essei life photo

ブーチャン、姉の家の猫、人懐っこくて、話していると、いつの間にか現れて会話に入ってくるの

投稿日:

猫もひと齢とると、好好爺(笑い)

一時は、コードというコードを全部かじって、その補修が大変だったのだけれど、成長とともに悪戯(イタズラ)もしなくなって、今ではは家族の一員として、話が始まると、どこからともなく表れて、会話に加わってくるの…

姉、白内障の手術をしたら手術失敗で片目の視力がなくなったと

事の事情はよく分らないけれど、健康診断というのを受けたら、眼下に行くように言われ、
「目は両方ともよく見えているし、新聞もメガネなしで読めるし、針に糸だって通せるのに」
そう思いながらも、眼科に行って調べてもらうと、
白内障がかなり進んでいて、失明の可能性大と、
で、診査に診査を重ね、先週、右目を手術したら、
「世の中、こんなにも美しいのか」と思える程、よく見えるようになって、喜んで(期待して)左目の手術に挑んだのだが、
こちらは想像以上に白内障が進んでいて、結論から言うと、手術は失敗して見えなくなってしまった━というので、お見舞いがてらちょっとのぞいたのだけれど、年齢を考えると、果たして手術したのは良かったのか悪かったのか…ね、

齢をとってからの手術、考えものだね、失明と命、どちらが先か分からないのだから…

だって、放っておけば、よく見えていたのだから…
で今は、片方、
どうせ見えないのなら、金額にもよるが、網膜の移植手術で可能性ににかけようと言っているんだけど、突然見えなくなるとショックだよねぇ…

片方生きてて良かったねと

まぁ、片方がよく見えているから生活には支障はないんだけれど、手術はやっぱり怖いね…
僕なんかは、レンズを通して太陽を随分見たりして酷使しているから、本当は検査したん方がいいだろうけど、考えてしまうょね…
でもまぁ、気持ちは沈んでなくて、
「慣れればテニスできるかしら」と言っている位だから、
「どうせならやるべきだな」
そう言って帰ってきたのだけれど、
息子がいるのに、電話してくるのは、なぜか僕の所…
親子って、なかなか難しいんだね…
僕も長男からは無視されているし…(笑い)
一人身になれば、
「ネコでも居てくれると、気持ちが和らぐ」と、
しかし僕には動物は無理なので、馴染みの喫茶店にいて、話したり笑ったりするのがもっかの処の心のいやし…
やっぱり、人のいるところ、話し相手は必要だね…
つくづく感じるこの頃である

-essei, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チョコレートケーキ

日本でパティシエという言葉が使われるようになったのは2000年頃から、主に「スイーツ」や「デザート」を作る職人という意味で使われだしのだそうだが、映画やアニメに取り上げられて、広まって来たようだ。
しかし、和菓子職人はパティシエとはいわない。
当たり前だよね、一緒にされたくないよね、だって、技術、クリティーが全然違うもの。
和菓子職人のその技術は、それ自体文化であり、芸術であり、素晴らしい世界だもの…
なんか、チョコレートやらナマクリームを塗りたくっていりスイーツとは、全然ちがう、ハハハ、これは昭和生まれの僕の偏見か(笑い)
やっぱり、日本の職人の技術は素晴らしい、
やっぱり僕は、日本の文化こそ世界に誇れる文化だと思っているから…

スマホカメラを楽しむ、簡易スタジオ、作りなおしたのでスマホでちょっと

部屋が明るいと気持ちがいいね、LEDも全部写真用の照明に
夜でも昼と変わらないんだもの。
色は昼光色、写真を撮るから、全部それ(昼光色)にしてもらったの。
で、その工事の時に、スタジオ(机の上に作った簡単なもの)邪魔になるから、片づけていたので、ホリゾントをキレイな紙に取り換えて、トレぺも交換したので、ちょっと、本箱にあった観音様を持ってきて撮ってみたの。
そう、スマホで、手持ちで。

スマホカメラを愉しむ 武蔵野の雑木林を紅く染め

「シャンソンの招待券2枚もらったから一緒に行こう」
ある女性からそういう電話が来たので
「それってデートの誘いだよね」
そういうと
アハハと笑って
「気安く誘えるのアナタしかいなかったのよ」と

スマホカメラを楽しむ オオイタヤメイゲツ カエデ科の花らしい

好奇心、これやっぱり大事だね…
つくづくそう思わされた、
素敵な女性(ひと)だった…
で、
その時
たまたま持っていたフォトブック
「そら空宇宙」
(感じる心を育むために)
をお見せすると
「これいい 私買うわ」と
しかし慌てて
「アッイヤ、
これもう無くて、
今、
写真集般若心経と同じような形の本を作っている最中なんです…」
そういうと、
「出来たら教えてね、予約しとくわ」と
嬉しいねぇ…
で、
豆しばさんにその旨電話したら
「校正刷り上がってきたんだけど、
ちょっと直したいところがあって、
だからもう少しかかると…」
完成が楽しみだなな

古本屋、古書店、なんとなく惹かれて、つい立ち止まってしまう

今の時代、ネットで調べれば、ほとんどのことは出ているから、ありきたりのことをありきたりに書いても、なんの感動も与えないよね、
しかし、しかし、しかし、
見せ方、読ませ方を工夫すると、それはまた、楽しい世界になってくる(笑い)
古本屋には、こういう発見があって、とても楽しいのである

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます