discover essei life phone photo

助かった 体温計アプリ無料 とっても便利 もう手放せない

投稿日:

「健康診断 診療所に行く前に熱を測るの忘れないように」
健康診断の日
会社からそういう連絡が来た
「ハイハイ」
と返事したものの、
体温計持ってないし
どうすりゃいいんだよ…
考えているうちに出発しなければならない時間がきて電車に乗る
丸の内線で荻窪に行って、
そこからバスで鷺宮へ
健康診断の決められた時間が午前9時30分
この時間ではどこの店も開いてないし…
そんなことを考えながらバスに乗ったところで閃いた
「もしかしたら、体温計アプリあるかも…」
物は試しでやってみた
「体温計アプリ 無料 アンドロイド」
あった
「無料 おすすめ体温記録あぷり10選」
その下に
「体温計Andoroidoのおすすめアプリ」というのがあたのでそれをクリック
出てきたのが体温計hakarun(はかるん)
脈拍から体温がわかるアプリ
体温くんシースター体温計で測定した体温を記録管理する専用アプリ…
それだけ読んで インストール
なんせ時間がないのだ。

レビューを読んで即実行

「hakarunn(はかるん)は
スマートフォンのカメラに指先をあてることで、
脈拍から体温がわかるアプリです」
レビューを見ると、
このアプリ、
なかなか賢いです。
いつでもどこでも計測ボタンを押して、
バックカメラに指を置くだけの簡単計測なのに、
結果は大手家電メーカーの体温計と同じ。
計測時間も数秒ですし、
脈拍も表示されてますし、
正直有料でも購入する価値ありそうです。
どこへ出かけても検温を求められる現在、
そして体調に気を使う現在、
いつでもスマホが体温計代わりになってくれていて大助かりです
このあぷり なかなか賢いです ★★★★★

検温出来るアプリです。

バックカメラに指を数秒ですが直接当てて心拍数から体温を読み取ります。
精度に関しては現状は参考値でしょうか。
少人数のイベント、
市販の体温計までは用意してない時とかには使えるのでは。
実測の直後に体温計で計測しましたがアプリの方が+3℃でした。参考値としては使えるのでは」

早速試してみる。

アプリを開いて
「計測を開始する」を押すと、
ライトがつく
ライトがついたら
その上にあるカメラのレンズに人差し指を当てると
63脈拍数(36、3度)と、すぐに出てくる。
そして体温 だるさ せき 息苦しさ、その他の症状が記録でき、
編集もできるようになっている。
言い換えればこのアプリ
脈拍
体温を測って、
健康日記が書けるようになっているのだ。
これはいいね
スッカリお気に入りになってしまった。

それにしてもスマホ便利がいいね、

カメラはあるし
調べればなんでも出てくるし
メモ帳もあるし
しゃべれば録音もできる
そしてさらには動画も撮れるし、
メール ラインで要件は伝えられるし
スカイプ使えば 
ただで海外とも通話できる
凄いねぇ…
まさにまさにまさに
夢の中の世界…
こんなに素晴らしい玩具ないよね…(笑い)
楽しくてしょうがない

-discover, essei, life, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ショウウインドウ、英語ではDisplay Window すきだな、この空間芸術

さすが銀座、そして、さすが和光…素晴らしいウインドウズディスプレー
画面構成の勉強するのに、これほど素晴らしい教材はないと、僕は思っているのである。
だって、動かないんだけど、そこにはいろんな物語があって、

見ていると、いつの間にか、スクリーンの中に自分も入っていって、
「いい天気だねぇ、どこに行こうか…」と、ナンパしたりしてね(笑い)
しかし、このドラマは、万人一緒ではない。
見る人の人生によって、それぞれの人がそれぞれのドラマを創りだしているのである。

思いつき 豚の角煮にサルサソース OH絶妙 これはイケル

友達の所に持参して試食を
冷蔵庫に入れていた角煮と
サルサソースをフリーザーパックにいれて
お気に入りの墨の絵の全粒粉の粒麦パン(フランスパンみたいに長いの)を買って
中野のブロードウエイのマンションに持って行き
「美味しいと言ってね」(笑い)
そう言って試食してもらったのだけれど
「エーッ これ、爽やかとても美味しい…」と
そして
「これ、あなたが作ったの」
「料理人ですか」
「アッ イヤイヤ、単なる暇人 遊び人です…」
「いや、そんな風には思えない 普通の人ではないですよね…」
「アッ いや警備員です…」
すると友達が
「この人、
今皆にあげた写真集般若心経を作った作家さん」
そうい言って紹介してくれたの
で、ついでに、
「本 5冊注文して」と頼まれたの…(笑い)

電子書籍とペーパーバック、この組み合わせいいね、よし、これでいこう

ブログで儲けるのは、病院のベッドの上でも稼ごうという魂胆
高齢でも、僕まだまだ元気だし、日銭稼ぎの警備の仕事も、行けば、それなりに楽しいこともあるし…だから、自分の意志で、「よし、今日はブログで稼ぐぞ」というのができるようにというのを思いながら、
今はブログ「撮って書いて」を楽しんでいるのである。

ベンチ スッカリ僕の友達、ここに来れば、なぜか心が落ち着くのである

ベンチ、ここに来れば、なんとなく、ホッとする
光の中に、ヒンヤリと冷たい風、空気を感じる今頃の季節になると、
「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓越しに外の景色が見える喫茶店の椅子に座って、ボンヤリと外を眺める時間が多くなった。赤いワンピースの素敵な女性…お洒落なブルゾンの素敵な人…
あら、そのワンちゃん可愛いね、二子なの。
お気に入りのファイロファックスに、太字のボールペンで、そんなことを走り書きしている…
そんな時間が僕は好きなのである」
しかし今は、そういう喫茶店は少なくなってしまったので、今は公園にきてベンチに座って、こうして人の流れを流れを眺めているのだが、楽しいねぇ…
 作為のない映画…
ストーリーは想像でいくらでもつくれる」

こんなメモ書きがあっちこっちにある。

「夜の秋」この言葉には移りゆく季節の様子が感じられる 好きだなこの言葉

季節の変わり目をあなたの心で知るなんて
そんな歌もあったね…
昼間は暑いんだけど、
夜の風に秋を感じるようになり、
虫が鳴き
一雨ごとに空気が冷たくなってくると、
なんとなく侘しいんだけれど…
空気は爽やかだし…
なんとなくい…いよね…秋…
しかししかししかし
年々行動範囲が狭まっている現実を見ると、
やっぱり淋しいね…
うん
そう
人生の黄昏…
だんだんと
ユーチューブを見る時間が増えているのは、
やっぱり
そういうことなんだね…
しかも見るのは懐かしい映画ばかり…
映画を見ながら
町の風景から
車から
ファッションから
過ぎ去った日々を思い出すの
結構楽しんだよね…

気が付けば
こうしてやることも段々と変化していることに気づく
それがまた楽しいんだよね…
今日もまた
とりとめもない戯言になってしまった
ハハハ…
一体何が書きたかったんだろうねぇ…
そうか、
そうなんだ、
これは僕の心のスケッチ…
意味不明だけど、
そうしておけばなんとなくなんとなく納得できる…
心のスケッチ…
ン 
このフレーズ気にいった
ハハハ
いいよね…
長生きするよ…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます