コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

雨 忙しい時はともかくとして、ノンビリ過ごせる時間のある時にはいいよね、この風情

投稿日:

雨…
ノンビリくつろいでいる時にはいいよね、この風景、この風情…

晴れた日には晴れを愉しみ 雨の日には雨を愉しむ

「晴れた日は晴れを愛し 雨の日は雨を愛す」と言ったのは、作家の吉川英治氏。
でも僕は
「晴れた日には晴れを愉しみ 雨の日には雨を愉しむ」という方が好きだな…
愛するという言葉が、どうもピンとこないのである。

天下の大作家の言葉にチュウモンをつけるとは、大胆だな━と言われるかも知れないが、そこはホラ、感性の領域だからどうしようもないよね。
そう、好きかどうかという、主観の問題だから…

 

やっぱり言葉は心に響かなければ…

「晴れた日には晴れを愉しみ 雨の日には雨を愉しむ 今日もよろし 明日もよろし」
何かの本で読んだフレーズだが、こちらの方が、グンと心に沁みてくる。そんな気がするのである。

夜が明ければ、夏の光がサンサンと

金曜日までは梅雨空で、鉛色の厚い雲が全体を覆い、時折雨を降らせていたのだが、夜が明けると一変して、真っ青の夏空、目覚めると、ピカっと華やかな、コントラストの強い光が眩しかった。
「おお、やっとサングラスの季節になったか」と、一人、心の中で呟いて、お気に入りのサングラスを引き出しからとりだす。

自分でいうのもなんだが、僕には、サングラスがよく似合うのだ。

人間の顔って、面白いよね、髪がフサフサとして、肌がピーンと張っていた頃には、帽子とサングラスは僕には似合わなかったのだけれど、髪が真っ白になり、ホウレイ線が深くなると、ベレー帽、 ハンチング、その系統の帽子とレイバンのクラッシックあるいは丸系の眼鏡が似合うようになってきたのである。

時々、それに、ハッカ油を浸み込ませたピーターソンのパイプをくわえたりしているのだが、知り合いが、
「いいよ、似合っててるよ」と言ってくれるので、有頂天になっているのだ。

齢をとると、せめてファッション位は気をつけなければ、話をしてくれる人がいなくなってしまうから…

雨って、風情があって、なかなかいいものなんだ

そんな分けで、ちょっと、郊外まで出かけたら、一瞬雨が…
都合よく、屋根があるところだったので、ベンチに座って、雨に濡れるベンチを眺めることになったのだが、いいねぇ、うん、とってもいい。

実を言うと、雨がいいなんて思ったのは、この時が初めてで、そういう風情に感動している自分に感動したのだった。
そして気がつくと
「雨に壊れたベンチには、愛をささやく歌もない…」と、口ずさんでいたのだった。

写真を撮っていると、いろんな発見があって、本当に楽しい。
カミューの言葉で言えば、シャドーというのだと思うのだが、もう一人の自分と会話することができるので、それがまた、楽しいのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンテビラ 美しいよね、ここから連想されるのは清楚で素敵な女性の姿

目次美しいというのは、ただ姿、形がいいということではない想像の世界では、自分のことは、さておいて…なのである写真を撮りながら花と会話を楽しむ、これが楽しい撮ったり書いたりすると、やっぱりメディア大事な …

OHなんとも神秘的… スイレン

目次何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ 神秘とは行きつくところは、やっぱりタオ(思想)タオとは「道」のこと。ロードではない。茶道、弓道という道のこと 何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ …

自然は偉大なアーチスト

目次酔狂、まさにそんな感じ。実はこれ、木の肌なの。意識をすると、その瞬間にすべてが崩れる 酔狂、まさにそんな感じ。 正月はいいねぇ、朝からこうして飲んでられるんだから… やっぱり酒 ハハハ、いいねぇ… …

自分の媒体を持つ。そういう世界の中で生きてきたものにとって、それは、何ものにも代えがたいものなのである

目次僕がSNSを始めた目的、 媒体に広告代理店がついて初めて━という意識が頭の片隅にあるから、それにこだわってみたメディアミックスの効果を上げるには、記事を発表する順番も大切なのだ 僕がSNSを始めた …

おやすみなさい。知らず知らずのうちに笑顔がこぼれる。いいね、赤ちゃんの寝顔

目次欄という花、本当に色んな表情を見せてくれる僕と君では住む世界が変わったんだよやっぱりまじめにコツコツがよかったかな、えっ僕には無理、確かにやっぱり、明るい人は元気だね 欄という花、本当に色んな表情 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます