discover essei phone photo

ここ今 阿佐ヶ谷(杉並)の人気スポットなの 水槽とかやっぱり注目を集めるんだね

投稿日:

パールセンターの中程にあるお寿司屋さんの入り口

魚やタコやイカなどが水槽の中で泳いでいるんだけど
子連れの人たちが
ここに来ると立ち止まってスマホで写真を撮っているの
僕はこのトイ面にあるたい焼きが好きで、
お店の前にある椅子に座ってたい焼きを食べるんだけど、
ここのたい焼き(ともえあん)のたい焼き
とっても美味しいの
社長と知り合いでね
僕が行く「茶とあん」で時々顔を合わせるんだけど
おそらく、
僕の知る限り
ここのたい焼きを超えるたい焼きはないね…
外がパリっとしておいしくて
中に入っているアンが格別で、
先日は
求める客で長い行列ができていた。
みんな
美味しい所
よく知っているんだね…(笑い)

水槽 珍しい魚が泳いでいるのでとても人気なの

お寿司屋さんの水槽は、
鯛焼きを食べる椅子から丁度見える位置にあるので
鯛焼きを食べながらそれを見ていて
「今日は随分
人が溜まっているんだけど…」
そう思いながら
好奇心で覗いてみると
さほど大きくないんだけどちょっと変わった魚がいて

知らない者同士でも自然会話が弾む場所

みんな
「なんだろう」って、
口々に
「鮫かなぁ」
「鮫ではないなぁ
フグかなぁ」
「あっ ここになんかフグと書いている」
「アッ本当だ」
そんなことを言っていたら中から店員の男性がヒョイと出てきたので
「この魚なんですか」
「フグだけどこれは食用にはならないの 珍しいから社長がここに入れたんだと思うけど…」と、
帰って
Lens調べてみたら
「クサフグ」と
で、

クサフグとは

調べてみると
名前の由来は
背面が緑色っぽいため。
餌の横取りが上手く、
毒があることから釣り人には嫌われているらしい。
ヘー
餌の横取りがうまいんだ…(笑い)
でもみんな可愛いといってたよ…(笑い)

水槽の撮影は難物中の難物

しかし、
水槽の撮影難しいね、
鏡に向かって写真を撮っているようなものだものね
たまたま黒い服を着ていたから
それでうまく写り込みを消して
部分でムリムリ勝負したんだけれど
まぁまぁかな
スマホだし、
黒膜が張れればなんていうことはないんだけれど、
イキアタリバッタリのスマホでの撮影だから限界があるよね…
しかしシャッターをおさなければ写真は写らないから、
ダメ元で撮ったのだけど、
これだけ出てくれればいいよね…と(自分)で
だって写真がなければ記事書けないから…(笑い)

フグ美味しいよねぇ

テッサ ユビキ テッチリ から揚げ…
山口 福岡に行くとねぇ…
フグは締めてすぐというわけにはいかないので、
おいしく食べるためには予約が必要なんだって…
これは余談(笑い)
余談ついでに、
お鍋も買ったし、
メバルの煮つけ食べたいねぇ…
だって僕は岡山だもの…
鰆(サワラ)の刺身と、サワラの子の煮つけ
メバルの煮つけ、
これ最高だね…
一度やってみよう…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西荻窪で有名な「こけしや」(フランス料理店)の開催するマルシェ(朝市)に行ってみた

「エッ、君がなんでそこに…」
「誘われたの、知り合いの女性に」
金ん曜日だったかな、歯医者の帰りに「茶とあん」(阿佐ヶ谷)に行くと、顔なじみの女性がいて
「久保さん、日曜日予定入ってる」と聞かれたので
「なに、デートの誘い、だったら行くよ」というと、
「日曜日に西荻窪で有名なフランス料理のこけしやさんが、マルシェ(朝市)をやるの、美味しい料理、例えば松本清張が好んだカレーとか、羊の肉を焼いたりとか、オムレツもシェフがその場で作ってくれるの…楽しので行ってみない」
「オッ 行く行く、ブログにちょうどいいや」
そう言って、参加したのだが、現地につくと、もう一人女性の知り合いの好青年(理学療法士の先生)が誘われていて、僕がブログ書いているの知ってたから、ネタの提供というので教えてくれたに過ぎなかったのだけれど、3人で手分けして料理をゲットしたりして、とても楽しかった。」

三寒四温の暖かい日、コンデジのズームを超望遠にして撮影 多分、ハクモクレンの蕾だと思う

簡単に言えば三寒四温とは、
西から東に低気圧が流れていくため、
温かい空気と冷たい空気が交互にやってきて起こる現象ということらしい
アー疲れた(笑い)
ついでながら、
三寒四温は春の季語ではなくて冬の季語なのだそう。
そりゃそうだよね、
三寒四温を繰り返して春になっていくのだから…
それにしても昔の人は凄いね
最近の新語とは全然違う…
そう言えば、
最近は、イケメンの反対、
ダサい男のことヌマというらしい
説明を聞くと
「池」と「沼」というこたえが…
思わず笑ってしまった

ハロウインの飾り、今や国民的行事の秋の収穫祭、ハロウイン

展示されたこういうもの(作品)を見て、
「あっ、これいいな、これいただき」というのはありだと思う。
だから昔の人は「盗む」という表現で、それを表わしたのだと思う。
そういう意味では展覧会やイベントでいい作品を見るのは、いいことだと僕は思っているのである。
そう、
そういうところに行って、心に刺激を与えることがいいことだと思って、時折、そういうところに出向いていくのである。
「全ての芸術は模倣から始まる」という格言もあるしね…

どこか なにか なぜか寂しい夕暮れ時の風景…

写真から得た物語は

「ちょっとお腹空いたね」
「団子、ちょっと食べようか」
「アッお焼き、私、お焼きがいい、野沢菜」
「でも、蕎麦食べるんでしょう」
「大丈夫、食べられる」
そんな会話が聞こえてきそう…
同じ一日の終わりでも、若者とシニアでは、やはり感じかたが違うんだ。
そりゃそうだ、僕だって現役の頃は、曜日に関係なく、夕暮れが来るのが待ち遠しかったものね(笑い)

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると
例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その更新(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます