essei flower photo

生け花、最高のディスプレイだな、ハッと惹きつけられて、写真撮っていいですかと

投稿日:

生け花、グイと惹きつけられて、写真撮っていいですかと…

新宿通り、四谷3丁目から新宿御苑に向かって歩いていて目にとまったのが、この生け花、有名な高級ふりかけの店内に飾られたもの。

お店の入り口は全面ガラスで、入り口の右の方に飾られていたのだが、四谷から新宿御苑前に向かって歩いていて、この花が目にとまったというわけ。
で、自動ドアを開けて
「花の写真撮っていいですか」というと、
「どうぞ」と言ってくれたので、撮らさせてもらった。
しかし、持っているのはスマホ。
ガラス越しだから反射が激しい。
だから、雰囲気だけ、そう思って記録に残したのが、アップした写真。

ショウウインドウの撮影、本当は大変なの

昔、銀座ミキモトのショウウインドウを撮ったことがあるが、その時は警察に事前に道路使用の許可を申請して、大きな暗幕とポールを用意して、写り込みを消して、夜中に。
4人でチームを組んでやったのだが、キチっと撮ろうとすると、ショウウインドーは、それ程の撮影なのである。

エッ、暗幕を張ったらどうなるのかって

写り込みがキレイに消えるの。
全ての被写体が鏡なんだけれど、ガラスは特にだから…
で、膜の中でライティングして、カメラ(4×5インチ)は幕の外に立てて、レンズの大きさだけ膜を切り抜いて、そこから撮るの。
大体、終電が終った真夜中にやるんだけれど、1カット撮るのに、数時間かかった、そんな記憶がある。

エッ なんで警察の許可がいるの

そりゃ、人も通れなくしてしまうんだもの
お金を貰って撮影するって、本当に大変だよね、今みたいにモニターはないし、頼りにするのは、白黒のポラロイドなんだけど、一回撮ると、確か100円位かかっていたと思う。が、やっぱり10枚位は使うから、それだけで1000円はいくものねぇ…

スタジオ、懐かしいねぇ

今となっては楽しい思い出だけど(笑い)
スタジオでの車の撮影、ダイヤモンド、ガラス食器、時計…
僕はそういうの、あまり得意じゃなかったけれど、組み立ては全部助手(僕より腕のある先輩たち)がやってくれたから、やってこれたけどね、先輩たちがいなかったら、とてもできなかったね(笑い)

だって、カメラマンは楽だもの

カメラマンというのは全体を見て
「あそこのライト、ちょっと光過ぎてるんだけど、チョット位置変えて、トレペかけて…それと、左の下隅、ちょっとテカッテルの、スプレーで抑えられかなぁ…」
「OK、じゃ、ポラ行ってみよう」
「絞り22で何秒」
「3、6、12かなぁ」
「OK、じゃ。行きます」
「…」
「ポラロイドを見る」
「うん、いいんじゃない…」
「じゃぁ、イキマース」
懐かしいねぇ…
僕はスタジオ、得意じゃなかったけれど、大事なことはここで学んだ。そんな気がする。

話がまた、横道にそれてしまった。

なんだっけ…
錦松梅の生け花だったよね、
花の色が素敵だったので、惹きつけられたのだけれど、
ガラス越に花を上手く飾ると、アイキャッチとして最高だなと思ったの。
だって、POPでいろいろ描いたって、汚いだけで、安売り屋ならともかくねぇ…
そういう意味で、花は最高のディスプレーだと思ったの。
だって、花がキレイに活けてあると、
「アラッ」と目をひくもの。
で、「ああ、錦松梅」美味しそう、
「器はいらないから、中だけ買っていくか」となるものね。
だって、器、高いんだもの(笑い)
錦松梅、本当においしい。
手土産にもよさそう、ここなら歩いて10分程だから(笑い)

-essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋桜と書いてコスモスと読むのは、山口百恵さんが歌った、あの歌からなんだってねぇ

コスモスは確か、明治時代に日本に来た外来種
記憶では、ラグーザ玉
(ラグーザの奥さん、明治時代にイタリアで活躍した日本人画家)のために、日本に持ち込んだ、そんなような記事を書いた記憶がある。

コスモスの栽培が盛んになったのは、日露戦争以後
しかし、当時の乃木希典将軍は、
「この花が”弱々しい”という理由で大嫌いだった」というエピソードもその時に、確か紹介している。
そうだった、思い出した、媒体は確か、「マイオカヤマ」(山陽新聞出版部)というタウン誌だった。

キャノンフォトプレッソ、サービス停止に伴い、最後の刷り出し

僕は思う、お墓作るよりも本だなと
アルバムであれ、電子書籍であれ、本の形になるものは、絶対にするべきというのが、僕の思い(考え)
そして、これからの時代は、お墓を作るよりも本を作るべきと僕は思っているのである。
だって、戒名なんて、2代目になったらもう分らないもの…
ねぇ、高いお金を払って…院居士つけたってねぇ…
僕の感覚ではそこになんの価値も見いだせないのである。

電子書籍とペーパーバック、この組み合わせいいね、よし、これでいこう

ブログで儲けるのは、病院のベッドの上でも稼ごうという魂胆
高齢でも、僕まだまだ元気だし、日銭稼ぎの警備の仕事も、行けば、それなりに楽しいこともあるし…だから、自分の意志で、「よし、今日はブログで稼ぐぞ」というのができるようにというのを思いながら、
今はブログ「撮って書いて」を楽しんでいるのである。

スマホカメラを愉しむ 今日はヤマボウシ なんか蝶々みたい 

スマホカメラ?…
そういってバカにしていたのに
最近はすっかりそれにハマちゃって、
人の拘りなんてそんなもの…
やっぱり理屈より実践…
なんでもやってみるもんだね…
やってみると想像を超えるものがそこにあったりしてね…
文明とは凄いものだと感心させられるこの頃である…(笑い)

木の皮は偉大なアーチスト、こんな絵、描けないよねぇ…

そのアートに着眼したのは僕だけどね
でも、
「この絵を見つけたのは僕です」と、クレジット入れるわけにもいかないし…
でも、これだけの絵、なかなか描けないと思うよ。
実に巧みに、女性の女性特有の身体の線を、フィーリングを描きだしているし、色気、ムードもいい…
モデルもいいよね…
なんとなく、なんとなく、なんとなく、
ハイソで、優雅で、「いい女」という雰囲気が伝わってくるもの…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます