essei life photo

ブーチャン、姉の家の猫、人懐っこくて、話していると、いつの間にか現れて会話に入ってくるの

投稿日:

猫もひと齢とると、好好爺(笑い)

一時は、コードというコードを全部かじって、その補修が大変だったのだけれど、成長とともに悪戯(イタズラ)もしなくなって、今ではは家族の一員として、話が始まると、どこからともなく表れて、会話に加わってくるの…

姉、白内障の手術をしたら手術失敗で片目の視力がなくなったと

事の事情はよく分らないけれど、健康診断というのを受けたら、眼下に行くように言われ、
「目は両方ともよく見えているし、新聞もメガネなしで読めるし、針に糸だって通せるのに」
そう思いながらも、眼科に行って調べてもらうと、
白内障がかなり進んでいて、失明の可能性大と、
で、診査に診査を重ね、先週、右目を手術したら、
「世の中、こんなにも美しいのか」と思える程、よく見えるようになって、喜んで(期待して)左目の手術に挑んだのだが、
こちらは想像以上に白内障が進んでいて、結論から言うと、手術は失敗して見えなくなってしまった━というので、お見舞いがてらちょっとのぞいたのだけれど、年齢を考えると、果たして手術したのは良かったのか悪かったのか…ね、

齢をとってからの手術、考えものだね、失明と命、どちらが先か分からないのだから…

だって、放っておけば、よく見えていたのだから…
で今は、片方、
どうせ見えないのなら、金額にもよるが、網膜の移植手術で可能性ににかけようと言っているんだけど、突然見えなくなるとショックだよねぇ…

片方生きてて良かったねと

まぁ、片方がよく見えているから生活には支障はないんだけれど、手術はやっぱり怖いね…
僕なんかは、レンズを通して太陽を随分見たりして酷使しているから、本当は検査したん方がいいだろうけど、考えてしまうょね…
でもまぁ、気持ちは沈んでなくて、
「慣れればテニスできるかしら」と言っている位だから、
「どうせならやるべきだな」
そう言って帰ってきたのだけれど、
息子がいるのに、電話してくるのは、なぜか僕の所…
親子って、なかなか難しいんだね…
僕も長男からは無視されているし…(笑い)
一人身になれば、
「ネコでも居てくれると、気持ちが和らぐ」と、
しかし僕には動物は無理なので、馴染みの喫茶店にいて、話したり笑ったりするのがもっかの処の心のいやし…
やっぱり、人のいるところ、話し相手は必要だね…
つくづく感じるこの頃である

-essei, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桃太郎伝説の桃太郎は吉備津神社の吉備津彦の尊らしい

鬼ノ城では鉄を精製していた。
鉄を精製するのには水がいる。
熱した鉄を冷やすために使っていた水を(廃液)を近くの川に流していた。

上流で、汚れた水を流せば、下流では作物などができなくなる。

困った村人は、その交渉を吉備津彦の尊にお願いした。
吉備津彦の尊は「よし」と引き受けて交渉に行った。
で、吉備津彦の交渉に、ズラズラとついて行った村人たちが見た光景は、鉄の精製で顔は赤やら青に焼けただれて変色していた。それが、赤鬼、青鬼に見えたという話。

スマホカメラを愉しむ スイカとバックの因果の法則

反省反省反省…
これからはやっぱりリュックかな…
そそかしい自分にちょっとムカついたけど、
自分で自分を殴るわけにもいかないしねぇ…
気をつけなければ…

思いつき料理を愉しむ 焼きコロッケ アッサリ味だけどとっても美味しい

目次油で揚げない焼きころっけ、アッサリだけど美味しい電子レンジ、本当に便利僕は醤油派煮る焼く蒸す、中は一緒一人の生活は想像以上に大変 あれ、一体 何を書入れたんだっけ… 油で揚げない焼きころっけ、アッ …

写真を愉しむ サンバサンバブラジル 写真撮ってたら腕を掴まれて引っ張り込まれて、とっても楽しかった

自主的な僕の思いの作品集はないのだけれど、
こうしたチャンスを活かして…
これはラッキーとしかいいようがないよね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 美味しい団子 美味しいお寿司そして美味しいお茶

みたらしの 団子の味 の素晴らしさ
その味をさらに高めるお茶の味 雅督

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます