discover essei life Like the discovery memory mind  photo

ジャムが美味しいと評判のカフェ 武蔵関公園近くの喫茶店

投稿日:

お洒落だよね 素敵な雰囲気のカフェ

残念ながら、この日は休みだったの。
でもね、
あまりにも素敵だったので、
1枚撮らさせてもらったの。
一緒に行った女性の話では
ここのジャムは特別美味しいらしい…

喫茶店、随分お世話になったねぇ…

どこの
あっちこっちの…
エー
だって
本当にあっちこっちだもの…(笑い)

喫茶店は井戸端会議の場所であり、最高のコミュニケーションの場所だったの…

今から何十年か前まで、
喫茶店は井戸端会議の場所であり、最高のコミュニケーションの場所だったの…
だから僕は
地方に取材に行くと、
その町の古い喫茶店を探し出してね、
そこでいろいろと情報を収集してから、
これからの行動を考えていたの…
だって、
古い昔からある喫茶店には常連さんがいて、
その町の中心人物がそこに集まってくるから、
情報の収集や、
人を紹介してもらうのに、
とても都合がよかったの…

忘れられない倉吉の街

特に鳥取県の「倉吉」に3か月滞在して作った
「倉吉・東伯今昔写真帳」(郷土出版)の取材は
その賜物だった。
しかし
初めて行った時には、
喫茶店の1軒も見つけることができなくて
狼狽えてしまったの
だから
その本のあとがきに僕は書いているの

「一体この町はどうなっているんだ」
倉吉に入って、それが最初に発した言葉だった。
知らない土地に行った時、まず最初に私がすることは、
駅前の適当な喫茶店を探し出すことである。
喫茶店は人の沢山集まるところ。
地元に古くからある喫茶店は、情報収集には恰好の場所なのだ。
ところが倉吉の駅前には、これといったレストランもなけれれば、私が求めているような喫茶店を見つけれことができなかったのである…」と、

だが、
何日かして町になれてくると、
やはりそういう店があって、
僕は、
そこを拠点にして人脈を増やして、
定価10000円もする豪華本の本を完成させたのだった。
毎日言ったレストランなどは、
「今日は何が食べたい」
なんて、
メニューニにない料理をつくってくれたりして、
忘れられない思い出がいっぱいできたのだった。
懐かしいねぇ倉吉…
コロナが終ったら、
一度行ってみたいね…

江戸川区の小岩駅前のレトロな喫茶店でも、随分お世話になったし、
今はもうないけれど、
鷺の宮駅近くにあった「和カフェつゆくさ」さんも忘れられない喫茶店として心にやきついている。
フェイスブック、インスタグラム、
そのやり方を教えてくれたのが、そこのママさん。
今は、「豆しば書房」として、
電子書籍をつくってくれていて、
2月にペーパーバックにしてくれた
「写真集 般若心経」が、結構な人気になっているの…

「茶とあん」で聞いたちょっといい話

そして今は、
「茶とあん」(阿佐ヶ谷)
昨日、
おしるこ食べに立ち寄ったら
「あのね」
ママさんがそう言ってから
「80歳位の女性の方なんだけど、
若作りで、
とても素敵な方なの…
その人が言うのよ
わたし、
久振りにトキメイチャッタのって(笑い)
話を聞くと、
どこかのお店で、
素敵なカップルと会ったらしい。
男性の方は90歳位、
どうしてどうなったのかはわからないけれど、
その男性から
“あなたとならば、素敵な音楽会に一緒に行きたい”
そう、声をかけられたというのだ…」
いいねぇ…
ダンディな男性象が浮かび上がってくるよね(笑い)
そして、
そうか、
80歳になってもトキメクんだと…
いいねぇ、
やっぱり恋は若返りの媚薬
命のメディシンなのかも知れないと思ったのだった…

-discover, essei, life, Like the discovery, memory, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホゲーム「放置少女」に挑戦 でもこれどうするの さっぱりわからない

新しい文化はすぐには理解できない高齢者
今の人は
物心ついた時からタブレットに触っているから
「スマホゲーム」とはなんていうの、
説明しなくても分かるのだろうが、
高齢者には
やはり理屈が必要なのである。
でも、
こうして遊んでいれば呆け防止にもなるし…
時にこういうセクシーな女の子と遊ぶのも悪くはないよね(笑い)
やっぱりこれは慣れるしかんはさそうだね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ ただ一緒にいればいい

昨日 夜、
ちょっとお腹が空いたので、
インスタントラーメンを買ったのはいいが、
電気ポットの電熱部分
どこに入れたのか分からなくて…
さっき
「とりあえずで入れた箱」の中を漁っていたらそこに…
お腹すくと、なかなか眠れないんだよんね(笑い)

染の小道 西武線中井駅そばの川、妙正寺川にかけられた反物

日本のシルクロード
八王子市には、近くに日本のシルクロード
(桐生から八王子の鑓水を通って横浜へいく道)
があって、
染色が盛んだったことは知っていたけれど、
新宿に染め物の町があったなんて、
今回
イベントを見るまで知らなかった
本物は無理にしても、
歴史はやっぱり、
伝えていかななければね…
つくづくそう思った。

今朝はお粥、レンチンで簡単、お米を研いで、適当に水をいれて、スイッチを入れるだけだから

拘りのお米に美しい広島菜のお漬物、これがいい
そのお粥に、届いたばかりの美しい広島菜を小さく刻んで乗せ、鰹節(今回は袋の底に残っていた屑)をパラパラと
そして最後に広島菜の漬物についていた「出汁醤油」をちょと挿しただけなんだけど、それがとっても美味しくて(笑い)

スマホカメラを愉しむ 昨日の仕事の場所、仕事はいろんなところに行かせてくれる、それが楽しい 

この水車
 江戸時代から、あるらしい…
残しておきたい日本の風景だよね…
こういう仕事場なら、すすんでいきたいよね…(笑い)
管理人のお姉さん
「ここには翡翠もくるのよ」
そういってスマホで撮った写真を見せてくれた
カメラがあればどこへ行っても愉しい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます