discover essei smartphone camera

スマホカメラで楽しむ 白モクレン の透明感のある白色、難しい 

投稿日:2022年3月26日 更新日:

ハクモクレンの太陽に透けて見える透明感のある白色…

それが撮影のポイントだったのだけれど、
難しい…
もともと僕は、
商業カメラマン志望だったの
しかし、
色、
センス、
繊細さ…
僕はそれが苦手で、
それで
ルポルタージュの方へ移ったの…

色 本当に難しいんだから…

例えば、
カーテンウォール
スタジオで撮るのだけれど、
フイルムのエマルジョン(製造ナンバー)を揃え、
ライティングを完成させて、
スライダックス(調光器)で、
キッチリメモリを合わせて
同じレンズ、
同じ露出で撮るのだけれど、
A、B、C…
微妙に色の出具合が変わってくるのである。
先輩たちは、
それが直観で分かるのか、
微妙に絞りを変化させているのだと思うが、
出来上がった写真は、
キチッと色が統一されているのだけれど、
僕のはバラバラ、
これではカタログに使えないよねぇ…

物の配置 見せ方 カメラアングル…無理と思ったねぇ

例えば料理
盛り付けが実にうまい
物撮りといって品物を撮るのでも、
配置、
見せ方(角度)
カメラの角度が全然違うの…
で、
「これは僕には無理」
そう思って商業写真は諦めたの…
その点、
雑誌のグラビアは、
自分の感性で通用する世界だったから…(笑い)
でもね、

スタジオ経験は今、活きてるよ…

スタジオ2年位はやっているから(笑い)
基本は知っているから
ストロボ撮影に徹して何とかやってはきたし…
(フリーのカメラマンは依頼されたらなんでも撮らなければならないから)
しかし、どうにも苦手意識があってね…
それで、
雑誌の仕事を中心にやってきたのだけれど、
時々、
スタジオ時代のことを思い出して、ね……

ハクモクレンの白い花を見た瞬間に

「ハクモクレンの白色と太陽に透けた透明感が勝負…」

そう思って撮ったのだけど、
思い通りには、
なかなかいかない…(笑い)
それでも、本人は
「スマホでこれだけ撮れれば十分」
と思ったりしているんだけどね…(笑い)
だって使うのはイメージだし、
頼まれたものではないし…
自分で
「よし」と思えばいいんだもんねぇ…
だから、
現役を退いて
(自然に仕事がなくなったんだけれど)
愉しんで写真が撮れるようになったの…
そうしたら、
写真を撮って
そこに雑文を載せるのが楽しくなってね…
それで電子書籍に目を向けたの…
電子書籍なら、自分でやればタダだしね…
版元(出版社)いらないし、
KindleのISBN(書籍コード)がついてAmazonで売れるので、
高いお金をかけて自費出版するよりはいいと、
僕は思っているの…

元編プロの代表取締役

僕の場合は、
編プロやってたから、
出版のノウハウはあるのだけれど、
最後の最後の電子書籍にするのが出来ないから「豆しば書房」さんにお願いしているのだけれど、
編集、
構成、
校正
デザイン
レイアウト…
キッチリとやってくれるし、
文章の乱れなんかも直してくれるし…
本当に助かる

ペーパーバックいいねぇ

電子書籍も最近はペーパーバックで
オンディマンド印刷だけど、
キレイに仕上がるし、
本当に本当に本当に…
いい時代が来たな━そう思って撮影を楽しんでいるのである。
今回のペーパーバック、
「写真集 般若心経」
(まめしば書房編集、構成、デザイン、レイアウト 校正)
カバンの中に入れといて
「これ出したばかりなの」
そう言って見せると、
みんなとても興味を持ってくれるの…
そう、
だから、
コミュニケーションツールとしても、
とても重宝してるの…
そんなことをしてたら、
「ホームページ作って」という話が来たりしてね…
やっぱり、
社会と関わっているとウキウキするよね…
こうなるとやっぱり時間が欲しいから
アドセンスの資格を活かしてと考えちゃうよね…
アドセンス
大体コツは分かってきた。
爆発するのは遠くはないと感じられるようになってきた。
少し、ネジを巻いて頑張ろう…

-discover, essei, smartphone camera

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

正月 静かだなぁ、好きだなぁ、この雰囲気

いいねぇ、思い出話を肴に飲む酒…
料理に堪能し、酒を堪能し、思い出話に花を咲かせる…
これこそまさに、高齢になったこらこその楽しみであり、味わい…
そうだ、今年は、思いっきり高齢を楽しもう…
そう、たった一度の人生だものねぇ、楽しまなくて何が人生か…だよね(笑い)

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

思いつき料理を愉しむ 広島菜 パスタと合わせ 粉チーズ これ美味い

パスタと言えばエピソードがある
もう随分昔の話である
なんで東京駅だったのかは忘れたけれど
仕事のパートナーの女性とレストランへ
で、
僕はイカ墨スパゲッティーを注文した。
そして出てくると早速
一口 食べて
何これ…
ウエーターを呼んで
「これちょっと食べてみて これお金がとれるもの…」
そう言って食べてもらったところ
お皿をサッと引き上げて
暫くしてから
「スミマセン 確認したところ、お塩を入れ忘れたといくこで、
スミマセンすぐ作りなおします」と
それを聞いて
「イヤ もう結構」
そう言って出たのだが
パートナーの女性が言った
「こんな処でイカ墨を頼むことが間違っている…」
だって、
キレイな立派なレストランだし…と僕

江戸川区の名所荒川ロックゲート この写真は貴重なの。だってこのアングルから撮っているのは、僕とどこかの新聞社のカメラマン二人だとて思うから

ロックゲート(閘門)は水位の違う二つの川を船が行き来することができるようにするためのもの
水位の高い荒川と旧中川の最大差は約3.1メートル
荒川(前扉)と旧中川(後扉)
いずれかから船が入ると
両ゲートを閉じて
ゲート間の水位を調整した後
運航方向の扉を開けて船を出す。

この閘門 日本で最速の船のエレベーターといわれていたのだが…

通行可能な船の大きさは
最大長55m
大幅12m
最大高45m
江戸川区小松川
ロックゲートの後ろに左右(南北)に流れるのが荒川

これ、2009年に出した本だから相当古い
風景 多少変わっているかも知れない
それにしても、
たまにこうしてデーター耕さなければ駄目だね
探せばお宝の写真いっぱいあるはずだから…

甲斐路来て 仲良き人に 御裾分け 人の喜ぶ顔っていいよね… 

やっぱり親しき仲にも礼儀ありだから…
しかしいくら僕でも
葡萄貰って
「ありがとう じゃぁ」と言って帰る程の厚顔ではないので
陳列された商品をパーと見て
超小型の折り畳み式の傘
(まだタブがついている)
を3本
(全てのバックに入れとこうと思って)
と、
箱入りのブランド品のハンケチ(5箱)
ポリの袋に入ったバンダナ(3枚)
表がペーズリー模様で裏が黒のカシミヤのマフラー
(箱入り)
その他何点か買って
(合計金額1500円)
奥に作られたテーブルに行くと、
葡萄が山盛りしてあったので、
それをひと房もらって食べ、
お茶とおにぎりをもらったので、
それを食べて帰ったのだが、

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます