discover essei smartphone camera

スマホカメラで楽しむ 白モクレン の透明感のある白色、難しい 

投稿日:2022年3月26日 更新日:

ハクモクレンの太陽に透けて見える透明感のある白色…

それが撮影のポイントだったのだけれど、
難しい…
もともと僕は、
商業カメラマン志望だったの
しかし、
色、
センス、
繊細さ…
僕はそれが苦手で、
それで
ルポルタージュの方へ移ったの…

色 本当に難しいんだから…

例えば、
カーテンウォール
スタジオで撮るのだけれど、
フイルムのエマルジョン(製造ナンバー)を揃え、
ライティングを完成させて、
スライダックス(調光器)で、
キッチリメモリを合わせて
同じレンズ、
同じ露出で撮るのだけれど、
A、B、C…
微妙に色の出具合が変わってくるのである。
先輩たちは、
それが直観で分かるのか、
微妙に絞りを変化させているのだと思うが、
出来上がった写真は、
キチッと色が統一されているのだけれど、
僕のはバラバラ、
これではカタログに使えないよねぇ…

物の配置 見せ方 カメラアングル…無理と思ったねぇ

例えば料理
盛り付けが実にうまい
物撮りといって品物を撮るのでも、
配置、
見せ方(角度)
カメラの角度が全然違うの…
で、
「これは僕には無理」
そう思って商業写真は諦めたの…
その点、
雑誌のグラビアは、
自分の感性で通用する世界だったから…(笑い)
でもね、

スタジオ経験は今、活きてるよ…

スタジオ2年位はやっているから(笑い)
基本は知っているから
ストロボ撮影に徹して何とかやってはきたし…
(フリーのカメラマンは依頼されたらなんでも撮らなければならないから)
しかし、どうにも苦手意識があってね…
それで、
雑誌の仕事を中心にやってきたのだけれど、
時々、
スタジオ時代のことを思い出して、ね……

ハクモクレンの白い花を見た瞬間に

「ハクモクレンの白色と太陽に透けた透明感が勝負…」

そう思って撮ったのだけど、
思い通りには、
なかなかいかない…(笑い)
それでも、本人は
「スマホでこれだけ撮れれば十分」
と思ったりしているんだけどね…(笑い)
だって使うのはイメージだし、
頼まれたものではないし…
自分で
「よし」と思えばいいんだもんねぇ…
だから、
現役を退いて
(自然に仕事がなくなったんだけれど)
愉しんで写真が撮れるようになったの…
そうしたら、
写真を撮って
そこに雑文を載せるのが楽しくなってね…
それで電子書籍に目を向けたの…
電子書籍なら、自分でやればタダだしね…
版元(出版社)いらないし、
KindleのISBN(書籍コード)がついてAmazonで売れるので、
高いお金をかけて自費出版するよりはいいと、
僕は思っているの…

元編プロの代表取締役

僕の場合は、
編プロやってたから、
出版のノウハウはあるのだけれど、
最後の最後の電子書籍にするのが出来ないから「豆しば書房」さんにお願いしているのだけれど、
編集、
構成、
校正
デザイン
レイアウト…
キッチリとやってくれるし、
文章の乱れなんかも直してくれるし…
本当に助かる

ペーパーバックいいねぇ

電子書籍も最近はペーパーバックで
オンディマンド印刷だけど、
キレイに仕上がるし、
本当に本当に本当に…
いい時代が来たな━そう思って撮影を楽しんでいるのである。
今回のペーパーバック、
「写真集 般若心経」
(まめしば書房編集、構成、デザイン、レイアウト 校正)
カバンの中に入れといて
「これ出したばかりなの」
そう言って見せると、
みんなとても興味を持ってくれるの…
そう、
だから、
コミュニケーションツールとしても、
とても重宝してるの…
そんなことをしてたら、
「ホームページ作って」という話が来たりしてね…
やっぱり、
社会と関わっているとウキウキするよね…
こうなるとやっぱり時間が欲しいから
アドセンスの資格を活かしてと考えちゃうよね…
アドセンス
大体コツは分かってきた。
爆発するのは遠くはないと感じられるようになってきた。
少し、ネジを巻いて頑張ろう…

-discover, essei, smartphone camera

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンという名の水鳥 嘴が黄色なのが特徴とか

バンは「番」に「鳥」で「鷭」と書く
野鳥の一種で、
クイナ科の鳥らしい。
クイナは「水鶏」と書く。
英名で「Common Moorhen」
moorhenは沢地や荒地を指す
つまり、
沢地や荒地にすむ鶏という意味で、
別名を「waterhen」(水鶏)というのだとか
英名がついているということは、
イギリスの鳥なんだろうか…

運動靴、ズック、スニーカー、シューズ何か違いはあるのか

時代とともに、呼び名が変わるの面白いね…
パンプス ボトム…
古い世代の僕たちには無用の言葉だよね…笑い
しかし しかし しかし…
僕たちが子供の頃に履いていたアメゴム底の布製の靴
あれ結構好きだったけど…
安くていいよねあれ…
でもやっぱり、
高級スポーツシューズ、
その履き心地の良さは格別のもの…
だって、

疲れないもの…
脚から歳を取る(衰える)というが、
まさなまさにまさに━と感じるこの頃である。

スマホカメラで遊ぶ、今日のタイトルはサイケデリック

スマホカメラの魅力はなんといっても手軽さ便利さ
スマホで撮った葉っぱのなんでもないこの写真(アップした写真)を見ていると
フと、そんなことを思い出してね…
思えば、
その頃から、
無意識とか
瞑想とか
呼吸法とか、
心の内なる世界に意識が向けられて、
若者の間で東洋思想に憧れる人が増え、
それが(東洋思想、東洋哲学)表現のなかに入り込んできたように記憶しているんだけれど、
僕もミーハーだから、
すぐそれに感化されて、
易とか、
禅的思考に興味を持って、
そういう本を読み漁った
そんな記憶がある

唐室、道具はその時代の文化の象徴、その物語りを調べるのが楽しい

目次唐室、深大寺植物園の展示室で、撮ったものヘー、これ、発明品なんだ。情報、昔も今も江戸時代の園芸文化が伝わってくる使い方ヘー、凄い、丁寧なハウツーだと感心する。 唐室、深大寺植物園の展示室で、撮った …

コロナワクチン接種して2日目、接種した方の上腕が痛くて重い

得体の知れない不安の中で考えたことは
そういう時に何を考えていたかを思いだしてみたら、
「もし、コロナということになって、自宅で療養となったら、独り身の僕は、どうやって生活するんだろう」と言うことだった。

当たり前だよね、独り身で外出禁止になれば、買い物にも行けないし、僕のマンションはオフィース仕様だからお風呂もないし…
知り合いに電話して事情を説明しても、そんな恐ろしいところには、誰だって来たくないよね…

医療崩壊、軽く言ってるけれど、それは大変なことなんだ
元気な人は、そこまでのシュミレーションはしないと思うし、国会議員の人たちは、病院にスンナリ入れるからいいけどね、
力も金もない僕みたいな人は…だよねぇ。
しかし実際のところ、どうしたらいいんだろうねぇ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます