking discover essei idea life

レンチンで簡単 三浦大根の煮つけ、トロトロプリプリでとっても美味しい

投稿日:

三浦大根、僕の記憶では、正月前の姿をみるだけで、普段はあまりみかけない幻の大根

何年か前、神奈川県に仕事で行った、その帰り、ドライブインによると、真っ白くて太くて大きな(長い)大根が売られていて、美味しそうなので2本買ったところ、大船の駅で
「久保さん悪いけど、別の仕事がもう一本あるので、電車で帰って」
そう言われて、大きくてブットい三浦大根を2本、脇に抱えて…
「なんていう姿、恥ずかしいたらありゃしない…(笑い)」
そんな経験があるから、よく覚えている。
しかししかししかし…
この大根、煮て食べるとトロトロプリプリで、とっても美味しいの…
以来、今頃の季節になると、思いだしていたのだが、なんと、それが、安売りの店に…
見た瞬間、AHという声よりも先に、脇に抱えていた…
それを見たテッチャンが、
「そんな大きいの食べきれないでしょう」と
「ダイジョウブ、半分僕が食べて、後は持っていくところがあr5うから(笑い)」

帰ってさっそく料理

料理と言ったってねぇ、調理器具は電子レンジしかないのだから…
まず、適当な大きさに輪切りにして、皮を剥き、適当な大きさに切ってから、深い入れ物に入れて塩ゆでするの。
塩ゆですると、下味がつくし、灰汁が抜けるから…
時間、そんなのは適当、柔らかくなればいいんだから

ポイントはやっぱり、長ネギと乾燥オキアミ

それが出来たら、煮汁は捨てて、そこに新たにお水を入れ、本出汁を入れ、麺つゆを少し入れて、お醤油で味を調節(お醤油を入れれば出汁にもなるし、最高の調味料だね)して、後は、適当にチンすれば出来上がりなんだけれど、今回は、乾燥オキアミとネギを調味料として一緒に煮たの…
前に里芋を煮た時に、乾燥オキアミとネギを一緒に煮ると、それがとてもいい味を出したから、それを思い出して…
僕の電子レンジはタイマー式だから、15分を何回かやったけど、グット味が浸みこんだ、トロトロプリプリの美味しい大根が出来上がった
ところが、ご飯を買ってなかったので、例によって、深い器に友人が送ってきてくれた拘りのお米をコップにいっぱい入れ、適当に水を入れ、塩を少々いれてお粥にして食べたのだが、とっても美味しかった。
そう、昨日は休日だったからね…
料理、本当に楽しいね、
気がむいた時だけつくっているのだけれど、本当に本当に本当に楽しい…
僕はもしかしたら、進むべき道を間違えたのかもなんちゃってね(笑い)

-cooking, discover, essei, idea, life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 日陰者 なれど目を惹く重薬花

こんなフレーズ
なかなか書けないよね
70を超えてハハハ…
でもね、
これが若さを保つ僕のスーパーメディスン…なのである
こうして脳内麻薬の分泌を活発にすれば、
それが何よりの若返り
アンチエージング…
これに勝るものは無いのである…
と、…僕は思っているのである

「燃える秋」本当はこの言葉使いたくないんだけれど、他にいいようがないので

紅葉を見て、そこに人生を重ねるのはやっぱりセンチ…
人生って、いったい何だったんだろうねぇ…
答えの出ない答えを探してもしようがないのだけれど、今はもう、楽しかったことしか思い出せない(笑い)
現実の人生は、決してそんなことはなかったと思うんだけれど、都合のいいことしか覚えていないの、ハハハ、だから「安楽院気楽居士」と言われているの…

ダリア、ナマハゲエポックという名前らしい。まるで太陽

エポックメーキングとは
「ひとつの時代が終わり、ひとつの時代が始まる瞬間がある、エポックメーキングとは、その瞬間のこと」という意味で僕は使ったのだが、フレーズとして、好きな言葉なのである。

昭和30年、40年代がなぜ、日本のエポックメーキングの時代なのか
それは、調べればすぐ分るのだが、簡単に説明すると、一番のポイントは、東京オリンピック(昭和39年・1964)。
このオリンピック開催に向けて動いた前後10年は、まさに激動の時代で、風景も経済も人の心までも変えてしまった時代という意味で、そう表現したのだが、それらの本を今見返してみると、まさにまさにと思うのである。

スマホカメラを愉しむ 枯れてなを 華を咲かせる すすきかな 好きだなこういう抽象の世界 

目次枯れてなを 華を咲かせる すすきかな逆光 スポットライト…スマホカメラ… 逆光をどのように捉えるのか心配だったけど うまく捉まえてくれただから写真はやっぱり楽しむもの…なんだよねアリアさんの朗読 …

スマホで撮影、印象的冬の風景、上野公園にて

写真はレンズを通して見えたものしか写らないということを、知っておくことが、大事なのだけれど…
しかし、しかし、しかし…
写真は、レンズの位置から見えたものが写るというのは知っておく必要がある。
特に光物などは、レンズの位置から見なければ、肉眼で見てこうだと思っても、実際には写り方が違うということを、知識としてでも知っておくと、写真の撮り方、出来上がりもかなり変わって来ると思うので、意識するといいと思う…
今日の話はちょっとお節介だったかな(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます