discover essei memory mind 

自画像、セルフポートレート、自撮り…面白いねスッカリお気に入り

投稿日:

自画像、セルフポートレート、自撮り、ビルの壁に写った風景、一旦、通り過ぎたんだけれど「アッ」と思ってスマホで…

午後の4時頃か、鷺宮の歯医者へ行った帰り道、
「阿佐ヶ谷北一丁目」だったかな、
バスを降りて阿佐ヶ谷駅の方へ歩きだしたその時
何気なく目をやった建物の壁(ちょっと窪んだところの壁)に、自分の影と、表の風景が写っているのが目に飛び込んできた。

初めて見た、カメラオブスクーラー現象

秋の低い位置から射し込んでくるスポットライトのような光が創り出した映像、
多分カメラの開発以前にヨーロッパの人たちが楽しんでいた、
「カメラオブスクーラー」とは、こういう映像だったと思うのだが、それが目に飛び込んで来て、
一旦は通り過ぎたんだけれど、もう一度引き返してスマホで。

カメラオブスクーラー、ヨーロッパでは、小屋を作って見せ物としてこれをやっていたらしい(記憶の断片だけど)

条件の整った、その時だけ、こういう現象が現れるのだそうだけど、こうして写真にすると、面白い…
撮ってて良かったと思った。
だって、この瞬間を逃がしたら、この写真は存在しないのだから…

エッなぜ、駅に直接行かないで、「阿佐ヶ谷北一丁目」で途中下車したかって

それは、お気に入りの「茶とあん」に行くため。
ここの空間とそこに来る人達が好きでね、
ここでお茶(日本茶)を飲みながら、本を読んだり、考え事をしたり、興味ある話題を誰かが話始めると、その話題に参加したりして過ごす時間が楽しくてね、

「茶とあん」
ここは、阿佐ヶ谷界隈の一口で言えばアーチスト、その類の人が集まってくる、素敵な空間なの

昨日行くと、鷺宮にあった「和カフェ露くさ」によく来ていた女性がそこにいて、いろいろ話していたら、そこに、僕と同じ位の年齢の男性が、
「僕も仲間に入れてください」と。
で、僕が、自分のやってきた出版の話などして、
これからの出版社は…などと語っていたら、なんとその人、出版社の社長さんで、
「その話、とても興味があります。これからいろいろ相談したいことがあるのでよろしく」
そう言って名刺をくれた。
「でも、僕の話ははいいかげん、適当に話しているだけだから…」といったんだけど、
「イヤ、その世界を知っている人でなければできないの話です」と、えらく気に入ってくれたのだった。

「犬もあるけば棒にあたる」だね

面白いね、人との出会いって…
「本づくり、好きだし、僕でよければ、お話相手くらいならいつでも」
そう言って別れたのだが、なんだか心がウキウキして来た。

アッマンションの契約更新、お金を用意しておかなければ

その後、御苑に帰ってボーとしてたら、
「クボさん、マンションの契約更改、お金用意している」
そう言って元スタッフの女性が電話をしてきたので、
「うん、なんとか」
そういうと、
「じゃ、これからもらいに行く」と。
今日は、そういうことも想定していたので、小田急のデパ地下で崎陽軒のシュウマイ弁当を二つ買って用意していたので、それを一緒に食べ、
「僕は明日仕事なので」
そう言ってソファーに寝っ転がって、そのままグッスリと。

ヤッター、アドセンスブログ、累計だけど、銀行振り込みの最低額8000を超えた

さっき起きて、ブログ(アドセンス)のデーターを見ていたら、
なんと、なんと、なんと
驚いたことに今月、数百円の収益が発生していて、累計で、銀行振り込みされる8000円ラインを超えているではないか…
嬉しいねぇ、
多分これでGoogleから来月、振り込みされると思うんだけど(まだ受け取っているわけではないので多分と)

感動がグッと(笑い)…

でも、本音で言えば、毎日8000円から一万円の収益が出ればいんだけどね…

でも、コツはある程度掴んだから、その気になれば、ある程度は行けると思うんだけど、なんていうのかな
「儲けるために原稿(記事)を書くのではなく、僕の書いた記事に広告がついてお金が入る」というのが理想なので、時々は収益ためのSEOテクニックを織り交ぜながらブログを楽しもうと思っているのである。
だって僕はまだ元気だし、
日銭稼ぎの仕事していれば結構楽しいし…
動けなくなるまでに、ベッドの上でも稼げる準備をし、トレーニングをしておけばいいと思っているので、しばらくは、楽しんで書くブログで頑張ろうと思っているのである。
しかし面白いね、
そうした記念すべき日に、“カメラオブスクーラ現象”で自画像を発見、
だから何と言われても困るのだけれど(笑い)
なんとなく、なんとなく、なんとなく…
そういうことが楽しいのである(笑い)

 

-discover, essei, memory, mind 

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 凛としてナニワイバラの冴える白

一重のバラいいよね
「昔のバラは全て花びらが重なってない、一重咲だった可能性がある」という記述があった、
八重咲のバラは、
栽培されるようになってからのものらしい
それでだ…
誰に聞いたのかは忘れたが、
薔薇(ソウビ)とは、一重のバラのこと、
以来、僕の記憶のなかにはそれが残っているのである。。
ナニワイバラ 白い一重の薔薇…
これこそが
僕にとっての沙羅双樹であり、薔薇(ソウビ)と思ったのだった。
だって、
八重のバラと一重のバラでは、まったく雰囲気が違うし
情緒がまったくちがうんだものね
ローズと薔薇(そうび)の違いだな(笑い)

なんか変 やっぱり見慣れた風景が望ましい

見慣れた雰囲気というのが無難
そのように思っているから
このケチャップのボトルには違和感を感じるのである。
もしかしたら
使う人の立場になって
冷蔵庫に格納するのに、
読みやすくしていた方がいい…
そういう配慮があってのことなのかも知れないけれど、
「いらないお節介」と
僕は思ってしまったのである(僕個人としってはだけど)
しかし しかし しかし
考え方だから
「アイディアだよね 助かったわ」という人もいるかもしれないので、なんとも言えないけれどね…

写真を愉しむ 高尾山からまるで水墨富士の山

1時間も寝すぎてしまった。
これでは何もできない
とりあえず写真だけアップして、繋ぎという作戦で…
時間ができたら後で書こうと…
そう思ってコンピュータのスイッチを入れたら、
こういう日に限ってなかなか動いてくれないの…
やっぱり暇人でも動作容量拘るべきだったと反省…

お米が命を繋ぐ時 もう古い写真なんだけど貴重な写真だか時々 おそらく誰も撮ってない写真と思う

この写真が撮れるのは8月の丁度今頃
しかも時間は
晴れた日の午前9時から⒒時の2時間だけなの
照りつける太陽の中で、
田んぼから上がってくる熱気で汗をぬぐいながら観察していると
いろんな方向から雄しべが雌しべのある方向を目指して迫ってくるの
そうしたら雌しべがスーと籾の扉を開けて…
そしてそれが終ると、
スーッと籾の扉を閉じてしまうの。
今頃の時期
夕暮れ田んぼにいくと、
白い花が風になびいているように見えるのだけれど、
あれは
「兵者共の夢の後」なのである。
この写真を使った
「お米の花の神秘」
電子書籍にはしているのだけれど、
あらたにできるようになったペーパーバックにしようとすると
写真が少なくて柄が出ないの…
ペーパーバックにするには100ページは必要だから…
だけど、
もう一回写真を撮りなおして(撮り足して)という根性はないから時々
こうして忘れないようにしているんだけれど、

スマホカメラを愉しむ 自分の後ろ姿を見るなんて めったにないから

これが僕の生き甲斐なんだよ…
風を感じ
空気を感じ
色を楽しみ
山河を愉しみ
花や風景や
光りや音…
それをいかにしてビジュアルにしようかと…
そして僕の心は
この時何を感じたんだろうと考えるのが楽しいの
で、

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます