discover essei flower photo

ホーの木の花 限界の美というのだろうか すでに峠を過ぎて崩れる寸前の美しさに魅力を感じる

投稿日:

若さだけが美しさではない 咲き残りたる花にこそ魅力を感じる

人生で言えば いろいろ経験してなお美しさを誇っている女性の魅力
というのだろうか
この花にはなんんとなく、
そんな魅力を感じるのである
そう、
内面の美しさというのだろうか
なんとなく
どこかに惹きつける力
魅力を感じるんだよね…

季節でいえばすでに「白秋」にさしかかりつつあるんだけれど…

しっとりと落ち着いて、
立ち居振る舞いの一つ一つに卒がなくて話す言葉の一つ一つが素敵なそんな女性いるよね…
この花を見ていると、
ついそんなものを感じて
どこから撮ればそんな雰囲気が出るのかと
ちょっと粘ってみたの
うん 気に入った、
お気に入り…

あっちにホーの木の花ありましたよと教えらえて

久し振りに行った公園でユリの木の花を撮っていたら
「あらこれチューリップみたい」
「不思議な花ねぇ」
多分、娘さんとお母さんの会話だと思うんだけど
すぐ横から聞こえてきたので
「ユリの木の花」
そう言って教えてあげると
「なんだか不思議な花」
娘さんがそう言ってから
「この向こうにホーの木の花がありました。
大きな花で(手で大きさを示しながら)匂いがとってもいいの」

で、
場所を聞くと
地図を見せてくれ
「ここ」と
「あそこか」と思ったので
「ありがとう 行ってみます」
そう言ってトコトコと歩いていったのだけれど
すでに花は終わっている感じ
「これはどうにもならないな」
そう思いながらも色々見ていたら
大きな木の上の方にこの花(アップした写真)が
ズームで引き寄せて見ると
すでに峠は越えているが形が良かったので
パシャンと撮って、
モニターで確認すると
「OHと感じるものがあって」
それならと、
微妙にディスタンスを変えて、
シャッター速度も調節して撮って帰ったの

齢で言えば アラカン位か…

でもね
若い花にはない魅力を感じてアップしたの…
エッ何 
年増が好きなのかって
そういうことではないんだけどね…(笑い)

やっぱり話をして楽しくなければつまんないから…

もうかつての話だけど大阪から時々来ていた友達がいてね
来るとクラブに行っていたんだけど
その彼がよく言ってたの
「ここは君たちが遊ばせてくれるところだよね
でも話題を提供して場をつくってるのは俺たちだよね…」
確かにそうなんだけど、
「〇〇ちゃん、
ここでは
そういう無粋な話はしないの…」
止めてはいたが確かにそうなんだよね…
やっぱり話のキャッチボールって大切だよね…

最近
そういう楽しい場所を見つけてね
淋しいと時々行ってお喋りしてくるの
誰かと話す楽しい会話
本当に心を和ませてくれる…
話す
セッションする
コンバーセイション…
本当に楽しい…
なんだか今日はとりとめのない話になってしまった…(笑い)

 

-discover, essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)蝶、

撮った写真をコンピュータの大型モニターに映して
パイプ咥えて
(中にはハッカの精油を浸み込ませたティッシュが入っている煙の出ないものだけど)
写真を見ながら写真を評論するのも楽しみなの
ハハハだから気がつけば
到る処青山有りだね…
(この場合、青山は骨を埋める処ではなく遊びということで)
と僕は思っているのである
はは今日も愉しい
明日も愉しい
本当に遊びは楽しいねぇ…(笑い)

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

あら嬉し 南瓜の味 ほっこりと 八百屋で見かけてつい買ったのだが ほんのり甘く美味しいね

今日の575文字数揃えるのにちょっと考えた
だってカボチャと思っていたのを南瓜に移行させるまでに、時間結構費やしたもの…(笑い)
そして苦肉の策で
「あら嬉し」なんていいかげん…(笑い)
でも
テーマが決まれば形だけはスッとできるようになってきた
思考が常にそういう方向に向かっているからだと思うが、
習慣って、
本当に凄いね…

スマホカメラを愉しむ 噴水と 冬の光りで 水の華

それにしても面白いねぇ
シャッターを切るのはなんでもいいんだ
写っていれば…
いや写ってなくてもいいのかも知れない
枠をつけて575を付け足すだけで
アートの世界を感じさせてくれるのだから…
つまり、
575を付け足すことで、
写真を読む方向性が示せるということかな…
何を言っているのか分からないよね…
しかし
そういうことがフッと頭に浮かんだ時
「OHこれは面白い」
そう思ったのである

思いつき料理を愉しむ コンニャクを玉ねぎと大根と肉で煮る

すき焼きは一人だと大変だけど
これなら簡単だし
好みによっては溶き卵につけて食べてもいいけれど、
僕はいつもストレートで
なぜなら、
その方が素材の味が楽しめるから…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます