discover essei

椎茸、ピーマン、チンすれば、ハイできあがり、とっても美味しい

投稿日:

椎茸、ピーマンをチンしただけ。貧しいね、だけど、美味しいの

昨日は休み、
「相談なんですが」
そう言われて休み。
今週はだから、昨日(水曜日)休んで、木、土と仕事することになったの。
70を超えると、連休にしないと何もできないんだけれど、相手があることだからしょうがないよね…
だから、昨日は、お皿貰ったからムリムリ使ってみたというわけなの(笑い)

お皿…

2枚しか持ってなかったのに、落として割れて…
一枚じゃぁ、写真撮るのに大変だから、知り合いに声かけたらいろいろと…。
貧しさと年寄りを看板にすると、何を言っても通用するから便利がいいね(笑い)

恰好を気にしなくていいというのは、本当に楽だね(笑い)

それでも、料理の写真見せると
「おいしそう」とみんなが言ってくれるから、それが嬉しくて、思いついた簡単料理をこうしてアップしているのだけれど、野菜ばかりだね(笑い)

そうなんだけど、仕方ないんだよ

なんせ、ここは、事務所用のマンションだから台所が狭いし、
ガスはなく電気だから、火がすぐに消えないので危ないから、グリルの電気切ってもらってるの。だから、電子レンジしか調理するものがないの(笑い)
だから、魚とかはね…、
ワンルームだし、臭うの嫌だしね…
野菜中心になっちゃうのは、そういうことなんだけれど、
でも、考えようだね…
エッ、何が…

不便さがあるからアイディアが生まれるということ

確かに、「必要は発明の母」というからねぇ…
ハハハ、楽しいよ、何もない環境で何かを作り出すこと、
お金がないから、コンピュータに向かっていろいろとね…
書くためには調べなくてはならない。
調べてかけば、知識が溜まる。
人と会って話せば、それらが自然、口から出る。
話せば、みんな聞いてくれるので、友達も増えていく…
一人でいるとやっぱり淋しいからねぇ(笑い)

ハハハ、まるで都会で暮らす仙人だな

週に何日か働いて、後はブログを書いたり、写真を撮ったり、人と会ったりして楽しく生きる…
気が付けば、こういうライフスタイルがいつの間にか出来上がっていたの、まるで仙人だね(笑い)
デラシネ、ボヘミアン…
いいね、年をとって益々楽しくなってきた。

-discover, essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 好きだなぁ 大正ロマンのこの香り 銀座シチュウの老舗専門店

想像で自分の好みのライフスタイルをつくっていく…
これいい…
これこそ究極の遊だよね…(笑い)

思いつき料理を愉しむ 懐かしい鯛の塩焼き潮汁 生まれ育った岡山の味

鯛茶漬け
本当は
お刺身でするのだけれど
今回はなかったので、
塩焼きをご飯に乗せ
ワサビを溶き、
お茶をかけて食べたのだけれど、…
満足
とっても美味しかった
すぐきの漬物
小倉屋の塩昆布があったら最高だったね…(笑い)
時にこうして故郷の味を愉しむのもいいね…
「故郷は遠きにありて思うもの」なんてね…

スマホカメラを愉しむ そうか 宇宙人 初めて見たよ 宇宙ってどこ

昨日は合気道の先生の話が面白くてねぇ…
中村天風(思想家 武道家…医者…)とも知り合いで、
昨日はその根本の呼吸法の話
「呼吸法を極めれば
量子力学とも融合して思いはもちろん
体を浮かすことだって
思い通りになると…」
「OHこれは僕の最も知りたいところ…」
思いつくままの僕の質問に対して
「ああそれはこう」と見事に…
東京大学でも教えていたらしい…
そうしたら
一緒にいた声楽の先生もウンと頷いて
声を出す時の呼吸法
イメージなどを披露してくれたの

スマホカメラを愉しむ 切ないね 黄昏頃の冬景色 黄昏の独特の光りの彩が出したかったんだけど… 

頭の中にある」企画
「遊びせんとや」(写真と575で)
「現代の中で生きている宗教用語」
(例えば挨拶などを写真+エッセイで)
「写真で作る絵本」(ブッシュの森の仲間たち)
「枯葉のシリーズ」
「ミュージカル」(花の写真で)
やりたいことはいっぱいあるのだけれど
なかなか整理ができなくて…(笑い)
でもね、
こんなことを考えているのが楽しいの…
夢 希望…
幾つになっても本当に楽しい…

スマホカメラを楽しむ 今日の花はチエリーセイジ 会話する花 なんとなくそんなイメージ 

この写真から連想している僕のイメージは
ユーチューブの
「癒しの朗読」
「山本周五郎」(読み手アリア)
スッカリこれにはまっていてね、
時間があれば聞いているの…
語り手のアリアさんは女性(若くはないと思う)なんだけど、
落ち着いた低い声で声色も時折変えたりたりして
実にうまいの
そう、
聴いていると物語りが映像となって映画のように見えるの
ストーリは
正道
義理人情
男と女の心模様…
それをからめた難題の物語が深刻な方向へと流れていくのだが
最後の最後
「おお そうしたか」
という方向に転じて
なる程と感心させられると同時に
泣かされるんだけれど、
そのストーリーの組み立てが絶妙で、
1つ終わるとまた一つと聞くのだが、
本当にうまい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます