discover essei phone photo

ここ今 阿佐ヶ谷(杉並)の人気スポットなの 水槽とかやっぱり注目を集めるんだね

投稿日:

パールセンターの中程にあるお寿司屋さんの入り口

魚やタコやイカなどが水槽の中で泳いでいるんだけど
子連れの人たちが
ここに来ると立ち止まってスマホで写真を撮っているの
僕はこのトイ面にあるたい焼きが好きで、
お店の前にある椅子に座ってたい焼きを食べるんだけど、
ここのたい焼き(ともえあん)のたい焼き
とっても美味しいの
社長と知り合いでね
僕が行く「茶とあん」で時々顔を合わせるんだけど
おそらく、
僕の知る限り
ここのたい焼きを超えるたい焼きはないね…
外がパリっとしておいしくて
中に入っているアンが格別で、
先日は
求める客で長い行列ができていた。
みんな
美味しい所
よく知っているんだね…(笑い)

水槽 珍しい魚が泳いでいるのでとても人気なの

お寿司屋さんの水槽は、
鯛焼きを食べる椅子から丁度見える位置にあるので
鯛焼きを食べながらそれを見ていて
「今日は随分
人が溜まっているんだけど…」
そう思いながら
好奇心で覗いてみると
さほど大きくないんだけどちょっと変わった魚がいて

知らない者同士でも自然会話が弾む場所

みんな
「なんだろう」って、
口々に
「鮫かなぁ」
「鮫ではないなぁ
フグかなぁ」
「あっ ここになんかフグと書いている」
「アッ本当だ」
そんなことを言っていたら中から店員の男性がヒョイと出てきたので
「この魚なんですか」
「フグだけどこれは食用にはならないの 珍しいから社長がここに入れたんだと思うけど…」と、
帰って
Lens調べてみたら
「クサフグ」と
で、

クサフグとは

調べてみると
名前の由来は
背面が緑色っぽいため。
餌の横取りが上手く、
毒があることから釣り人には嫌われているらしい。
ヘー
餌の横取りがうまいんだ…(笑い)
でもみんな可愛いといってたよ…(笑い)

水槽の撮影は難物中の難物

しかし、
水槽の撮影難しいね、
鏡に向かって写真を撮っているようなものだものね
たまたま黒い服を着ていたから
それでうまく写り込みを消して
部分でムリムリ勝負したんだけれど
まぁまぁかな
スマホだし、
黒膜が張れればなんていうことはないんだけれど、
イキアタリバッタリのスマホでの撮影だから限界があるよね…
しかしシャッターをおさなければ写真は写らないから、
ダメ元で撮ったのだけど、
これだけ出てくれればいいよね…と(自分)で
だって写真がなければ記事書けないから…(笑い)

フグ美味しいよねぇ

テッサ ユビキ テッチリ から揚げ…
山口 福岡に行くとねぇ…
フグは締めてすぐというわけにはいかないので、
おいしく食べるためには予約が必要なんだって…
これは余談(笑い)
余談ついでに、
お鍋も買ったし、
メバルの煮つけ食べたいねぇ…
だって僕は岡山だもの…
鰆(サワラ)の刺身と、サワラの子の煮つけ
メバルの煮つけ、
これ最高だね…
一度やってみよう…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ いつまで待たせるのよ 一日は長い でも一生は短いのよ

歌は気気持ちがいいね、
大声だして…
気が付くと
阿佐ヶ谷駅から南阿佐ヶ谷を通りこして、
誰もいない夜の道を
歌を歌いながら…
風が冷たくてとても気持ちがよかった…
たまにはこうしてハメ外すのもいいよね…
楽しい酒は本当に愉しい…
しかし今日は、起きるのが辛かった(笑い)

ヒーターチョッキ、アッというまに壊れて、今はカイロを張って使ってるの

ブーツや靴に入れれば消臭剤に

冷蔵庫の消臭剤などにも利用されている活性炭に消臭効果がある。

活性炭が原材料のひとつとして使われている使い捨てカイロには、
使用後の冷たい状態のままブーツや靴に入れるだけで、活性炭が靴の内側の臭い成分を吸着して消臭してくれるという嬉しい効果が…
ガーデニングに再利用もOK
カイロの中に入っているバーミキュライトは保水性や通気性に非常に優れているため、観葉植物の保水土としても使われているものなので、

バーミキュライトをガーデニングする際に肥料として土に混ぜると、植物が育ちやすい環境を作り出せるらしい。

さらにカイロの主な原料となっている鉄粉は、土壌の鉄分補給に大きな効果を発揮する。

写真を愉しむ 輝いて生きる姿が美しい 写真って本当に楽しいね  

自然とともに遊んでいればと本当に楽しい
自然はいろんなことを教えてくれるしね…
輝いて生きる…
この言葉覚えておこう…

ホッコリ里芋の煮っころがし、乾燥オキアミ、長ネギ入りとっても美味しい

年寄りの料理、そう思っていたのに、それが恋しくなるなんてねぇ…
「こんな年寄りの料理」
子供の頃には、そう思っていたお婆さんのレシピが最近、妙に食べたいと思うようになってきた。
歳をとったんだね…
お婆さんが作っていた料理が恋しくなるなんて…
時代は変わっても、やはり、年寄りには、年寄りが好む献立(料理)というのがあるのかも知れないね…

思いつき料理を愉しむ オニオングラタンスープをつくるつもりが でも 美味しかった

食べながら思った
これにはゴルゴンゾーラがよく合うと
そしてさらに思ったのが、
これだったら
ニッシンのブッコみ飯
(チキンラーメンの味で作ったインスタント食品)
をベースにして
そこに炒めた玉ねぎを入れ、
コンソメで味を調整すればいけるかもと…
うん
ヨシ
今度はそれでやってみようと
そうだよね
料理なんて、
自分の思いつきで
思うようにやって美味しければ
それでいいんだものね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます