discover essei flower idea

ヒーターチョッキ、アッというまに壊れて、今はカイロを張って使ってるの

投稿日:

ヒーターチョッキ、今では衣服に貼るカイロの専用チョッキに

ヒーターチョッキ、モバイルバッテリーで電池を送りながら、背中やお腹を暖めてくれるので、警備の仕事には理想的…
そう思って買ったのだけれど、スイッチがすぐに壊れて…
やっぱり、中国製だね。
しかし、チョッキそのものの素材に防寒効果があり、
電池がなくても、着ないよりは暖かいのだが、やっぱり快適を求めると、ホンワカ、ポカポカがいいよね…

で、思いついたのが、背中に4枚、左右のお腹に一枚づつ、ホッカイロを張って使うというアイディア。
剥がしたり、貼ったりするのが面倒だけど、着れば、電熱よりもむしろ、気持ちがいい。
そして発見したの。

前日使ったカイロを手ぶくに入れて使うと、十分使える

今のカイロって、長時間の保温効果があるから、前日使ったカイロを、二枚張り合わせて、それを半分に折って、手袋に入れることだった。
前日の使用済みにも関わらず、まだまだ長時間、手を暖めてくれるから、手、指先が冷たくならないの。
この発見はラッキーだった。

さらに、もう一つの発見が、

それは、カイロの中の鉄分に水を浄化する能力があるらしく、リサイクルすれば、カイロは、使い捨てではなくて、とても貴重な資源ということが分かったので、今は捨てないで、袋にいれてとっているの。
カイロの再利用を知ったのは、ネットだった。

使い捨てカイロはどうして温かくなるのか

 

そのメカニズムは、
使い捨てカイロの中には、鉄粉や水、バーミキュライト、活性炭、食塩などが入っていて、鉄が酸化する際に出る酸化熱を利用して温かくなるという仕組みを利用しているのだと。
もう少し詳しく言うと、
カイロの入っているパッケージ開けると、空気中の酸素が鉄分と結びついて酸化が進み、この時に熱を発生するという仕組み。

カイロをよく見てみると細かな穴が開けられているののだが、それは、中の鉄分が空気中の酸素と触れ合い熱を生み出すためらしい。

そして、食塩などのカイロ内の塩分は、水に溶けて鉄分と触れ合うことで酸化を速め、木炭の一種である活性炭はカイロの熱を保つ役割を担っているらしい。

バーミキュライトは、表面の小さな穴に水分を取り込んで、カイロ内の鉄分をサラサラの状態に保つ働きをしているのだとか。

だから、使い捨てカイロの包装に使われているパッケージは
外からの空気の侵入を遮断できる特殊なフィルムで造られていて、開封するまで外気に触れないように商品を守っているのだと。

使い捨てカイロの持続時間と使用期限

持続時間に差はあるが、
貼るタイプの使い捨てカイロの場合は約12~14時間、貼らないタイプのカイロは約18~20時間となっている

使用済みカイロは再利用しよう

さまざまな再利用の方法がある。

ブーツや靴に入れれば消臭剤に

冷蔵庫の消臭剤などにも利用されている活性炭に消臭効果がある。

活性炭が原材料のひとつとして使われている使い捨てカイロには、
使用後の冷たい状態のままブーツや靴に入れるだけで、活性炭が靴の内側の臭い成分を吸着して消臭してくれるという嬉しい効果が…

特に靴箱全体を消臭したいという場合には、使い捨てカイロを開封して小皿などに移して置いておくのがおすすめ。
効果が薄れてきたと感じたら、ほかの使用済みカイロに取り換えて仕様する。

靴箱に入れれば除湿剤にも

使い捨てカイロに使われている鉄粉や活性炭、バーミキュライトには湿気を吸い取る効果もあるため、靴箱やクローゼットの除湿剤として利用すると効果的らしい。

例えばクローゼットに使用済みの使い捨てカイロを置いておけば、消臭と湿気取りの両方の効果が期待できるというわけです。

ガーデニングに再利用もOK

カイロの中に入っているバーミキュライトは保水性や通気性に非常に優れているため、観葉植物の保水土としても使われているものなので、

バーミキュライトをガーデニングする際に肥料として土に混ぜると、植物が育ちやすい環境を作り出せるらしい。

さらにカイロの主な原料となっている鉄粉は、土壌の鉄分補給に大きな効果を発揮する。
しかし、注意なければならないのは、使い捨てカイロには塩分も含まれているということ。

なので、そのためカイロから中身を取り出しても、そのままの状態では使うことはできない。 
どうするか、

カイロ内の塩分を除去するためによいのが、コーヒーフィルターを使ってろ過すると。

やり方はとても簡単で、
コーヒーフィルターを二枚重ねにして、カイロひとつにつき150~200ccの水をゆっくり注いでろ過すれば、塩分は抜けると。

 

使い捨てカイロを再利用するときの注意点

使い捨てカイロは冷たくなった後もさまざまな方法で再利用可能だが、その際に注意しなければならないのはすべての使い捨てカイロが肥料として使えるわけではない

使用後に肥料として使える使い捨てカイロには、商品に
「使用後の中身は土壌改良剤として使用できます」というように明記
されているので、確認してね

便利だねぇ、エコロジーバックよりも、こちらをクローズアップした方が僕はいいと思うんだけどね(笑い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-discover, essei, flower, idea

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで撮影白椿、夏に咲く白い椿は沙羅双樹とも呼ばれるが

花も調べてみると、いろいろあるねぇ…
白椿、凛として襟を正している、そんな花の姿がいいねぇ…
僕は猫背で姿勢が悪いから、よけいにそう感じるのかも知れない…
それにしてもスマホ楽しいね、
「おじさんこの花、キレイだねぇ、写真撮っていい」
そう声をかけるだけで、誰とでも気軽にしゃべれる(笑い)
いつもはただお金のやりとりをするだけの不愛想なおじさんなのに、
そうやって写真を撮っていると、ニコヤカな笑顔で迎えてくれるようになった。
スマホカメラ、コミュニケーションツールとしても重宝している(笑い)

思いつき料理を愉しむ なぜだか急ににフレンチトーストが食べたくなって挑戦 自分好みの味付け最高

ところでフレンチトーストって
フランスで生まれたものと思っていたら違うんだね…
調べてみると
発祥はアメリカらしいんだけど、
そもそもは 硬くなったパンをいかにして食べるかというところから生まれたらしい、
だから卵とか牛乳に浸して柔らかくして焼くんだ
ちなみにフ
ランス人はフレンチトーストのことを
Pain perdu
(硬くなってダメになったパンを復活させる)と呼ぶらしい。
この料理を作ったのか
あるいは広めたのかはっきりしないが
1724年
ニューヨーク州オールバニの酒屋店主
「ジョーゼフ・フレンチ」という人が名付けた食べ物だから
「フレンチトースト」
というのが説としてあるようだ

話のネタとかクイズ番組としては
そういう話
面白いけれど、
ただ料理をつくって美味しく食べられれればいい僕にとっては、
そんなのどうでもええだよね…(笑い)

スマホで遊ぶ、なんでもない写真も見せ方で活きてくる

僕が写真をコレクションしている理由
それは、
必用になって、
そのイメージで撮るのは大変だけど、
撮った中からこれというのを探しだすのは簡単だから…
でも、
そのコレクションから、
電子書籍の写真集、
何冊も作ったよ。
インスタグラム
フェイスブックは、
そういう意味ではとても励みになるの、
やっぱりね、
写真、
目的がなければ撮らないから…

スマホカメラを楽しむ、ボンタン湯、知らなかった、柑橘の香りがとても爽やか、いい気持ち

同市内(鹿児島)の銭湯では、昔から「ボンタン湯」が冬の風物詩だった
ボンタンは皮が厚くて崩れにくい、
ネットに入れなくても崩れにくいということで、ボンタン湯を広めることを活動の主軸に据えたプロジェクトを結成、
「ボンタンアメ」メーカーにも協力をお願いして  
ボンタン湯を広めるために、全国的に知名度の高いボンタンアメの力を借りられないかと相談したところ
製造元のセイカ食品(鹿児島市)も。
パッケージデザインを提供することでプロジェクトに協力。
お風呂屋さんも、
「サービスとしてこれはいい」ということで、協力して全国展開になったらしい。

アイディアだね、行動力だね、情熱だね…

面白いね、まさにまさにまさにのブレークスルーだね
1つ1つは「絶滅危惧」という不安を抱きながら、
しかし、しかし、しかし…
協力しあうことで、新たな展開が…
アイディアだね、行動力だね…
ボンタン湯に浸かって、爽やかな気分でいい勉強をさせてもらった。
スマホで写真を撮ったことで得た知識、発見、これがまた楽しい…

思いつき料理を楽しむ 春雨をお湯で戻し サルサソースを 食欲のない時にお勧め

自分で作ったハチャメチャ料理であっても、
こうして書くと 結構洒落て見えるよね…(笑い)
お洒落なもの大好き(恰好だけ…笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます