discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 武蔵野の雑木林を紅く染め

投稿日:

武蔵野の雑木林を紅く染め

こんな空もあるのに
なぜか
子供の頃に描いた空の色は
青一色だった
「空は青いもの」
そういう概念がいつの間にか出来上がっていたんだね
しかし
小学校5年生・6年生を担任してくれた女先生は
「空は青いものと決まってないでしょう…
ホラよく見てごらん
青の中にも色んな青があり、
雲があったりして一色ではないでしょう…」と
その言葉を聞いて
「そうか 写生は 見える風景を描くのだけれど、
自分にはどう見えたかというのを描けばいいんだ」
というのを気づかせてくれたのは、
凄いことだったと
今なお思っているのである
その先生は、
画家でもあって
日展でもかなり活躍していたのである

決して僕の絵はうまいと言えない、
一言で言えば下手な絵だった

自分でも何を描いているのかよく分らないのだけれど、
それからというもの、
常に貼りだされるようになったのである
しかしそれは
先生のえこひいきかと思っていたのだが、
中学校に行っても、高校に行っても
美術の先生からなぜか高く評価されるのだった
だが、絵は
何を描いても下手で、
なぜ評価されるのか僕にはわからなかったのだが、
描いているそのことよりも、
どうやら色使いが評価されているということに気づいたのである

写真の道に僕が行ったのは
そういうのがあったからかも知れない

おそらく多分
写真への興味はそういうことで芽生えたのだと思っているのである

アッ いきなりだからちょっと分らないよね、

簡単に言えば
見た物の特徴を大枠で捉えることは出来るんだけど、
描く力(技術)がないから抽象的な絵になってしまう。
つまり、
絵ではなく写真ならば、
自分の感性を生かすことができる
そう考えたのである
(そこまで明確ではなかったと思うけど)
だって写真はカメラが撮るのだから、
どこからどう撮ればいいというのが分かれば自分で描かなくていいんだものね…(笑い)

面白いね
青春時代にすでに、
自分で解釈して自分で納得して自分が思ったように何事もしていけばいいんだという理屈で生きていたのだから…

そうなの
つまりその頃から今の僕なの
しかし自信があるわけじゃないから
何事に対しても消極的で
ひっそりとしていたんだけど
いつのまにか
ひっそりが次第に消えて…(笑い)
職業がそうさせたのかね…
分からないものだね人間は…
アッ今日もまた話が飛んでもない方に流れてしまった
そして例によって
何を言っていrふのか分からない戯言になってしまったが、
人はうまく導いてくれる人に遭遇すれば、
それが一つの道になるということを知った
そういうことがいいたかったのである(笑い)

話変わって
一昨日

「シャンソンの招待券2枚もらったから一緒に行こう」
ある女性からそういう電話が来たので
「それってデートの誘いだよね」
そういうと
アハハと笑って
「気安く誘えるのアナタしかいなかったのよ」と
そして昨日
あることである人と偶然話すことがあり、
話していたら
呼吸があったので名刺交換すると
その人は
ユーチューブの放送局の人で
なんとシャンソン歌手なの
で、11日
シャンソン聞きに(観にか)行ますよ
そういうと
何処へというので、
新宿の文化センターの近くと言っていた
そういうと
「シャンパーニュですか」
そう言ってから
僕もそこよく使います…
そんなこんなでますます話が弾んで…
そうしたら
「今度
僕の放送局へ遊びに遊びにきませんかゲストとして」と
「エッ 僕出してくれるの」
そういうと
「はい 電話しますから」と
面白いね…
そんなことで僕はラジオに出るチャンスが来たのである(笑い)
そうしたら 一緒にいた知り合いが
「お前よく 
そんなの平気でやれるな
俺なんか何を喋っていいか分からないから
 イヤイヤとなっちゃうよ」
「…」
「だってラジオもテレビも映画もひと通りはやっているから…(笑い)」と僕
人生どこから何が起きるかわからないねぇ
それがまた楽しい…(笑い) 

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

挫折することは分っているのに、つい買ってしまう英会話の本

英語の発音難しい
先日、元スタッフの女性が来て
地下鉄のアナウンスで
「プリーズ ウエイトビハインド ヤマモリワークス」と言っているんだけどヤマモリワークスって何」
「…」
「何回聞いてもそうしか聞こえないんだけど」と
そう言われて気にしていたら丸の内線でも
「ヤマモリワークス」と言っている。
で、
一体なんと言っているのかと調べてみると
「pleeas wait behindo the yellow warning blocks.」
「yellow waming block」が「ヤマモリワークス」になっているのだが、あれは正しいのかねぇ…

スマホカメラで楽しむ 白モクレン の透明感のある白色、難しい 

「ハクモクレンの白色と太陽に透けた透明感が勝負…」
そう思って撮ったのだけど、
思い通りには、
なかなかいかない…(笑い)
それでも、本人は
「スマホでこれだけ撮れれば十分」
と思ったりしているんだけどね…(笑い)
だって使うのはイメージだし、
頼まれたものではないし…
自分で
「よし」と思えばいいんだもんねぇ…
だから、
現役を退いて
(自然に仕事がなくなったんだけれど)
愉しんで写真が撮れるようになったの…
そうしたら、
写真を撮って
そこに雑文を載せるのが楽しくなってね…
それで電子書籍に目を向けたの…

電子書籍なら、自分でやればタダだしね…
版元(出版社)いらないし、
KindleのISBN(書籍コード)がついてAmazonで売れるので、
高いお金をかけて自費出版するよりはいいと、
僕は思っているの…

スマホカメラを楽しむ 今日のテーマは生きる 輝く命

それを見ていると
「よっし」と思わず気合が入ってくるの…
主観というか、
直観を形にする…
そういう方向に僕を導いているのは
そういうこと(心で感じていること)が、
ストレートに話ができる人たちとの会話を楽しんでいるからかも知れない…

日常の何気ない会話の中で…
人を好きになる心であったり…
感じる心であったり…
文学であったり、
写真であったり
食べ物であったり…
そういうものについて
「私はこう感じる」
「私はこう思う」
そう
「僕はこう思う」
「アッ それ一緒 僕もそう思う」
そんな会話…
セッション(心で感じ合う)時間が増えたからではないだろうか…
僕がいく「茶とあん」(阿佐ヶ谷)には、
そういうコミュニケーションを好む人が何人かかいて
出くわすと
「OH」と気軽に声をかけて
「あのね、この前みた映画なんだけどね…」
そんな感じで話が始まるの

コンデジ、望遠領域で撮影、財布に入れて嬉しいカラスウリの種

このカラスウリ、東伏見の住宅街を歩いていて見つけたの
で、
「これ なかなか見ることができないんだよね…」
「そう言って写真撮ったの」
しかし、
俄か写真教室で、
「写真なんてねぇ」
と言った後の撮影は、
本当は辛いの
「なんで…」
「だって、偉そうなこと言った後だもの…」
「モニターー見て 何だ…という写真では恰好つかないでしょう(笑い」
「だから とても緊張するの…」

スマホカメラを楽しむ 今日の花はチエリーセイジ 会話する花 なんとなくそんなイメージ 

この写真から連想している僕のイメージは
ユーチューブの
「癒しの朗読」
「山本周五郎」(読み手アリア)
スッカリこれにはまっていてね、
時間があれば聞いているの…
語り手のアリアさんは女性(若くはないと思う)なんだけど、
落ち着いた低い声で声色も時折変えたりたりして
実にうまいの
そう、
聴いていると物語りが映像となって映画のように見えるの
ストーリは
正道
義理人情
男と女の心模様…
それをからめた難題の物語が深刻な方向へと流れていくのだが
最後の最後
「おお そうしたか」
という方向に転じて
なる程と感心させられると同時に
泣かされるんだけれど、
そのストーリーの組み立てが絶妙で、
1つ終わるとまた一つと聞くのだが、
本当にうまい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます