essei flower photo

生け花、最高のディスプレイだな、ハッと惹きつけられて、写真撮っていいですかと

投稿日:

生け花、グイと惹きつけられて、写真撮っていいですかと…

新宿通り、四谷3丁目から新宿御苑に向かって歩いていて目にとまったのが、この生け花、有名な高級ふりかけの店内に飾られたもの。

お店の入り口は全面ガラスで、入り口の右の方に飾られていたのだが、四谷から新宿御苑前に向かって歩いていて、この花が目にとまったというわけ。
で、自動ドアを開けて
「花の写真撮っていいですか」というと、
「どうぞ」と言ってくれたので、撮らさせてもらった。
しかし、持っているのはスマホ。
ガラス越しだから反射が激しい。
だから、雰囲気だけ、そう思って記録に残したのが、アップした写真。

ショウウインドウの撮影、本当は大変なの

昔、銀座ミキモトのショウウインドウを撮ったことがあるが、その時は警察に事前に道路使用の許可を申請して、大きな暗幕とポールを用意して、写り込みを消して、夜中に。
4人でチームを組んでやったのだが、キチっと撮ろうとすると、ショウウインドーは、それ程の撮影なのである。

エッ、暗幕を張ったらどうなるのかって

写り込みがキレイに消えるの。
全ての被写体が鏡なんだけれど、ガラスは特にだから…
で、膜の中でライティングして、カメラ(4×5インチ)は幕の外に立てて、レンズの大きさだけ膜を切り抜いて、そこから撮るの。
大体、終電が終った真夜中にやるんだけれど、1カット撮るのに、数時間かかった、そんな記憶がある。

エッ なんで警察の許可がいるの

そりゃ、人も通れなくしてしまうんだもの
お金を貰って撮影するって、本当に大変だよね、今みたいにモニターはないし、頼りにするのは、白黒のポラロイドなんだけど、一回撮ると、確か100円位かかっていたと思う。が、やっぱり10枚位は使うから、それだけで1000円はいくものねぇ…

スタジオ、懐かしいねぇ

今となっては楽しい思い出だけど(笑い)
スタジオでの車の撮影、ダイヤモンド、ガラス食器、時計…
僕はそういうの、あまり得意じゃなかったけれど、組み立ては全部助手(僕より腕のある先輩たち)がやってくれたから、やってこれたけどね、先輩たちがいなかったら、とてもできなかったね(笑い)

だって、カメラマンは楽だもの

カメラマンというのは全体を見て
「あそこのライト、ちょっと光過ぎてるんだけど、チョット位置変えて、トレペかけて…それと、左の下隅、ちょっとテカッテルの、スプレーで抑えられかなぁ…」
「OK、じゃ、ポラ行ってみよう」
「絞り22で何秒」
「3、6、12かなぁ」
「OK、じゃ。行きます」
「…」
「ポラロイドを見る」
「うん、いいんじゃない…」
「じゃぁ、イキマース」
懐かしいねぇ…
僕はスタジオ、得意じゃなかったけれど、大事なことはここで学んだ。そんな気がする。

話がまた、横道にそれてしまった。

なんだっけ…
錦松梅の生け花だったよね、
花の色が素敵だったので、惹きつけられたのだけれど、
ガラス越に花を上手く飾ると、アイキャッチとして最高だなと思ったの。
だって、POPでいろいろ描いたって、汚いだけで、安売り屋ならともかくねぇ…
そういう意味で、花は最高のディスプレーだと思ったの。
だって、花がキレイに活けてあると、
「アラッ」と目をひくもの。
で、「ああ、錦松梅」美味しそう、
「器はいらないから、中だけ買っていくか」となるものね。
だって、器、高いんだもの(笑い)
錦松梅、本当においしい。
手土産にもよさそう、ここなら歩いて10分程だから(笑い)

-essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナワクチン接種して2日目、接種した方の上腕が痛くて重い

得体の知れない不安の中で考えたことは
そういう時に何を考えていたかを思いだしてみたら、
「もし、コロナということになって、自宅で療養となったら、独り身の僕は、どうやって生活するんだろう」と言うことだった。

当たり前だよね、独り身で外出禁止になれば、買い物にも行けないし、僕のマンションはオフィース仕様だからお風呂もないし…
知り合いに電話して事情を説明しても、そんな恐ろしいところには、誰だって来たくないよね…

医療崩壊、軽く言ってるけれど、それは大変なことなんだ
元気な人は、そこまでのシュミレーションはしないと思うし、国会議員の人たちは、病院にスンナリ入れるからいいけどね、
力も金もない僕みたいな人は…だよねぇ。
しかし実際のところ、どうしたらいいんだろうねぇ…

備中松山城(岡山)の石垣、時代を超えた芸術だよね、美しい

備中松山城の石垣 藤井風(ミュージシャン)君の人気が凄いから、岡山、少しは注目されるかと思って(笑い)
石垣の規模(高さ、迫力)が、伝わってこないのは、写真の撮り方が悪いのか、残念。でも、石垣の美しさは出ていると思う。
こんなの、どうやって造ったんだろうねぇ、重機も何もない時代に…
言っちゃなんだけど、こういう味、雰囲気は、現代建築では絶対にだせないね、だって、置かれた石のひとつひとつに、魂がこもっているもの…

昔「会い屋」今度は「聞き屋」それにしても驚いたね、すでにやっている人がいるんだもの

「希望があれば、僕(ペガサス君)が話相手になりますよというのをやってみようかなと」
「しかし、相談事には首はつっこまないの」
「そりゃそうだよねぇ、相談事は大変だものね」
「そう、人というのは不思議なもので、やっぱり話さないと気持ちがスッキリしないの、それは僕自身感じていることだから…」

葉山で撮った写真。カメラはハッセルブラッド、フイルムやっぱりいいねぇ

先生が走ったら僕も走らないわけにはいかない。
ダーと走って、3枚シャッターを切った。
横を見ると、先生がちょっと小高い所からおりてきて
「久保君、やっぱり列車は前から撮らなきゃだめだよねぇ」と、
どうやら、間に合わなかったらしい…
その時だった
「久保君、君に僕がドイツに留学している時に買ったカメラをあげよう。同じアングルでカラーとシロクロが撮れるカメラなの」と、
それを聞いて、ハッセルだなと判断したので
「先生、もしかしてハッセルブラッド」
そう聞くと
「そうハッセル、重くてもう使わないから」と。

リッツクラッカーでバニラアイスクリームを掬って食べる、美味しい

OH懐かしいリッツクラッカー
阿佐ヶ谷をブラブラしていて見つけたの。
バニラアイスクリームをこれで掬って食べるの。
アイスクリームは意図したものではないが、
写真を撮り早速…
うん、美味しい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます