discover essei life Like the discovery memory mind  photo

ジャムが美味しいと評判のカフェ 武蔵関公園近くの喫茶店

投稿日:

お洒落だよね 素敵な雰囲気のカフェ

残念ながら、この日は休みだったの。
でもね、
あまりにも素敵だったので、
1枚撮らさせてもらったの。
一緒に行った女性の話では
ここのジャムは特別美味しいらしい…

喫茶店、随分お世話になったねぇ…

どこの
あっちこっちの…
エー
だって
本当にあっちこっちだもの…(笑い)

喫茶店は井戸端会議の場所であり、最高のコミュニケーションの場所だったの…

今から何十年か前まで、
喫茶店は井戸端会議の場所であり、最高のコミュニケーションの場所だったの…
だから僕は
地方に取材に行くと、
その町の古い喫茶店を探し出してね、
そこでいろいろと情報を収集してから、
これからの行動を考えていたの…
だって、
古い昔からある喫茶店には常連さんがいて、
その町の中心人物がそこに集まってくるから、
情報の収集や、
人を紹介してもらうのに、
とても都合がよかったの…

忘れられない倉吉の街

特に鳥取県の「倉吉」に3か月滞在して作った
「倉吉・東伯今昔写真帳」(郷土出版)の取材は
その賜物だった。
しかし
初めて行った時には、
喫茶店の1軒も見つけることができなくて
狼狽えてしまったの
だから
その本のあとがきに僕は書いているの

「一体この町はどうなっているんだ」
倉吉に入って、それが最初に発した言葉だった。
知らない土地に行った時、まず最初に私がすることは、
駅前の適当な喫茶店を探し出すことである。
喫茶店は人の沢山集まるところ。
地元に古くからある喫茶店は、情報収集には恰好の場所なのだ。
ところが倉吉の駅前には、これといったレストランもなけれれば、私が求めているような喫茶店を見つけれことができなかったのである…」と、

だが、
何日かして町になれてくると、
やはりそういう店があって、
僕は、
そこを拠点にして人脈を増やして、
定価10000円もする豪華本の本を完成させたのだった。
毎日言ったレストランなどは、
「今日は何が食べたい」
なんて、
メニューニにない料理をつくってくれたりして、
忘れられない思い出がいっぱいできたのだった。
懐かしいねぇ倉吉…
コロナが終ったら、
一度行ってみたいね…

江戸川区の小岩駅前のレトロな喫茶店でも、随分お世話になったし、
今はもうないけれど、
鷺の宮駅近くにあった「和カフェつゆくさ」さんも忘れられない喫茶店として心にやきついている。
フェイスブック、インスタグラム、
そのやり方を教えてくれたのが、そこのママさん。
今は、「豆しば書房」として、
電子書籍をつくってくれていて、
2月にペーパーバックにしてくれた
「写真集 般若心経」が、結構な人気になっているの…

「茶とあん」で聞いたちょっといい話

そして今は、
「茶とあん」(阿佐ヶ谷)
昨日、
おしるこ食べに立ち寄ったら
「あのね」
ママさんがそう言ってから
「80歳位の女性の方なんだけど、
若作りで、
とても素敵な方なの…
その人が言うのよ
わたし、
久振りにトキメイチャッタのって(笑い)
話を聞くと、
どこかのお店で、
素敵なカップルと会ったらしい。
男性の方は90歳位、
どうしてどうなったのかはわからないけれど、
その男性から
“あなたとならば、素敵な音楽会に一緒に行きたい”
そう、声をかけられたというのだ…」
いいねぇ…
ダンディな男性象が浮かび上がってくるよね(笑い)
そして、
そうか、
80歳になってもトキメクんだと…
いいねぇ、
やっぱり恋は若返りの媚薬
命のメディシンなのかも知れないと思ったのだった…

-discover, essei, life, Like the discovery, memory, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンプルだけど重みがある 得体の知れない奥行がある ここには一つの宇宙がある…

もしかしてセラピーとはこういうこと
セラピー
そう、
これこそまさにセラピーだと、
その時気づいて
同時に作品には、
そういう効果があるんだということを初めて知ったのだった。
絵画を見て愉しみ
アランさんの「癒しの朗読山本周五郎」を聴いて
本質を見る事の大事さを教えられ
写真を見て瞑想を楽しむ
そうか
そうなんだ
今までは
音楽、
映画、
絵画
写真
日常の生活
「…」
それらを全て分離した宇宙の断片のように捉えていたけれど、
芸術と生活は密接につながっていて、
時にとてつもなく重大なメッセージを潜在意識に向けて送ってくれていたのだと思うと、
なるほどそうなのかと、
この写真を見ていてフトっと思ったのだった。

スマホカメラを愉しむ 私はスターよ なんとなくそんな感じ 

これは
スマホだから撮れた写真だな…
だって、スマホは軽いし
上下左右…
どうでも動かせるものね…
一眼レフだとファインダーを覗かなければならないから、
きっと、
このアングルでは撮れなかったね…
僕の撮影は常にそういう行き当たりばったりの撮影なのだけれど、
それが楽しくてね…
それにしても
こういう風景に出会うと嬉しくてねぇ…
コレクターとはそんなものだよね…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
秋は本当に素晴らしい…

倉敷、漆喰の白壁が印象的だが、瓦の屋根がいいんだよね

大原美術館の前を川が流れていて、その両岸が「美観地」で、観光地といて有名な「倉敷」である。
美術館の方から向かって、川の正面に「旅館倉敷」
その何件か右隣に昔(僕が20歳の頃だから、50年位前か)
「エナ」という、ハイカラな喫茶店があって、ちょっと変わったマスターだったけど、古いカメラをたくさん飾っていて、よく、その喫茶店に行っては、写真談義をしていた
(こんも店には、そういうアート系の人たちも随分来ていたし…)
しかし、数年前に行った時には、その喫茶店はもうなかった。

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはクレマチス 典型的な日の丸写真 僕はこの撮り方好きなの 

昔 週刊誌に書いた写真の撮り方のコピーが出てきた
昨日 
部屋を掃除していたら
昔週刊誌に連載した写真のとり方の原稿のファイルが出てきた。
一回分が800字のコラムで63回がファイリングされている。
ぺらぺらとめくって拾い読みしてみたら、
結構面白い
ただしこれは
フイルム時代のことだから
今とは感覚がちがっているのだけれど、
考えかたは結構参考になる
で思ったのが

フイルムカメラをデジタルスマホにしてリライトすれば面白いかもということだった。

マンツーマンで写真の指導、ダリア「プリンセス・ダイアナ」美しいねぇ…

「これ撮りたいと思ったのはなぜ」
「キレいだから」
「どこが…」
「ここ、この光線が」
「だったら、それ、いかにしたら、それが強調できるか、その場所を見つけるの。だから、コレという撮りたいものがあったら、どこから撮るかを考え、身体をそこに持っていくの、これをカメラポジションというんだけれどね、この見極めが命なの…」

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます