discover essei life Like the discovery memory mind  photo

ジャムが美味しいと評判のカフェ 武蔵関公園近くの喫茶店

投稿日:

お洒落だよね 素敵な雰囲気のカフェ

残念ながら、この日は休みだったの。
でもね、
あまりにも素敵だったので、
1枚撮らさせてもらったの。
一緒に行った女性の話では
ここのジャムは特別美味しいらしい…

喫茶店、随分お世話になったねぇ…

どこの
あっちこっちの…
エー
だって
本当にあっちこっちだもの…(笑い)

喫茶店は井戸端会議の場所であり、最高のコミュニケーションの場所だったの…

今から何十年か前まで、
喫茶店は井戸端会議の場所であり、最高のコミュニケーションの場所だったの…
だから僕は
地方に取材に行くと、
その町の古い喫茶店を探し出してね、
そこでいろいろと情報を収集してから、
これからの行動を考えていたの…
だって、
古い昔からある喫茶店には常連さんがいて、
その町の中心人物がそこに集まってくるから、
情報の収集や、
人を紹介してもらうのに、
とても都合がよかったの…

忘れられない倉吉の街

特に鳥取県の「倉吉」に3か月滞在して作った
「倉吉・東伯今昔写真帳」(郷土出版)の取材は
その賜物だった。
しかし
初めて行った時には、
喫茶店の1軒も見つけることができなくて
狼狽えてしまったの
だから
その本のあとがきに僕は書いているの

「一体この町はどうなっているんだ」
倉吉に入って、それが最初に発した言葉だった。
知らない土地に行った時、まず最初に私がすることは、
駅前の適当な喫茶店を探し出すことである。
喫茶店は人の沢山集まるところ。
地元に古くからある喫茶店は、情報収集には恰好の場所なのだ。
ところが倉吉の駅前には、これといったレストランもなけれれば、私が求めているような喫茶店を見つけれことができなかったのである…」と、

だが、
何日かして町になれてくると、
やはりそういう店があって、
僕は、
そこを拠点にして人脈を増やして、
定価10000円もする豪華本の本を完成させたのだった。
毎日言ったレストランなどは、
「今日は何が食べたい」
なんて、
メニューニにない料理をつくってくれたりして、
忘れられない思い出がいっぱいできたのだった。
懐かしいねぇ倉吉…
コロナが終ったら、
一度行ってみたいね…

江戸川区の小岩駅前のレトロな喫茶店でも、随分お世話になったし、
今はもうないけれど、
鷺の宮駅近くにあった「和カフェつゆくさ」さんも忘れられない喫茶店として心にやきついている。
フェイスブック、インスタグラム、
そのやり方を教えてくれたのが、そこのママさん。
今は、「豆しば書房」として、
電子書籍をつくってくれていて、
2月にペーパーバックにしてくれた
「写真集 般若心経」が、結構な人気になっているの…

「茶とあん」で聞いたちょっといい話

そして今は、
「茶とあん」(阿佐ヶ谷)
昨日、
おしるこ食べに立ち寄ったら
「あのね」
ママさんがそう言ってから
「80歳位の女性の方なんだけど、
若作りで、
とても素敵な方なの…
その人が言うのよ
わたし、
久振りにトキメイチャッタのって(笑い)
話を聞くと、
どこかのお店で、
素敵なカップルと会ったらしい。
男性の方は90歳位、
どうしてどうなったのかはわからないけれど、
その男性から
“あなたとならば、素敵な音楽会に一緒に行きたい”
そう、声をかけられたというのだ…」
いいねぇ…
ダンディな男性象が浮かび上がってくるよね(笑い)
そして、
そうか、
80歳になってもトキメクんだと…
いいねぇ、
やっぱり恋は若返りの媚薬
命のメディシンなのかも知れないと思ったのだった…

-discover, essei, life, Like the discovery, memory, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パキスタシス・ルテアの花言葉は「美しい娘」

演劇、朗読…、
やっぱり伊達じゃないね、何処に立ってもスッと溶け込んで、絵になるんだもの…
写真、やっぱり楽しいね…
花もいいけど、人物を動きの中でとらえていく撮影…
撮っているうちに、心と心がからみあって、シャッター音がキューとなって、お互いがノッテいくの
本当に楽しい。
久しぶりに燃えた楽しい休日だった…
僕はやっぱりカメラマンなんだな…
改めてそう思った。

賛否両論 ヘー お菓子も監修者をつけて作る時代なんだ

一度行ってみるかな
お任せコースで6900円位らしい
一日頑張って余分に働けば、
行けない値段ではなさそう…
まてよ、
こいうところ一人行ってもしゃーないから…ねぇ…
うん、
そうなると、
2日余分に働かなければならないね…
それにお茶代とか
スナックに行ってなんて考えていたら
やっぱり3日か…
こりゃ大変だ…
それにしても
面白いネーミングつけるよねぇ…
どんな店なのか
参考のためにも
ちょっと覗いてみたくなってしまった…
しかし しかし しかし…
誰を誘うかが問題だ…笑い

いいよねこのムード 大正ロマン なんとなくそんな雰囲気の喫茶店

「ロマン」とは、
19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動の『ロマン主義』が語源で
夏目漱石が「浪漫」という当て字をつけたといわれているらしい。
大正時代は、
鉄道や道路網の発達と交通手段の発展により都市化が進み、
印刷や電話、
録音や活動写真など
新しいメディアや技術が発展した時代で、
大正デモクラシーなど
民主運動も盛んに行われている。
大正ロマンの代表的な文学者として、
谷崎潤一郎や志賀直哉、
芥川龍之介などが挙げられる。
この時代の象徴として
竹久夢二や高畠華宵などが描く美人画があげられる
退廃的というけれど
モダンでとてもハイカラ…
この時代を僕は
そのように捉えているのだけれど…
閉鎖された江戸時代から西洋文化が一気に入ってきて
それが見事に融合して生まれた新しい時代の波
大正ロマンを僕はそのように捉えているのである

木の皮がつくるアート、今日のタイトルは「女が階段をあがる時」

昨日、僕の出版したペーパーバック(Kindleで出してアマゾンで売る、一冊からでも注文できる紙の本)を見たいという女性がいて、阿佐ヶ谷の「茶とアン」で、
その女性も、電子書籍「私の和菓子帖 まめしば書房編集)を出していて、本づくりの楽しさや写真の撮り方(苦労話など)とても楽しかった。

レモン何科の植物、それにしても大きなレモンだね

僕のイメージでは、檸檬は、ハイカラな果物で、お茶の水にレモンという画材屋さんがあり、そこは喫茶店にもなっていて、学生時代、そこでボーとするのが好きだったからかも知れない。
そう言えば、その近くにビリヤードがあって、四つ玉、よくやたな…
もう一つ、レモンで思い出した。
マンションのすぐ近くに「レモンの木」という喫茶店があったのだが、
そこの看板、大きな字で左から「レモン」と書いてあって、僕にはどうしても、「ンモレの木」としか読めなくて、
「ンモレの木」とは面白名前だなと思っていたのだが、ある時、角度を変えてみて、「ああ、レモンの木」かと(笑い)

レモンは、ミカン科ミカン属の柑橘類、酸っぱい爽やかさが美味しいよね、大好き。だって、サルサソースには欠かせない材料だもの

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます