memory

パンパン菓子 岡山では、そう言っていた。全国的にはポン菓子というらしい

投稿日:

パンパン菓子、懐かしいねぇ、子供の頃の情景が思い出される。

そうそう、道端にある友達(竹馬の友)の家の庭に、リヤカーに、黒い大砲みたいなものを積んだオジサンがきて、そこに近所の人がお米を持って集まってきて、オジサンにお米を渡すの。
オジサンは、お米を受け取ると、大砲のような筒の蓋を開け、そこにお米を入れ、筒の下から薪を燃やして温めるの。
薪を燃やしながら、グルグルと、お米の入った筒を回転させていたと思う。
そうして暫くすると、
「良し、行くぞ」
そういうと、いきなりバーンという大きな音がして…

エッと思ったら、あら不思議、お米がお菓子に変身してるの

そう、お米がふっくら膨らんで、砂糖がうまくからまった美味しいお菓子が出来上がってるの…
余程印象的だったんだろうねぇ、このシーン、とてもよく覚えている。

出来上がったパンパン菓子、縁側に新聞紙を敷き、空気に晒すとパリとして美味しくなるの

友達の家では、大砲の中から取り出されたお菓子を、縁側に新聞紙を広げて、
その上にできた白いパンパン菓子を広げ乾かしていた。
そうすると、友達のお母さんが、別の新聞紙にそのお菓子を入れて
「はい、マーチャン(僕の名前マサアキだから、みんなそう呼んでいたの)これ持って帰りなさい」
そう言ってくれるの。
季節は秋だったようだけど、定かではない。
懐かしいねぇ…

その懐かしいお菓子を、昨日、鳥取の友達が送ってきてくれたの。

材料のお米は友達が、昔ながらの米作りの製法(稲城掛け天日干し、無農薬)でつくった美味しいお米だから、お菓子もとても美味しい。
電子書生で僕は、「お米の花の神秘」(まめしば書房)をつくっているのだが実をいうと、お米の花の撮影は、その友達に頼まれて撮ったもので、お米の花なんて、それまでは知らなかったのだから(笑い)

お米の花、エツ 雌しべってどこにあるんだよ、お米をつくっているおじさんでさえ知らないんだから…

メシベ それはいったい、どこにあるんだ。
だから、撮っても撮っても、「雌しべが写ってない」と言われ、3シーズン目でようやく捕まえたという難物撮影となったから、その撮影は忘れられないものとなったのだが、
この本は、おそらく世界で僕しか撮ってない、貴重なものと、僕は思っているのだ。

そのお米で作った、懐かしいお菓子、ポン菓子、パンパン菓子…

素朴だけど、美味しくて食べだしたら止まらないの…
いろんなことを思い出しながら、
これ(パンパン菓子)を食べていると、
無声映画のように友達と遊んだ映像が脳裏に流れて、思わず、目頭が熱くなって涙がこぼれた…
思い出の中でしか帰ることのできない、思い出のシーン
「故郷は遠きにありて思うもの」つい、そんな歌が口から…
もう、母も叔母も、みんないなくなってしまったが、やっぱり懐かしい故郷
2回目のワクチン打ったら、一度行ってみようかな、そう「吾亦紅」という歌を口ずさみながら…

 

 

 

-memory

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ、恋の季節なんていうタイトルはどう、ちょっとイラストを意識したの

僕にとって写真とは、心のビジュアル化なのである

喫茶店などで、
時にそういうことを話すと、
なぜかみんな喜んで聞いてくれるの…
写真はだから楽しいの。…
スマホカメラの便利さに気づいて、
最近、
ますます、撮影が楽しくなってきたの(笑い)
小さな発見、
そして撮影…
お気に入りができると、
いつまでもいつまでも、眺めて楽しんでいるのである。
それにしても変なおっさんだよね、
自分でもそう思う。
でもね、
いろんなところに、
いろんな友達がいて、
本当にたのしい。
そろそろ春…
いろんんな物語りが始まるね…

正月 静かだなぁ、好きだなぁ、この雰囲気

いいねぇ、思い出話を肴に飲む酒…
料理に堪能し、酒を堪能し、思い出話に花を咲かせる…
これこそまさに、高齢になったこらこその楽しみであり、味わい…
そうだ、今年は、思いっきり高齢を楽しもう…
そう、たった一度の人生だものねぇ、楽しまなくて何が人生か…だよね(笑い)

正月休みも終わって今日から仕事、気合を入れて行くっきゃない

スマホカメラ本当に便利
スマホの写真覚えると、どこでも気軽にシャッターがきれるから、本当に楽しい…
写真さえあれば、何かは書けるから…
新たな年の始まり、よしと気合を入れて頑張ろう…

スマホで遊ぶ、なんでもない写真も見せ方で活きてくる

僕が写真をコレクションしている理由
それは、
必用になって、
そのイメージで撮るのは大変だけど、
撮った中からこれというのを探しだすのは簡単だから…
でも、
そのコレクションから、
電子書籍の写真集、
何冊も作ったよ。
インスタグラム
フェイスブックは、
そういう意味ではとても励みになるの、
やっぱりね、
写真、
目的がなければ撮らないから…

スマホカメラを楽しむ 輝く命なんていうタイトルはどう

僕にとって写真は、記憶装置を開けるカギなのかもしれないね
明かりに透かされて、
生命力溢れる葉っぱの写真を見ていて、
そんなことを思い出したのだった。
とりとめて、
何という程の写真ではないけれど、
僕は、
この葉っぱのなかに、
実態のない命を見た
(ちょっと大げさすぎるか)
そのように感じたのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます