discover essei idea life Like the discovery mind  photo

ソルティークラッカーに瓶詰の粒ウニの相性が抜群でOHと思わず

投稿日:

瓶に入った粒ウニ。

生ウニにアルコールを加え保存食としたもの。
塩やアルコールには、溶けやすい性質のウニの形を凝固する効果や殺菌効果があって、凝固する時、余分な水分が抜けて旨味も凝縮するので、生うによりも濃厚な味になるという特徴がある。

クラッカー+粒ウニ+ノンアルコールビール最高だね

このウニ(アルコール加工の瓶詰のうに)、
温かいご飯に乗せて食べると、とても美味しくて食が進むのは知っていたが、フッと思いついて、ソルティクラッカーに乗せて見たところ、美味しくて、思わず階下のセブンイレブンに、ノンアルコールのビールを買いに走ってしまった。

クラッカー、夜中にお腹が空いた時用にいくつか買っているの、100円ローソンで

ジャムや野沢菜、ゴルゴンゾーラ、時にはアンチョビ…
あるものはなんでもつけて食べるんだけど、ウニ(瓶詰)は最高だね。
瓶詰のウニにはアルコールが入っているのと、ウニの味がほどよく濃くなって独特の風味、味があるのだけれど、その少し癖のある味とクラッカーが見事に融合(調和)して、OHと思わず言ってしむ程美味しいということを発見して、書かずにいられなくなってしまったの。

エッ ウニ、高いんじゃないの…

それが、ほら、僕のところには安売り屋があるから、賞味期限が短くなってくると、安い値段で出てくるの…(笑い)
だから、おやつ感覚で食べても大丈夫なの(笑い)
ここには時々、高級品のチーズやイタリアンプロシュート、カニ缶、トルストイが愛したプルーン(フランス)などが出てくるから、そういうのが出てきたら買うのハハハ…
便利がいいよね
こういう店があると、本当に助かる(笑い)

僕がここで使うのは基本的に500円(予算)

ところが最近は、高級品ばかり仕入れるから、
「これじゃ、俺買えないじゃん」とかいいながら、時々は取り置きしてもらっといて、その都度、お金を払って買うという方法を受け入れてもらったりしてね…(笑い)
まさにまさにまさに、「三丁目の夕日」の世界だね(笑い)

 

都会のど真ん中の新宿御苑前、ある人はここをマンハッタンと言っていた

新宿駅まで歩いて約20分
電車(丸の内線)に乗れば新宿駅まで3分という都会のど真ん中にありながら、人情味があって、本当にいい街なの…
だって、僕が2、3日顔を見せないと
「クボッチ、最近見ないけど、生きてるのかなぁ」と噂になる位、大勢の人と親しいんだもの…離れられないよね、この街…

先日出した「写真集 般若心経」評判よくて驚いている

話変わって、ペーパーバックの「写真集般若心経」見た人が絶賛してくれ、昨日もまた2冊、
嬉しいねぇ…
本代、きっちりと保管しておかないと、クレジットの支払いで青くならなくてはならないから気をつけなければ’…(笑い)
今日は国民的休日、
サンデー毎日のような暇人だけど、休日はやっぱりいいね、なんとなくホッとするもの…(笑い)

-discover, essei, idea, life, Like the discovery, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今朝はお粥、レンチンで簡単、お米を研いで、適当に水をいれて、スイッチを入れるだけだから

拘りのお米に美しい広島菜のお漬物、これがいい
そのお粥に、届いたばかりの美しい広島菜を小さく刻んで乗せ、鰹節(今回は袋の底に残っていた屑)をパラパラと
そして最後に広島菜の漬物についていた「出汁醤油」をちょと挿しただけなんだけど、それがとっても美味しくて(笑い)

アデニューム・オスベス砂漠に咲く赤い花、沙漠のバラが美しい

僕の行ったたクブチ沙漠は沙の粒子が細かくて、まさしくそれは、極めて女性的だった。
僕が行ったクブチ沙漠は粒子が細かいキレイな沙漠で、
風に吹かれていろんな山が出来ているのだが、
その姿は、裸の女性がズラと横たわっているようで、それを素直に撮った僕の写真を見た詩人の高橋順子さんは、
本の前書きで
「久保雅督さんの写真は、神秘とエロスの沙漠への、そしてそこに生きる勁くてけなげな植物への賛歌です」と書かれれしまった。
そして僕の知る多くの人が、「沙漠の木」を見て、エロスの世界と受け止めてしまったのである(笑い)

秋の光り、秋光(しゅうこう)、秋の日差しを楽しむ

秋の黄昏時、何も考えないで、光(秋光の)写りゆく様子を楽しんでいるの、好きなのである。
同じ夕暮れでも、春には春の風情があり、夏には夏の強烈な風景があり、秋には秋の印象的風景の演出というのがあって心に沁みる。

一点の光りもの、お洒落の基本を教えてくれているような … 

昨日はとってもとっても嬉しい手紙が来たの
達筆で 
ペンで和紙の便箋にブルーのインクで
バランスのいい文字列は心に響くね…
大学教授(故人)の奥さんなんだけどね
「写真集般若心経」
(ペーパーバック 編集まめしば書房 kindleで出版アマゾンで販売)
を送ったことに対してのお礼の手紙なんだけれど
「蓮の花が深い緑色に映え、
手に取っただけで心が落ち着いて参ります
以前から、
病床の友にと、
写真入りの本を探しておりました
大きさ内容共に届けできる一冊だと思いました…」
嬉しいねぇ…
今の時代
封書で和紙の便箋にペンとブルーのインクで書かれた手紙
いいねぇ…
大事にしたいよね
こういう文化
そう思いながらしばらく眺めていたのだった

ホッコリ里芋の煮っころがし、乾燥オキアミ、長ネギ入りとっても美味しい

年寄りの料理、そう思っていたのに、それが恋しくなるなんてねぇ…
「こんな年寄りの料理」
子供の頃には、そう思っていたお婆さんのレシピが最近、妙に食べたいと思うようになってきた。
歳をとったんだね…
お婆さんが作っていた料理が恋しくなるなんて…
時代は変わっても、やはり、年寄りには、年寄りが好む献立(料理)というのがあるのかも知れないね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます