コラム フォトエッセイ 雑記

プルメリア

投稿日:

愛を伝える花プリメリア

プリメリア ハワイでは、満月の夜明けに集めたこの花でレイを作り、
「好きな人に渡すことができれば、夢が叶う」という言い伝えがあるのだそう。
言い換えれば、「思いを伝える花」、「愛を伝える花」「…」
気持ちを伝えるって、勇気がいることなんだ…
そういう感覚、どこか遠くに忘れてきてしまった…(笑い)

それよりも僕にはこの花「ソフトクリーム」に見えてしょうがないんだけど…
甘い物が食べたくなるのも、糖尿病の特徴なのかね…

★    ★    ★

昨日、知り合いから、
「従兄弟の○○さん、どうしてますかね」というメールが、
しかし、最近会ってなかったので、
「何も聞いてないよ」と返信した直後に、僕の兄嫁から電話があって、「エッ」と驚いたのだが、すい臓癌だったらしい。
今年2月、彼の母親(僕の母の妹)が高齢で逝って、その時会ったのが最後だった。

いろんな思いでが一気に蘇ってきた

僕が中学校の頃、一時期、岡山の祖父(母の父)のところで一緒に暮らしていたことがあって、僕のキャッチボールの相手をよくしていた。

確か僕より8歳下で、僕が中学生の頃に幼稚園だったか、
野球部にいた僕の投げる球を必死で取っていた姿が…

社会人になってからは、僕がスイミングマガジン(ベースボールマガジン社)でスイミングスクールを取材していた頃、五香(千葉県)のスイミングクラブに取材に行ったら、彼がいて、そこから交流が始まって、ダイビング、ゴルフなど、仕事としてやるようになった。

いろんな思いでがあるけれど…

忘れられないのが、兵庫県の有馬温泉でのゴルフ
僕が心筋梗塞で入院し、カテーテルの手術を受けて退院するためにタクシーに乗っていたら、
明後日、有馬温泉でゴルフをするから、道具を送っておくようにという指示だった。

翌日温泉に行くと、いきなり、ボーリング大会となり、3ゲームもやり、その後カラオケが始まり、その翌日がゴルフ…
病み上がりで、フーフーしながら必死になってやったのが忘れられない記憶としてある。

頑丈そうに見えたけどねぇ

僕よりもガタイが大きく、少々のことでは壊れないようなイメージだったが、わかんないもんだね命って…
齢に関係なく、ある時、急にさらわれていく人生っていったいなんなんだろうね…
送り出しは家族だけでするということらしいが、そうはいかないと、昨日、電話で奥さんに、その旨、伝えておいた。
秋の冷たい空気が、より心を湿らせて、思い出のいろいろを思い出していたら、やたら涙が流れだした…
しょうがないね…こればかりは…
そう思いながらもやっぱりね…

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷気が紅葉をつくり、太陽が美しさを際立たせる、いいね紅葉、秋の風景

目次「山が燃える」美しいものを、美しいと感動して見られることの幸せ…子供の頃、先生の弾くオルガンで歌った懐かしい歌老いを楽しむというのも、なかなかいいことだなと、最近思うようになってきた。 「山が燃え …

ネジバナ 雑草だけどランの一種なんだ。万葉集にも出てくるらしい

生きることは食べること━というのが、ドーんと伝わってくる。
花の形が可愛いのと、蜜蜂の必死の姿が調和して、なんとなくメルヘンチックな絵になったが、こういう写真がドンドン出てくれば、それでまた、電子書籍の写真集(絵本)つくれると思うんだけど…

光と色のコラボレーションで深まる秋の印象

目次秋は光が面白い.スポットライトに照らされる華やかな生活もいいが、やっぱり俺は 自由気ままな生き方がいい「秋…」たったこれだけでいい。写真に理屈はいらない。そこにある風景を素直に撮れば、それでいいの …

「ドローイングとは何か」展、東京都美術館に展示された北原かずこさんの作品

目次知り合いの画家の作品(鉛筆一本で描いたドローイング)今日、友達の画伯に会うので、タブレットにいれてその画伯にドローイングについて、 知り合いの画家の作品(鉛筆一本で描いたドローイング) 会場で係の …

蕎麦と花と登山靴

目次レンゲショウマ 花言葉は「伝統美」あ〜っ 靴の裏が剥がれた、どうしよう…退化劣化した靴底は接着剤が着かないんだって備えあれば憂いなしで 先に予防措置を施す丹三郎蕎麦屋をちょっとだけ紹介蕎麦がきを肴 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます