essei flower photo

写真を愉しむ 藤の花 着物にいいね春らしく

投稿日:

スッカリ春めいてと思っていいんだろうか
昨日なんか、ポカポカだもんねぇ
昨日は、いい天気なのに、研修
1日部屋の中に閉じ込められて
最後、テストがあるのだけれどハハハ
正解したのは、20問中12問
ああいう文章慣れてないので何言ってるのか、さっぱりわからない

それにしても、あんな難解な文章、よく書けるよね

何度読んでも分からない。
僕らの対岸
だって僕ら、簡易明達 一読して分からないのは文章ではないと、先輩から教わったもの。
警備業法 そんなの言われたってねぇ(笑い)
でも、これ受けてないと、仕事できないから
そう、受けてさえいれば、休みたい時に休んで、働きたい時に働けばいいんだものねぇ
予定表を出しといて、二日前なら自由が利くの
歳をとったら、それがいいよね…
今日の現場は家の近く、午前中には終わると期待してるの…

話変わって、
ここのところ、コンピュータ
さっきまで使っていたのにというものが、急に使えなくなるものが多くて、
で、パスワードの入力を求められ、ちゃんと入れているのに、違いますといわれるのが多くて困っているの、
それが、何日かすると、使えたりするのだから…
一体どうなっているのだろうか、僕の使い方が悪いのかねぇ…

写真とはなんら関係ない記事になってしまったハハハ…

 

-essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

表に出すか中に入れるか たったそれだけのことで美味さが変わるパンの味

面白いね拘れば…
たかが具材を表に出すか中に入れるかの違いじゃんねぇ…(笑い)
それが それが それが…なのだから驚くよね…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
これ暇人だからできる遊びなのかもね…(笑い)
ハハハ…
人生至る処に楽しみありだな…
このささやかな楽しみが大きな楽しみなの…である
(by gatoku)

スマホカメラを愉しむ 春は色 梅と蝋梅が溶けあって

写真にはかくあるべきというものは何もない
その時々の情感で、
感じたものを感じたように表現できれば、
それが楽しいと思うのだけど、
いつの間にか
出来上がった概念というのが邪魔をして、
ついありかあいたりの写真になってしまう…

時には勇気をもって、その概念を打破していく…
それも大切なことだよね…

スマホカメラで楽しむ「茶とあん」(阿佐ヶ谷)もうひとつの顔 筑前琵琶を楽しむ

どこか儚くて
なんとなく物悲しい琵琶の音色
それはもしかしたら

「祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、
ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者もつひには滅びぬ
、ひとへに風の前の塵に同じ」
というのを聞いたことがあって、
それが耳にこびりついていて、
そういう思いを持っているから
何か含みをもったあの音の中にぼくは、
そういう感情をいだいているのかもしれない

スマホカメラを愉しむ なに食べる 迷ったらこれ 八竹寿司

楽しいねline
昨日は初めて録音したものがlineで送れるというのを知った
最初戸惑ってけれど結構楽しい…
しかし
幾らきれいに撮っても、
lineのお寿司は食べられない
残念ながら…

スマホカメラを愉しむ ワインの瓶にお花を添えて お洒落だね

発見、
ああそうか…
そうなんだ…
オヤ マァ ヘー…
これ大好き、
どうやら若い頃に身に着けた習性は消えないようである

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます