コラム フォトエッセイ 雑記

新宿エルタワー28階から眺望

投稿日:

めったに来ないところだから、ちょっと撮ってみた。

写真のエスパスの前の黄色い銀杏があるところ(画面左下)が、西武新宿駅前の広場。

真ん中に見える大きな道路が靖国通り。

画面中央のRのついたビルのずっと右の方へ行くと、そこは新宿駅(画面には写っていない)で、小田急デパートのある所、そのさらに右に京王デパートがある。

エスパスの裏が、有名な歌舞伎町。

エスパスの向こうの、オレンジの建物の辺りが区役所通りか、
ここが歌舞伎町のメイン通りで、その裏が、ゴールデン街。
かつて、多くの作家が利用していた飲み屋街である。

見慣れない所から見ると、なれた地形でも、つい、あれっと思ってしまう

ほんの10年程前には、庭のような感覚で歩いた街なのに、こうして俯瞰すると、
ここは何処と、写真を見ながら、うろたえてしまった。

しかし、今回は、そんなことは、どうでもいいことで、問題は、なぜ僕がこの、高いところにいるかということなのである。

話すと、大変恥ずかしい話なのだが、しょうがない

3日程前、カメラを首にぶら下げ、リュックに望遠レンズを入れて新宿御苑に行き、池のほとりで、逆光に照らされるいい紅葉を見つけた。
早速、長いレンズにコンバーターを取り付け、それをカメラにセットして、Pモードで撮る。
ところが露出オーバーでどうにもならないから、コマンドボタンを触って露出を下げようとするが、うまくいかない。
可笑しいな…
首をひねりながら、いろいろ触っていると、何がどうなったのか、ファインダーでは見えているのに、シャッターをきると、モニターは真っ暗。
Mモード(マニュアル)に変えてシャッターをきると、写るが真っ青、てっきりカメラが壊れたと、思い込んでしまったの。

修理を覚悟して、ニコンプラザに来たのだけれど

覚悟を決めて修理をするつもりで、エルタワー28階(写真を撮った場所)にあるニコンプラザに行き、状況を説明したところ、女性のスタッフが呼ばれ、僕の応対をしてくれたのである。
「スイッチ入れていいですか」
「どうぞ」と僕
スイッチが入ると、上の長方形の窓に、いろんな情報が出てくる。
それを見るなり、
「電球マークがここについているということは、ホワイトバランスが動いたんですねぇ、とりあえずこれを直しましょう」
言われるままに「WB」(ホワイトバランス)ボタンを押しながら、それをオートに設定する。
作業をやりながら、
「そうなんだ、ライト撮影の設定になっていたから、ラッテンフィルターがかかったんだ」
「エッ ラッテン、そうそう、凄い、ラッテンをご存知なんだ」
「うん、フイルム時代に使っていたからね、ライトを使って撮影する時にブルーーのフィルターで補正していたから…なんだ、そうか、それでブルーの画面になったんだ」
「そうです」
「なんだ、そうだったのか」(笑い)

露出補正ボタン、今まで、そんなの使ったことがなかったから…

Pで撮影した時に、画面が真っ暗になるの、ここの(カメラの右上にある露出補正ボタン、これが、大幅に-になったから)で、このボタンを押しながらコマンドボタンを動かし、0にすると、それで直ります」
「エッ そうなんだ」
「アッ直った」
「良かった、故障じゃなかったんだ」
「良かったですねぇ」
「良かったぁ、覚悟して来たんだけどね」(笑い)
しかし、しかし、しかし…
なんとも恥ずかしい、初歩の初歩の話し…(大笑い)
でも、でも、でも…

覚えれば、なんだのことでも、知らなきゃ、大変なんだ

「Pの撮影、楽ですけど、使ってないとやっぱりね…」
そういって、慰めてくれた。
「そんな状態で、よくプロやってるよねぇ」と大いに反省。
写真は、そのニコンプラザの入っている28階のエレベーターホールからテストで撮ったものなの。

前にも書いたが、僕は、写真は撮るが、メカには滅法弱いのである。
しかし、そのお陰で、Pモードの使い方がマスターできたのだからよしとしなければね(笑い)
これこそまさに「怪我の功名」だな、ハハハ…
結果良ければすべて良し、おおいに結構…

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんとも大胆な色の組み合わせだね、でも違和感はない。色って本当に面白ね

目次普通は考えられないよね、この配色。自分の基本の色は?わざわざなんで、その組み合わせという人も結構めだつ決めたら、それで通す、どうやらそれがいいらしい   普通は考えられないよね、この配色。 でも、 …

電子書籍写真集4冊目「ブルブルとチェリーブロッサムが完成、アマゾンで販売

目次写真に物語をつけて絵本のような本をつくる。これ、すっと以前から考えていたことだった編集者とのキャッチボールでつくられた本。今の時代はそういう本づくりができるのが楽しい 電子書籍写真集4冊目 「ブル …

櫻という字を分析すれば二階(貝)の女が気(木)にかかる

目次さくら、サクラ、桜、櫻…さくらは、天女が大勢集まって春を楽しんでいる情景… 「 諦めましたよ どう諦めた 諦めきれぬと 諦めた」 さくら、サクラ、桜、櫻… 旧字体の「櫻」に貝の字がついているのは、 …

自然界 最強の王者と言われるベンガルトラ この美しい毛皮が、絶滅危惧の原因かも

目次スッゲェー迫力「トラのパンツは」なんて言ってられないよね…ベンガルトラそうか、科とは、同じ性質の仲間ということか。なる程、ネコの数の方が圧倒的に多いから、その仲間に入れたということなんだね…トラは …

ヒヨドリ なんとなく緊張感が。だってもうすぐ、赤ちゃんが出てくるんだもの。

当然のことながら、卵を産むのはメスで、温めるのもメス。
では、オスは何してんの…
心配ない、メスのためにエサを運んで、ちゃんと協力してるから…
もしかしたら、僕より立派かも(笑い)
僕なんか、大事な時に居たためしがないと、随分言われたもの…
昭和の男はみんなそうだったと思うけどねぇ(僕の勝手な思い込み)
それでも、昭和も終わりの方になると、
「あいつ、カエルコールしてるぜ」
なんて、みんなで笑ってたりしたんだけどね、今は育児休暇を男がとる時代だから…ねぇ
そういう意味では、鳥の方が、夫としての役目果たしているから立派かもしれない。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます