cooking discover essei idea life photo

シーフードヌードルにとろけるチーズ+牛乳で美味しいチャウダーに

投稿日:

シーフードヌードルの美味しい食べ方

知合いに教えられてやってみたら、美味しくて、すっかりお気に入りに
100円ローソンで買えば、ひとつ100円、これにとろけるチーズ5枚入りで100円、3,5の濃い牛乳100円、これだけあれば5回は食べられる。

ひと手間の工夫で100円200円の食品が1000円位の価値ある料理に変身するのだ

一食、140円位か…
それがなんと、1000円クラスのチャウダーヌードルに変身するのだからねぇ、余程のお気に入りのラーメン以外はちょっと行けなくなってしまった(笑い)
そして、残ったスープにフランスパンをオーブントースターでトーストして浸して食べたらこれがおいしくて、すっかり病みつきに…
アイディアだね、工夫だね、料理って、ちょっとしたひと手間で見違える程美味しくなるんだから…

でもでもでも、こうしたアイディア、閃くこともあるけれど、やっぱり人の話、

馴染みの喫茶店に行っていると、こうした情報が入ってくるので、すかさずメモして、
「これは」と思えるものは試してみることにしてるの(笑い)
チキンラーメンの「ぶっこみ飯」にゴルゴンゾーラ+野沢菜漬けを細かく刻んでというのは、僕の閃きだったのだけれど、知り合いの間では、これも人気になっている。
これだって、感覚的には200円位の商品が、1000円を超える位の美味しさになっているのだから、他にはないかと、つい追求したくなってくるよね。
ところでチャウダーって何と問われたら困るので、調てみた。

チャウダーとは、

「チャウダー」の語源は、「大鍋、煮込み」という意味のフランス語chaudie(’)re(ショーディエール)とか。
魚介類や乳製品を使う事が多く、
アメリカ東海岸の名物料理「クラムチャウダー」が有名(クラムとは貝のこと)
シチューよりは具が小さくソースのとろみも少なく、
簡単に言うと「スープとシチューの中間ぐらい」の煮込み料理をチャウダーというらしい。
名前は知っていたが、そういうことだったんだと改めて(笑い)

 

美味しければネーミングなんて、どうだっていいよね

でも、ネーミングなんかどうだっていいよね、美味しければそれでいいんだから(笑い)
この料理、今では率先して吹いているんだけれど、知り合いの間では評判が良い

-cooking, discover, essei, idea, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

潜在意識と易、内なる心の世界、そんなことを研究してたんだね

「易占とは何か」
調べれば調べる程、好奇心を満たしてくれるものがそこにはあって、すれですっかりハマってしまったというわけ。
その過程で出会った、
スイスの心理学ユングの考え方、
易占の成り立ち、
川喜田二郎博士の書いている、「潜在意識と現実の問題」
直観とは何か…
そんなことをいろいろ調べてつくり上げたのが、アップした図(易曼荼羅)

スマホカメラで写真を楽しむ、OHバナナ、すごい迫力

夕方、下関の港で僕は海を眺めていた
「お兄さん釜山へいくの」
「そう」
「荷物はないの」
「ないよ」
「実は私、
お酒買いすぎちゃって、
兄さんそれちょっと持ってくれないかなぁ」

正月休みも終わって今日から仕事、気合を入れて行くっきゃない

スマホカメラ本当に便利
スマホの写真覚えると、どこでも気軽にシャッターがきれるから、本当に楽しい…
写真さえあれば、何かは書けるから…
新たな年の始まり、よしと気合を入れて頑張ろう…

憧れのライカ、つい買ってしまった。700円 

ライカと言ってすぐに思い浮かぶのは「決定的的瞬間」のアンリ・カルティエ=ブレッソン
いつもカメラを持っていて、ここしかないという瞬間を撮るの、いつ見ても何度みても素晴らしい。
本当に本当に本当に凄いセンス
有名な話として
「使ったレンズは、生涯を通じて、スタンダードのレンズだけ」という伝説が、
スタンダードのレンズとは、焦点距離50ミリの、普通、カメラを買った時についているレンズ(今はズームレンズが多いから昔の話)で、人間の視覚に近いレンズと言われているのだけれど、実際には、使いずらいレンズ(僕の経験)で、僕はあまり使わなかった。
想像だけど、スタンダードで、ブレッソンのような写真を撮ろうとすると、鋭いフットワークが要求されるが、もしかしたら、トリミングで写真を作っていたのではと想像しているのだが…ライカという名前と同時に出てくる写真家である。

朱いバラ、赤いバラ、紅いバラ…どの字にするか迷ってしまう

朱いバラ、やっぱりこれだな、難しいね、雰囲気にそぐった文字、言葉って…
ウーン、なかなか、難しい…
僕は本当は真紅のシンプルなバラが好きなんだけれどね…
だから、例えば、画廊やイベント会場に行く時は、真紅のシンプルな形のいい花を数十本選んで、カスミソウは入れないで花束にしてもらったのを持参するようにしてたんだけどね…
(最近はお金がないから、そういうことはできなくなったけど、そりゃ、見応えがあったねぇ(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます