discover essei Like the discovery mind  photo

目白、コンデジで撮影 高級機がズラリの中でコンデジ勇気がいる

投稿日:

アッ美味そう、どこから行こうかなという感じ

寒桜の蜜はメジロの好物
鋭い目で、
美味しいところを探している、
そんな感じ。

写真を見れば優雅に見えるが、舞台の裏側は…

写真を見れば優雅に見えるが、
止まっては跳ね、
跳ねては止まりと忙しい鳥だから撮るの、
大変なの…
一眼レフに大口径の明るいレンズだと比較的撮りやすくなるのだけれど
コンデジ、
軽くていいんだけれど、
操作性が悪くて、
シャッターを切る以前にイライラするんだけれど
そこはホレ
警備の仕事で立っているのは慣れているから…(笑い)

みんないいカメラ持ってるねぇ…

それにしても、
持ってるカメラ、
みんな凄いね…
高給一眼レフに大口径で大砲みたいな長いレンズ
男も女も高齢者も若い人も…
あっちこっちからパシャパシャパシャと、
連続シャッターの音が響いている。
そういう中に混ざってショボい、
オモチャ見たいなコンデジで撮るの、
気が引けるんだけど、
このカメラ、
照準器
(鳥のいる方向にアバウトにカメラを向ければ、目的の鳥をサット捕まえてくれるので便利がいいの)
がついているので愛用してるの。
今ではもう製造してない、
全体がプラスティックでできている、
そんな感じのショボいカメラなのだが、
結構、
気に入ってるの

お気に入りでも、使ってないとやっぱりね…

めったに使わないから
使い方を思い出すまでが大変で
アッそうだった…と思いだしながらの撮影だから大変なのだが
ボケ防止にはいい…
そんな感じで(笑い)

舞台装置はともかく結果が良ければそれが一番だよね…

どんな条件であろうと写真は結果…
「うん」という写真が撮れると嬉しいし、
楽しい
モニターを見てはその都度
「まだ衰えていない」
「まだいける」
心の中で自分に言い聞かせたりしてね…

3月、もうすっかり春

天気はいいし、
軽装でも暖かいし…
春を楽しんでいたら
知合いから電話で
「ホームページを作りたい人がいるのだけれど相談にのって」とい電話が
で、夕方会ったのだが
話は良い方向にまとまって、
おまけに高給寿司をご馳走になって、
いい一日を過ごさせてもらった…
「落ちぶれ果てても平手( 平手 造酒ひらて みき 幕末の刺客は武士じゃ…」
「アッいや落ちぶれ果てても元プランナー、いかねばならんのだぁ…」
ハハハ…
最近、
浪曲にはまっちゃってるの(笑い)

心ウキウキの春…
面白いことが奇跡のように出てくるのが楽しいね…
「豆しば書房さん」
電子書籍の
「そら、空、宇宙」
をペーパーバック版に編集しなおしてくれてるらしい
嬉しいねぇ、
楽しみだねぇ…
そう言えば、
「写真集、般若心経」
結構人気で、
沢山買ってくれ、
その都度お金はもらっているのだけれど、
つい使ってしまって…
クレジットの請求が怖い(笑い)

-discover, essei, Like the discovery, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 月の明かりで写真を撮ると、神秘な世界が現れる

君は何をしたか…
これと言って誇れるものは何もないけれど、楽しい人生だったとつくづく思う…
そういう僕って、もしかしたら幸せなのかもしれないね…

正月休みも終わって今日から仕事、気合を入れて行くっきゃない

スマホカメラ本当に便利
スマホの写真覚えると、どこでも気軽にシャッターがきれるから、本当に楽しい…
写真さえあれば、何かは書けるから…
新たな年の始まり、よしと気合を入れて頑張ろう…

今日の僕の買い物、ちょっとだけラッキー収入があったから(笑い)

数学のことはさっぱり分らないけれど、KJ法が好きで、見様見真似でやってよく遊んでいたの。
そうすると、頭の中が整理できて、考えがよくまとまるから…
始めた時は、砂を噛むような訳の分らない問題でも、そうやって遊んでいると「これだ」というのが見えくるの…
以来、困ったら、それをして、進むべき態度を決めていたの…
「おいおい、たかが料理だろう、それもデタラメの…」
「いいじゃない、そうやって楽しむのが好きなんだからハハハ」
「長生きするよ」
「ハハハ、放っとけ…(笑い)」

写真を愉しむ OHとつい簡単の声をもらすだけ

デフォルメを愉しむ
これこそが、写真の面白さだと僕は思っているのである。
面白いね、写真って…
アナザーワールド…
その感覚を知るには、
ズームよりも、単体のレンズで、レンズ効果を身につける方がつかまえやすいのもしれない…

スマホカメラを愉しむ 気が付けばいつの間にやら春うらら

記憶に残る爺さんの言葉
子供の頃爺さん(母の父)によく言われた
「おい、マーボー
なんでもかんでも明日からと言っていては、
何もできやしないぞ
明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは
覚えとけ」
そう言ってから
「一日一日を意識して生きなければダメなんだ…
為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」
なぜかいつも、この二つの諺がセットだった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます