discover essei photo

チョット望遠レンズを愉しんでみた。色合わせ柳の緑寒桜

投稿日:

春は色、

だってモノトーンの世界から色の溢れる世界へと変化するのだから…ねぇ
しかし、
本箱の隅で埃を被っていたカメラいきなり持ち出しても、
あれ、
ISO感度どうやって変えるんだけ
シャッター速度は…
絞りは…と、
電子カメラは本当に難しい…

ボタン操作が複雑もうイヤ(笑い)

設定の仕方を忘れてしまって
どうにもこうにもなのだ…
で、
ベンチに座ってあれこれガシャガシャやってなんとか
遊びの世界だからいいようなものの
仕事だったら…(笑い)
尤も仕事ではこれは使わないけどね、
だってこれ玩具(おもちゃ)だもの

玩具だけど面白い写真が撮れるので時々

数年前に鳥にはまった時期があってね、
そのために買ったカメラなんだけど、
いつの間にか使わなくなってしまったの…
でも、軽くて長い玉が使えるから…
この写真

300㎜よりももっといってるよね
スペック忘れてるからよく分らないのだけれど、
それでも手持ちでいけるからいいんだよね
三脚なんか重くてもてないしねぇ…(笑い)
柳の緑と寒桜のピンク
雑木林に当たる光…
橋のライン…
望遠レンズでなければ絶対に撮れない写真…
いいかわるいかは分からないが、
なんとなく面白いじゃんねぇ…

望遠レンズで撮れば
日常に見ている世界とは全く違う非日常の世界が撮れるからそれが面白くてね…

それにこのカメラ 
性能が良くないのだけれど、
それが却っておもしろくてねぇ…
癖のある写真が撮れるので、
筆の一本として愛用しているの(笑い)

カメラの名前…
ORYMPUS styius sp-100EE
と書いてある
相当古い
おそらくもう製造されてないと思う
だって僕もネットで探してやっと見つけて買ったのだから…
全体がプラスチックのカメラで
いかにも安物という感じで
とってもショボイのだけど…
面白いね…(笑い)
だけど鳥など撮る時にはイルミネーターが付いていて、
外の窓で鳥を捉えると、
キチンとレンズでそれを捕まえてくれるの
これが便利でね…
慣れると楽しいのだけれど、
飽きっぽいのかね、
すぐに使わなくなってしまうの…(笑い)
しかししかししかし…
いろんな色をパターン化して撮るのにいいので、
久し振りに…
そう、
写真教室で使う教材(レンズ効果)を喋るためにちょっと

3月26日(日曜日)

阿佐ヶ谷の「茶とあん」でする写真教室
10人枠が昨日満席となったのだそうだけど、
ありがとうございます
その教室で
レンズの効果を喋るのにいいかなと思って、
それで昨日…(笑い)
先月の終わり頃
写真教室引き受けたのはいいが
果たして集客できるのかなと心配してたのだけれど
満席ほっと胸を…
これ
「一念三千」
だからできたんだね…(笑い)
分からないね…
説明すると、
こういうのってね、
考えると何もできなくなるの
「やらない」
そう言われて
何も考えずにその勢いで…
だからできたの
そう、
考えたらこういうものってできないいんだよね
心配ばかりが先に立つから
これを
「一年三千」効果というらしいの
思ひはその瞬間に3000世界を駆け巡り
覚悟を決めるから出来るというそんなことらしい
そのことを元カミに話したら
「私も行こうかしら」と
すかさず
「君は来なくていい
 来たら喋れなくなるから」と(笑い)
一体、
どんな人生送ってるんだろうねぇ…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
自由人は本当に愉しい…

 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

万世橋 秋葉原の常夜灯いいね、このレトロな雰囲気、最高

大正浪漫の特徴
簡単に言えば、西洋の文明を取り入れながら和の分文明のいいところを活かし、和洋折衷の、独自の文化が花開いた時代で、和の中に、エキゾチックなムードが多分にあって、モダンを追求した時代だと僕は思っている。

望遠レンズを愉しむ なんとなくふんわりはんなり春のどか

人が言うボロンチョン
それが僕は好きなの
僕が玩具といっているこのカメラ
そのの紹介記事や書き込みをみると、
本当にボロンチョンなんだけど、
僕はそこに魅力を感じて愛用しているのである

スマホカメラを愉しむ 縁側で庭を眺めて酒を飲む

昨日(25日)から
扇が谷のKATAKOTOギャラリーで
土歩さん、作陶展をしているの、
30日まで、
ブラリ鎌倉…
よかったら是非…

写真を愉しむ 素敵な女性から lineで写真を楽しませてくれませんか、そう言われて よしと頑張ってハハハ

面白いね習慣
内容なんてなんだっていいんだよ、
続けることに意味があるんだから…
そう、何も考えてないのだけれど、
ただ浮かんできたフレーズをタイピングしているだけなんだけど、
僕にとっては、とても重要な位置づけになっているのである…

スマホカメラを楽しむ。ズームを使って、イメージした絵に近づける

写真は決して難しいものではない。
しかし、しかし、しかし…
撮る時にキッチリと撮っておかなければ、後での加工には限界があるということは知っておかなければならない。
僕は、風景写真は、望遠系でパターンにするのが好きなので、今回は、その方法を書いたが、ワイドにはワイドの良さがあるので、ズームレンズをうまく使いこなすことを覚えれば、写真の楽しみかたがまた変わってくる。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます