discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ あら私撮らないのと花が呼ぶ 雨上がりの春の夕暮れ

投稿日:

花と枝ぶりと背景の板塀のコンポジションが楽しくて

昨日 

ある人から電話があって
久々
本を5冊届けたの
もう
10年も前に出した本なんだけど、
年に30冊くらいかな…
嬉しいよねぇ…
そういう意味ではロングセラーだな…(笑い)

道草は楽しい

その帰り
フラフラと歩いていたらこの花が…
グーグルのレンズアプリで調べると…
出てきた解答は
「バターカップの木」
キンポウゲ
ウマノアシガタ
と出てくるのだけれど、
よく分らないので名前はやめた…
そうすると575
ちょっと困っちゃってね…
で、
575は諦めて思いつくままに作ったのが

あら撮らないのと花が呼ぶ
雨あがりの春の夕暮れ

ハハハ…
こんなのでも 
写真の横につけるとねぇ…(笑い)

帰り、
御苑前のマンションの近くにある
日本蕎麦屋のカレーが食べたくなって…

なんとも懐かしいカレーなの

生卵をポンと落してね…
そう、
昭和
しかも僕が高校の学食で食べていたような…
でも美味しいの…
ついでに書くと
この蕎麦屋のラーメンがまた美味しくてねぇ…
これも
いっぱいが30円の頃のラーメン
そんな感じなのだけれど、
郷愁に誘われて時々いくの…
でもでもでも、
本当に美味しいの…
僕にはやっぱり、
現代的なお洒落なカレーやラーメンよりも
昔ながらのものがいいみたい…(笑い)

今日は久し振りに仕事

休みもいいけど、
やっぱり
「忙中閑あり」がいいよね…
今日も愉し
明日も愉し…
いいねぇ…(笑い)
ちょっとした緊張感…
これがいいんだよねぇ…

 

 

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 青葉に浮かぶ石楠花鮮やか

青葉に浮かぶ石楠花鮮やか

葉山で撮った写真。カメラはハッセルブラッド、フイルムやっぱりいいねぇ

先生が走ったら僕も走らないわけにはいかない。
ダーと走って、3枚シャッターを切った。
横を見ると、先生がちょっと小高い所からおりてきて
「久保君、やっぱり列車は前から撮らなきゃだめだよねぇ」と、
どうやら、間に合わなかったらしい…
その時だった
「久保君、君に僕がドイツに留学している時に買ったカメラをあげよう。同じアングルでカラーとシロクロが撮れるカメラなの」と、
それを聞いて、ハッセルだなと判断したので
「先生、もしかしてハッセルブラッド」
そう聞くと
「そうハッセル、重くてもう使わないから」と。

写真を愉しむ 砂漠に咲く美しい華デニューム・オベスムは、砂漠のバラと呼ばれている

沙漠かぁ 懐かしいなぁ、遠い昔の思い出…
忘れえぬ体験…
この花をみて、つい思い出してしまった。

スマホカメラを愉しむ ほのぼのと 心和らぐ暖炉の火

武蔵野
いいよねぇ…
この言葉の響き…
そして木立…
雑木林…
なんとも言えない風情がある
スマホを首にぶらさげて、
軽装でノンビリと花を見たり鳥を見たり風景を楽しんだりしながら
ゆっくりと公園を楽しんで、
暖炉のある蕎麦屋で
蕎麦を肴に熱燗を愉しみ
深大寺門のバス停まで門前町をフラリフラリと歩くの
これってもしかして、
結構贅沢な遊びかもね…(笑い)

写真を愉しむ 枝垂れ咲く紫の藤その色香

俳句の先輩に言われるの
「おしい それが残念…」
「着眼点はいいのよねぇ…」
どうやら、そこから一捻りするらしい
つまり、
苦しみを愉しみ、そして出す時には、
苦しみの跡は消しゴムで消して出せということらしい
そして僕には、それが足りまいらしい
しゃーないね、性格だから…
僕には苦しみは似合わないなんてね…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます