discover essei flower photo

ホーの木の花 限界の美というのだろうか すでに峠を過ぎて崩れる寸前の美しさに魅力を感じる

投稿日:

若さだけが美しさではない 咲き残りたる花にこそ魅力を感じる

人生で言えば いろいろ経験してなお美しさを誇っている女性の魅力
というのだろうか
この花にはなんんとなく、
そんな魅力を感じるのである
そう、
内面の美しさというのだろうか
なんとなく
どこかに惹きつける力
魅力を感じるんだよね…

季節でいえばすでに「白秋」にさしかかりつつあるんだけれど…

しっとりと落ち着いて、
立ち居振る舞いの一つ一つに卒がなくて話す言葉の一つ一つが素敵なそんな女性いるよね…
この花を見ていると、
ついそんなものを感じて
どこから撮ればそんな雰囲気が出るのかと
ちょっと粘ってみたの
うん 気に入った、
お気に入り…

あっちにホーの木の花ありましたよと教えらえて

久し振りに行った公園でユリの木の花を撮っていたら
「あらこれチューリップみたい」
「不思議な花ねぇ」
多分、娘さんとお母さんの会話だと思うんだけど
すぐ横から聞こえてきたので
「ユリの木の花」
そう言って教えてあげると
「なんだか不思議な花」
娘さんがそう言ってから
「この向こうにホーの木の花がありました。
大きな花で(手で大きさを示しながら)匂いがとってもいいの」

で、
場所を聞くと
地図を見せてくれ
「ここ」と
「あそこか」と思ったので
「ありがとう 行ってみます」
そう言ってトコトコと歩いていったのだけれど
すでに花は終わっている感じ
「これはどうにもならないな」
そう思いながらも色々見ていたら
大きな木の上の方にこの花(アップした写真)が
ズームで引き寄せて見ると
すでに峠は越えているが形が良かったので
パシャンと撮って、
モニターで確認すると
「OHと感じるものがあって」
それならと、
微妙にディスタンスを変えて、
シャッター速度も調節して撮って帰ったの

齢で言えば アラカン位か…

でもね
若い花にはない魅力を感じてアップしたの…
エッ何 
年増が好きなのかって
そういうことではないんだけどね…(笑い)

やっぱり話をして楽しくなければつまんないから…

もうかつての話だけど大阪から時々来ていた友達がいてね
来るとクラブに行っていたんだけど
その彼がよく言ってたの
「ここは君たちが遊ばせてくれるところだよね
でも話題を提供して場をつくってるのは俺たちだよね…」
確かにそうなんだけど、
「〇〇ちゃん、
ここでは
そういう無粋な話はしないの…」
止めてはいたが確かにそうなんだよね…
やっぱり話のキャッチボールって大切だよね…

最近
そういう楽しい場所を見つけてね
淋しいと時々行ってお喋りしてくるの
誰かと話す楽しい会話
本当に心を和ませてくれる…
話す
セッションする
コンバーセイション…
本当に楽しい…
なんだか今日はとりとめのない話になってしまった…(笑い)

 

-discover, essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スノードロップは幸せを呼ぶ花…

「幸せ」という言葉、みんな好きだよね…
その言葉の中に、何を感じているのだろうか…ねぇ…
愛、暖かみ、甘さ、ファンタジック、夢、希望…
例えばマリーローランサンの絵のような雰囲気を想像しているのだろうか…
「幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよ…」
こちらの方が余程かスッキリする(笑い)
スノードロップ…
何か、禅問答のような、面白いテーマを与えてくれた。
メモ帳と鉛筆を持って、コーヒーを飲みながら、こういうのを考えるのも結構楽しい…
友達にそう言うと、
「幸せですなぁ」と一言(笑い)

浪曲いいね、それを記事に、ところが写真がなくて困ってしまった

浪曲、これ程、心の中を浮き彫りする手法はないと思う程素晴らしいもので感動してしまったの。
番場の忠太郎 (ばんばのちゅうたろう)はヤクザ
今回は、
その一点に的を絞って、
ヤクザが連想できる写真をコレクションの中から探し出したのだけれど、
やっぱりコレクション大切だよね…
村田英雄の「無法松」もやっぱり、
涙なくしては聞けなかった。
浪曲、
いいねぇ、
すっかりファンになってしまった。

スマホで撮影、アメ横にて、スマホ、スナップには理想のカメラ

靴磨きか、新宿駅前の路上とか、よく磨いてもらったなぁ…
トレンチを肩に羽織って、小さな椅子に座って、タバコ燻らしながら…懐かしいねぇ…
くつ磨いてもらうのとても好きだったの、なんか、映画撮ってるみたいで(笑い)
なんか、オイルみたいなのをチョンチョンとつけて、何種類もの布をとっかえひっかえして丁寧に…
普通の革靴がエナメルのようにピカピカに輝きだすの…
値段は確か500円位だったかな…
そんなのを見ると、
「お金をとる、お金がとれる」技術って、凄いと思ったよ…
何につけても、プロはまさにプロフェッショナルだった…
それがいつのまにか、その図式が壊れてしまって…ねぇ…
まぁ、それも時代のながれ…なんだよね
スマホカメラにスッカリはまってしまった、最近の僕、しばらく、それを書いてみようかと思ってるのだけど、続けられるかなぁ…

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

スマホカメラを楽しむ 生垣に咲くモッコウバラが美しい 

昨日は「世界一木を植えた男 生態学者の宮脇昭先生の「偲ぶ会」に参加させていただいたの。
会費12000円で全国から約120人が参加
今のこの時世にしては凄い集まりだったと思う。
その中には知った顔も何人かいて それはそれでよかったのだが
約3時間
挨拶ばかりを聞かされたのにはちょっとね…
なんで挨拶がそんなに重要なのかねぇ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます