discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 武蔵野の雑木林を紅く染め

投稿日:

武蔵野の雑木林を紅く染め

こんな空もあるのに
なぜか
子供の頃に描いた空の色は
青一色だった
「空は青いもの」
そういう概念がいつの間にか出来上がっていたんだね
しかし
小学校5年生・6年生を担任してくれた女先生は
「空は青いものと決まってないでしょう…
ホラよく見てごらん
青の中にも色んな青があり、
雲があったりして一色ではないでしょう…」と
その言葉を聞いて
「そうか 写生は 見える風景を描くのだけれど、
自分にはどう見えたかというのを描けばいいんだ」
というのを気づかせてくれたのは、
凄いことだったと
今なお思っているのである
その先生は、
画家でもあって
日展でもかなり活躍していたのである

決して僕の絵はうまいと言えない、
一言で言えば下手な絵だった

自分でも何を描いているのかよく分らないのだけれど、
それからというもの、
常に貼りだされるようになったのである
しかしそれは
先生のえこひいきかと思っていたのだが、
中学校に行っても、高校に行っても
美術の先生からなぜか高く評価されるのだった
だが、絵は
何を描いても下手で、
なぜ評価されるのか僕にはわからなかったのだが、
描いているそのことよりも、
どうやら色使いが評価されているということに気づいたのである

写真の道に僕が行ったのは
そういうのがあったからかも知れない

おそらく多分
写真への興味はそういうことで芽生えたのだと思っているのである

アッ いきなりだからちょっと分らないよね、

簡単に言えば
見た物の特徴を大枠で捉えることは出来るんだけど、
描く力(技術)がないから抽象的な絵になってしまう。
つまり、
絵ではなく写真ならば、
自分の感性を生かすことができる
そう考えたのである
(そこまで明確ではなかったと思うけど)
だって写真はカメラが撮るのだから、
どこからどう撮ればいいというのが分かれば自分で描かなくていいんだものね…(笑い)

面白いね
青春時代にすでに、
自分で解釈して自分で納得して自分が思ったように何事もしていけばいいんだという理屈で生きていたのだから…

そうなの
つまりその頃から今の僕なの
しかし自信があるわけじゃないから
何事に対しても消極的で
ひっそりとしていたんだけど
いつのまにか
ひっそりが次第に消えて…(笑い)
職業がそうさせたのかね…
分からないものだね人間は…
アッ今日もまた話が飛んでもない方に流れてしまった
そして例によって
何を言っていrふのか分からない戯言になってしまったが、
人はうまく導いてくれる人に遭遇すれば、
それが一つの道になるということを知った
そういうことがいいたかったのである(笑い)

話変わって
一昨日

「シャンソンの招待券2枚もらったから一緒に行こう」
ある女性からそういう電話が来たので
「それってデートの誘いだよね」
そういうと
アハハと笑って
「気安く誘えるのアナタしかいなかったのよ」と
そして昨日
あることである人と偶然話すことがあり、
話していたら
呼吸があったので名刺交換すると
その人は
ユーチューブの放送局の人で
なんとシャンソン歌手なの
で、11日
シャンソン聞きに(観にか)行ますよ
そういうと
何処へというので、
新宿の文化センターの近くと言っていた
そういうと
「シャンパーニュですか」
そう言ってから
僕もそこよく使います…
そんなこんなでますます話が弾んで…
そうしたら
「今度
僕の放送局へ遊びに遊びにきませんかゲストとして」と
「エッ 僕出してくれるの」
そういうと
「はい 電話しますから」と
面白いね…
そんなことで僕はラジオに出るチャンスが来たのである(笑い)
そうしたら 一緒にいた知り合いが
「お前よく 
そんなの平気でやれるな
俺なんか何を喋っていいか分からないから
 イヤイヤとなっちゃうよ」
「…」
「だってラジオもテレビも映画もひと通りはやっているから…(笑い)」と僕
人生どこから何が起きるかわからないねぇ
それがまた楽しい…(笑い) 

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 道行けば いろんな花がこんにちわと声をかけてくる

どんな大作も、つきつめれば、メモの積み重ねなのである

スマホカメラを愉しむ 節分花(草)春だ春だと花が咲き

オッ ブログ もうすぐ365回連続で…
ブログの更新今日で340日位か、連続投稿…
後2週間もすれば1年…
スゴイ、
そう言えば昨日
「NOTE」からお知らせで
「いいね1500件達成」
というのが送られてきた
凄いね…
継続して何があったのかはよくは分からないけれど、
とにかく写真を見れば
アドリブで文章がスイスイと浮かんでくるようになった
そして
書かなければ気づかないことに
そうだという閃きが来るよになったのは確かなこと…
そういう意味では、
やらなければ見つからない何かがあるんだと…
そして、

習慣というは凄いことだということに気づいたのである…

広島菜のお漬物、ご飯によし、フランスパンによし、お餅によし、もう最高

広島菜のお漬物、僕流の食べ方
広島菜の漬物の食べ方、僕が一番好きなのは、大きな葉っぱをまな板の上に広げ、これまた友人が丹精込めてつくった天日干しのお米(これも先日届いたの、そう、新米)の炊きたてを、葉っぱの上に薄く敷き、そこに鰹節を適度に置き、醤油を少しさして、巻きずしのように、くるりと巻いて食べるの…
広島菜の漬物と、おかか、ご飯のコンビネーションが抜群で、本当に本当に本当においしい。

思いつき 豚の角煮にサルサソース OH絶妙 これはイケル

友達の所に持参して試食を
冷蔵庫に入れていた角煮と
サルサソースをフリーザーパックにいれて
お気に入りの墨の絵の全粒粉の粒麦パン(フランスパンみたいに長いの)を買って
中野のブロードウエイのマンションに持って行き
「美味しいと言ってね」(笑い)
そう言って試食してもらったのだけれど
「エーッ これ、爽やかとても美味しい…」と
そして
「これ、あなたが作ったの」
「料理人ですか」
「アッ イヤイヤ、単なる暇人 遊び人です…」
「いや、そんな風には思えない 普通の人ではないですよね…」
「アッ いや警備員です…」
すると友達が
「この人、
今皆にあげた写真集般若心経を作った作家さん」
そうい言って紹介してくれたの
で、ついでに、
「本 5冊注文して」と頼まれたの…(笑い)

雨冠に鶴「靏」ハハハ 「靏」この字が読めなくて直観で「ツル」あたってた…(笑)

目次漢字難しいねぇ初めてみたよ雨に鶴なんて…なんで雨+鶴なんだろうねぇいろんな人がいるねぇ…ついでだから「雨」という字の成り立ちを調べてみるとさらに雨の名前を調べてみると昔の日本の人の感性やっぱり凄い …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます