discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 求めなくてもいい 悟りは向こうからやってくる

投稿日:

僕は、ちょっと宗教がかっているのかなぁ、
この絵をみると、そんなように見えるんだよねぇ

どこが、
真ん中のちょっと赤い芽の部分
二人 僧侶がいて
右側の僧侶が左の僧侶に向かって、
そんな風に諭しているように見えるんだけど…

これは思い込みの世界

どういうことか、
多分おそらく
「求めても 探しているものなんてすぐには見つかりはしない」
しかし、
なぜか
どうしてか分からないけれど
ある日突然
「あれ、もしかして…」
そんな風にして向こうからやってくることがあるの
そう、
たまたま街を歩いていて
偶然会った旧知の友が教えてくれたり…
古本屋の棚をみていたら
本のタイトルから
「もしかして」と思ったりしてね…
まさに
本当にふいに、
変なところで、
探していた答えと出会う
つまり、
向こうからやってくることがままあるのである

僕にはそういう偶然に助けられた経験がたくさんあって
いつのまにか、
その現象を量子力学と思い込み、
心で思っていたことが、
熟して形として現れたと思ったのである。

後に アルキメデスのエピソードで、そのあやふやな答えに対して確信を(笑い)

「ユーレカ」というのを何かの本で見つけて、
そうそうこれこれと思ったりしたので
簡単に紹介を

アルキメデスは王様から金の王冠の体積を計れと言われ、
複雑の形をした王冠の体積をいったい、
どうやって計ったらいいんだと考えた…
しかし、
幾ら考えても妙案がない。
無理、無理無理…
アルキメデスは諦めた
諦めtら風呂に入りたくなった
アルキメデスは服を脱いで風呂に入った
すると、
風呂桶にいっぱいに張った水が溢れた
そう自分の体積で水位が上がってお湯があふれたのである。
その現象をみて
「もしかしたら…」
あるキメですは考えた
「これだ」
アルキメデスの頭に体積を計る妙案が浮かんだ
これがアルキメデスの原理というものなのだそう

アルキメデスは思わず
「ユーレカ」と叫んで
裸のまま街中へ飛び出したと、
かくしてアルキメデスは
ストリーキングの第一号となったというエピソードなのだが、
まさにまさにまさに…
こんな風にして、
探しているものが、
現れるのである
しかし、
この、
ちょっとした何かを感じ取るためには
アンテナの感度をかなり上げておかなければならない
それを教えてくれたのは
赤瀬川原平氏を中心にして作った
「路上観察学」だった。
そう、
カメラを持って街にであて
「おや まぁ、ヘー」を撮る学会というのをつくって本も出しているの
見ようみまねで僕それもやってたの、
花や植物の中で、
いろんな物語を見つけるのも、
それが変形したものなんだけど、
そういうことをやっていると、
いつのまにか
精度があがって発見がしやすくなってきたの…

僕がやっている
スマホカメラを愉しむ写真術も、
いわばその延長線上のもの
つまり、
こういうことをして遊んでいると、
偶然の発見が増えてくるわけ…

セレンディピティー
偶然の発見
一時期その原理を取得しようと
一生懸命本を読み漁ったが
結局は何も掴めなかったのだが、
今気が付けば
なんのことはない…
スマホカメラを持って、
散歩楽しみながら、
「オヤ マー ヘー」を…
なんと、それが…
ハハハ…
そう、
それが発見する感度を上げていたんだねきっと

気が付いたんだけど、
これは嬉しい発見だった
ハハ…
今日もまた
何を書いているのかよく分らない記事になってしまった…
フィーリング
ハハハ…
感じとして何かが伝わってくれれば幸いと思いつつ…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井風(ミュージシャン)凄いんだってねぇ、岡山なんだってねぇ

二人の女性、藤井君にもう、無我夢中
へー、そりゃ凄い。
そういうと、
「恰好いいのよ藤井風君、イケメンで身長は180位あるのかなぁ、ピアノがうまくて、詩がよくて、歌がとってもいいの、で、詩にも喋りも岡山弁丸出しで、ワシャーノー、なんていう言葉もどんどん出てくるんだけれど、リズムがいいし、歌がいいし、曲がいいからうまく溶け込んで、とにかく恰好いいのよ…」
熱弁で、二人の女性にまくしたてられ、ユーチューブを見せられ、ボリュームを上げて聞かされると、見ないわけにはいかないよねぇ(笑い)

江戸川区の名所荒川ロックゲート この写真は貴重なの。だってこのアングルから撮っているのは、僕とどこかの新聞社のカメラマン二人だとて思うから

ロックゲート(閘門)は水位の違う二つの川を船が行き来することができるようにするためのもの
水位の高い荒川と旧中川の最大差は約3.1メートル
荒川(前扉)と旧中川(後扉)
いずれかから船が入ると
両ゲートを閉じて
ゲート間の水位を調整した後
運航方向の扉を開けて船を出す。

この閘門 日本で最速の船のエレベーターといわれていたのだが…

通行可能な船の大きさは
最大長55m
大幅12m
最大高45m
江戸川区小松川
ロックゲートの後ろに左右(南北)に流れるのが荒川

これ、2009年に出した本だから相当古い
風景 多少変わっているかも知れない
それにしても、
たまにこうしてデーター耕さなければ駄目だね
探せばお宝の写真いっぱいあるはずだから…

思いつき料理 簡単美味しいヤモメ料理

ヤモメ料理いいねそのネーミング気に入った
卵料理
時間がない時には本当に便利
ハハハ
もしかしてこれって、
ヤモメ料理…
アッこれいいね…
「簡単美味しいヤモメ料理」
よしこれでいこう

望遠レンズを愉しむ なんとなくふんわりはんなり春のどか

人が言うボロンチョン
それが僕は好きなの
僕が玩具といっているこのカメラ
そのの紹介記事や書き込みをみると、
本当にボロンチョンなんだけど、
僕はそこに魅力を感じて愛用しているのである

写真を愉しむ 辛夷、この花には夢と希望がある。だって、春を告げる花だもの

忘れ得ぬ人々、
ブログでもいいから、やってみたいね、
この花を見ていたら、つい、そんなことを思ったのだった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます