discover essei photo

写真を愉しむ 空中に蜘の糸張り秋の空

投稿日:

素晴らしい風の力を利用して

まるで、香港映画のワイヤーアクションを見ているような…
グリーン・デスティニー
チョウ・ユンファ
恰好いいよね…
あの映画にはたくさんのワイヤーアクションが使われていた
スパイダーマン
これはアメリカの映画だけど、これも随分見た
だから1昨日 紫紺野牡丹の花芯を見て、
別名スパイダーフラワーと言われる所以がすぐに分かって、
それを強調したのだが、
蜘 結構可愛いじゃんねぇ…

蜘の糸

その 主成分はタンパク質で、
絹糸とよく似ているが、
伸び率はクモ糸の方がはるかに優れ、
絹糸よりも強靱なのだそう

蜘の巣 

光線を選んでうまく撮れば、とても美しく、
そればかりを狙って撮っている人もいるみたいなんだけど、
僕には、
被写体を求めていくだけの根性はないから…(笑い)

撮れば出てくる不思議…それを調べるのがまた楽しい

写真って、撮ればついいろんな不思議を知りたくなってつい調べるから、それが楽しくてね…
僕はそうやって、自然から色んなことを学んでいるの

あれ…
これ どういうこと…

便利がいいねぇスマホ
疑問をそのまま打ち込めば、なんでも答えてくれるのだもの…
で、そこから得たポイントを575とか1行詩にしてメモしておくの、
最近はこれにすっかりはまっちゃって…
写真に何かつけないと物足りなくて…ハハハ…

話変わって

土曜日 ある町の不動産屋さんに、飛び込んで
これ位の家賃でと言うと
「これどうですか」と
古いが
値段の割に広いのと、駅から近いというのが気に入って見せてもらったら益々気に入って…
そうしたら昨日、
「審査が通りました」という嬉しい知らせが、
で、7日に契約することになったのだが、
友達に話したら
そんな風に「即リ一発」というのはなかなかないらしい
「やっぱりもっている」ワ
(意味がちょっと分からないのだけれど)
感心された。
おかげで随分楽になった。
強行断捨離もこれで楽しくなってきた…
今日もよろし
明日もよろし…
何事もイヤなことから済ませろというのは本当だね…
これだけのエネルギーがあれば、まだまだ何かやれるかもなんてね…(笑い)

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

忘れられない鮪の味

仙台の知り合いが気仙沼の鮪船の船主と知り合いで
その船主が
寿司屋に連れていってくれたのだけど
それは見事な鮪で
色 
艶、
箸を伝わってくる弾力…
今だにあの味は忘れられない…
だけどだけどだけど…
あれは、
僕たちだけで行ったのでは
口に入らないものだったね…
だって、
寿司屋だって、
客を見てるものね…’笑い)
しかししかししかし…
たった1回でも、
そういうの経験しているということは、
貴重な体験だったと、
思っているのである。
やっぱり経験
体験はしておくものだね…
体験こそが知恵の元
僕はそう思っているのである(笑い)

スマホカメラを楽しむ オオイタヤメイゲツ カエデ科の花らしい

好奇心、これやっぱり大事だね…
つくづくそう思わされた、
素敵な女性(ひと)だった…
で、
その時
たまたま持っていたフォトブック
「そら空宇宙」
(感じる心を育むために)
をお見せすると
「これいい 私買うわ」と
しかし慌てて
「アッイヤ、
これもう無くて、
今、
写真集般若心経と同じような形の本を作っている最中なんです…」
そういうと、
「出来たら教えてね、予約しとくわ」と
嬉しいねぇ…
で、
豆しばさんにその旨電話したら
「校正刷り上がってきたんだけど、
ちょっと直したいところがあって、
だからもう少しかかると…」
完成が楽しみだなな

ホーの木の花 限界の美というのだろうか すでに峠を過ぎて崩れる寸前の美しさに魅力を感じる

もうかつての話だけど大阪から時々来ていた友達がいてね
来るとクラブに行っていたんだけど
その彼がよく言ってたの
「ここは君たちが遊ばせてくれるところだよね
でも話題を提供して場をつくってるのは俺たちだよね…」
確かにそうなんだけど、
「〇〇ちゃん、
ここでは
そういう無粋な話はしないの…」
止めてはいたが確かにそうなんだよね…
やっぱり話のキャッチボールって大切だよね…

思いつき料理を愉しむ 今日は油を使わない天ぷらに挑戦 これいける

料理にこうしなければならないという法則はないのだ…
思いついたことをやって
美味しければそれでいいんだよね…
そこに気づけばバリエーションはいくらでも増やせられる
そう、
失敗したら、
それもレシピだから…
思いつき料理ホントに楽しい(笑い)…

名月は15夜の満月だと思うけれど、なぜ13夜…

15夜の月を愛でる風習は、平安時代に中国から渡った風習。
だが、13夜の少しかけた月を愛でるのは、日本独特のものらしい。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます