コラム フォトエッセイ 雑記

トリコグロッチス 蘭 「私のことエンゼルランちゃんと呼んで」

投稿日:

この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたの

「ウフ…」
「可愛いね 君の名前は」
「よく分らないの」
「エッ…」
「だって、名前なんかだれも言ってくれないもの」
「そりゃそうだな。聞いてると皆、アラッとか 可愛いとかしか言ってないものね」
「そうなの、だから名前わからないの」
「そうなんだ、名札はちゃんとついてるんだけどね」
「なんて書いてあるの」
「字が小さくて、見えないんだよ」
「トリコグロッチス・フィリピネンシス」
「これじゃ、誰も名前なんか呼ばないよ」
「…」
「そうだ、二人の間で決めようか」
「ウン、そうしよう で、なんていう名前」
「ウン 蘭の子供だからランちゃんで行こう」
「いいけどサー、他にもいっぱい蘭あるよ」

「いいのいいの、君と僕の間だけだから」
「それならいいね」
「ウン、でも今、閃いたエンゼルランっていうのはどう」
「アッ それいい。エンゼルラン それがいい」
「ウン、エンジェルランちゃん いいね」
そんな会話がいつの間にか成り立っていた。
一体、どこの星から来たんだろうね。

トリコグロッッチス一応調べてみた

ヒマラヤから南太平洋のポリネシアにわたる範囲に分布しているらしい。

花の情報って、沢山出ている割には、役立つものって、あまりないんだよね。
この花の特徴について、何かないかと思ったんだけど残念…
ただ、人気があるということだけは分かった。

今、僕の興味は、花の中のサムシンエルスを見つけること

僕の場合は、花の中に何を見るかというのも、ひとつのテーマで、アナザーワールドを作りだすことに特に興味を持っていて、例えば文学の中、なんという作品のこういう所に使われていたなんていうのがあったりすると、とても嬉しいのだが、そういうのは、めったに出てこないね。
そう言えば、昔、岡山の山陽新聞社が発行していた「マイ岡山」という雑誌で、花物語を連載したことがあった。
まだSNSなんて、発達してなかったから、毎回苦労して書いたのを覚えている。
いっぱい資料持っていたけど、タブレットがあればなんとかなる…
そう思って全部捨てたけど、やっぱり、自分でコツコツと探さなければならないものも多々るね。
そこまでして調べる必要があればだけどね…

★ ★ ★

今、僕が考えていることは、こういう写真で絵本が作れたらいいなということ。
電子書籍というのができたので、本当に楽しい…
あれこそまさに、高齢者に「夢と光を」だと思っているのである。
余談ながら、僕の故郷を紹介した
「ノスタルジックジャーニー」
キャノンのフォトプレッソで作った単行本スタイル(100ページ)のアルバム
写真とエッセイを、電子書籍にすることにして、昨日、「まめしば書房」さんにデータを送ったところ。
岡山県都窪郡吉備町庭瀬
僕が生活していた頃の住所であえて出したこのアルバム、今調べたら、「4400」という閲覧数が表示されていた。

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒヨドリさん楽しそうだね、口笛が聞こえてきそう

目次寒桜の甘い蜜は、ヒヨドリ(英語でブルブル)の大好物。カメラを趣味とする僕は、実はメジロを狙っていくのだけれどね、ヒヨドリ 一見 地味だが、羽を広げると、とってもキレイなの。 寒桜の甘い蜜は、ヒヨド …

額縁って面白いね、なんでもいい、あるものに額縁をつければ作品として成立するんだもの

目次写真、それは自惚れの世界だと思うしかし、自由というのは幻想で、ある意味、とてつもなく不自由なことなのである僕も自由に憧れてフリーランサーになったのだけれど…マン・レイの作品に学ぶ 写真、それは自惚 …

雪の下名前がいいよね、葉をおひたし 天ぷらにして食べると美味しいらしい。

一昨日の日曜日、高尾山で。
雨が降る直前の薄明りの中で、白い花が印象的だったのでつい。
「アッ 雪の下」
一緒に行った元カミの、そんな声につられて見たのだが、
儚くて、しかし、しっかりと自己主張している、そんな印象を得て撮ったのだが…

電車の写真、鉄道の写真、テツではないのに、気が付くと撮っている

目次電車の写真か、いったい何を書けばいいのだ(笑い)汽車通(汽車通学)懐かしいねぇ 7分30秒のデートもしかしたら、そんな記憶が、心の隅にあって、それでシャッターを切るのかも知れないね…今回の写真の線 …

阿佐ヶ谷駅前パールセンター 見慣れた風景でも角度や時間によって新鮮に見える。感覚って本当に面白い

目次この時間、この角度で、この風景を見たのは初めて面白いね、風景って、「こんなもの」と思っている風景が、角度や時間によって、まったく別の風景に見えるのだから…「もしかしたら、これは貴重な発見?」その頃 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます