essei flower photo

生け花、最高のディスプレイだな、ハッと惹きつけられて、写真撮っていいですかと

投稿日:

生け花、グイと惹きつけられて、写真撮っていいですかと…

新宿通り、四谷3丁目から新宿御苑に向かって歩いていて目にとまったのが、この生け花、有名な高級ふりかけの店内に飾られたもの。

お店の入り口は全面ガラスで、入り口の右の方に飾られていたのだが、四谷から新宿御苑前に向かって歩いていて、この花が目にとまったというわけ。
で、自動ドアを開けて
「花の写真撮っていいですか」というと、
「どうぞ」と言ってくれたので、撮らさせてもらった。
しかし、持っているのはスマホ。
ガラス越しだから反射が激しい。
だから、雰囲気だけ、そう思って記録に残したのが、アップした写真。

ショウウインドウの撮影、本当は大変なの

昔、銀座ミキモトのショウウインドウを撮ったことがあるが、その時は警察に事前に道路使用の許可を申請して、大きな暗幕とポールを用意して、写り込みを消して、夜中に。
4人でチームを組んでやったのだが、キチっと撮ろうとすると、ショウウインドーは、それ程の撮影なのである。

エッ、暗幕を張ったらどうなるのかって

写り込みがキレイに消えるの。
全ての被写体が鏡なんだけれど、ガラスは特にだから…
で、膜の中でライティングして、カメラ(4×5インチ)は幕の外に立てて、レンズの大きさだけ膜を切り抜いて、そこから撮るの。
大体、終電が終った真夜中にやるんだけれど、1カット撮るのに、数時間かかった、そんな記憶がある。

エッ なんで警察の許可がいるの

そりゃ、人も通れなくしてしまうんだもの
お金を貰って撮影するって、本当に大変だよね、今みたいにモニターはないし、頼りにするのは、白黒のポラロイドなんだけど、一回撮ると、確か100円位かかっていたと思う。が、やっぱり10枚位は使うから、それだけで1000円はいくものねぇ…

スタジオ、懐かしいねぇ

今となっては楽しい思い出だけど(笑い)
スタジオでの車の撮影、ダイヤモンド、ガラス食器、時計…
僕はそういうの、あまり得意じゃなかったけれど、組み立ては全部助手(僕より腕のある先輩たち)がやってくれたから、やってこれたけどね、先輩たちがいなかったら、とてもできなかったね(笑い)

だって、カメラマンは楽だもの

カメラマンというのは全体を見て
「あそこのライト、ちょっと光過ぎてるんだけど、チョット位置変えて、トレペかけて…それと、左の下隅、ちょっとテカッテルの、スプレーで抑えられかなぁ…」
「OK、じゃ、ポラ行ってみよう」
「絞り22で何秒」
「3、6、12かなぁ」
「OK、じゃ。行きます」
「…」
「ポラロイドを見る」
「うん、いいんじゃない…」
「じゃぁ、イキマース」
懐かしいねぇ…
僕はスタジオ、得意じゃなかったけれど、大事なことはここで学んだ。そんな気がする。

話がまた、横道にそれてしまった。

なんだっけ…
錦松梅の生け花だったよね、
花の色が素敵だったので、惹きつけられたのだけれど、
ガラス越に花を上手く飾ると、アイキャッチとして最高だなと思ったの。
だって、POPでいろいろ描いたって、汚いだけで、安売り屋ならともかくねぇ…
そういう意味で、花は最高のディスプレーだと思ったの。
だって、花がキレイに活けてあると、
「アラッ」と目をひくもの。
で、「ああ、錦松梅」美味しそう、
「器はいらないから、中だけ買っていくか」となるものね。
だって、器、高いんだもの(笑い)
錦松梅、本当においしい。
手土産にもよさそう、ここなら歩いて10分程だから(笑い)

-essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 秋の黄昏 ベンチもどこか憂い顔

建物にも物にも顔というのがあって、
そこを撮ると、
美しく見えるというのを教えられたの…
言葉を変えればそれはディスタンス
(どこから撮るかということなんだけれど、いつのまにか、そういうのを直観的に見つける眼(感覚)が身についていたんだね…
「僕はここで何を撮るべきか」
「…」
「やっぱり顔…」
「物にも表情があるんだ」
というのをいつの間にか身につけていたんだね…
でも、
こういうのはね、なかなか教えてくれない
でも、実際には、

こういうことこそハウツーだと思うんだよね…

ドラゴンフルーツの花 でもこれ花に見えないんだけれど

ドラゴンフルーツは花にも果実にもビタミンB1、B2、葉酸、ナイアシン、ビタミンC、カロチィンなどのビタミン類の他にカリューム、マグネシューム、鉄分などミネラルが豊富で、美容に効果的な植物繊維や老化防止に役立つポリフェノール、アントシアニン等が豊富で老化防止にもいいらしい。

マンツーマンで写真の指導、ダリア「プリンセス・ダイアナ」美しいねぇ…

「これ撮りたいと思ったのはなぜ」
「キレいだから」
「どこが…」
「ここ、この光線が」
「だったら、それ、いかにしたら、それが強調できるか、その場所を見つけるの。だから、コレという撮りたいものがあったら、どこから撮るかを考え、身体をそこに持っていくの、これをカメラポジションというんだけれどね、この見極めが命なの…」

スマホカメラを楽しむ、ボンタン湯、知らなかった、柑橘の香りがとても爽やか、いい気持ち

同市内(鹿児島)の銭湯では、昔から「ボンタン湯」が冬の風物詩だった
ボンタンは皮が厚くて崩れにくい、
ネットに入れなくても崩れにくいということで、ボンタン湯を広めることを活動の主軸に据えたプロジェクトを結成、
「ボンタンアメ」メーカーにも協力をお願いして  
ボンタン湯を広めるために、全国的に知名度の高いボンタンアメの力を借りられないかと相談したところ
製造元のセイカ食品(鹿児島市)も。
パッケージデザインを提供することでプロジェクトに協力。
お風呂屋さんも、
「サービスとしてこれはいい」ということで、協力して全国展開になったらしい。

アイディアだね、行動力だね、情熱だね…

面白いね、まさにまさにまさにのブレークスルーだね
1つ1つは「絶滅危惧」という不安を抱きながら、
しかし、しかし、しかし…
協力しあうことで、新たな展開が…
アイディアだね、行動力だね…
ボンタン湯に浸かって、爽やかな気分でいい勉強をさせてもらった。
スマホで写真を撮ったことで得た知識、発見、これがまた楽しい…

沙漠 そこはまさに別世界だった 何にもない空間 でも数日ここに居れば ヨガも瞑想も必用なくなってくるよ 

先生沙漠に3日も行っていれば無我の境地すぐ分かりますよ
沙漠から帰って
しばらくしてから
中村天風(有名な思想家)の鞄持ちだっという合気道の達人お会いにした時
「先生無我の境地を知るには 沙漠に何日か一人で行ってくると一発ですね」
そういうと
「確かにそう」
「そういう極限の所で体験してくれば会得が速い」と。
しかししかししかし…
理屈も掴んで
実際に無我の境地に入るまでならスンナリいけるんだけれど、
その後、
それをどう活かすかが分ってないからどうしようもないね…(笑い)
それでも若い頃は、
呼吸を整え、
イメージすることによって、
思いを現実にしていたこともあったんだけどね…
体力(気力か…)が落ちると、
そのパワーも衰えてくるのか、
最近では、
そういうパワー
必用なくなったからか
いつの間にか忘れてしまっていた…
ハハ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます