discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 新春の 演出楽し 庭造り

投稿日:

しっとりと落ち着いて楽しませてくれるウインドウ

神代植物園の展示場の入り口にあるウインドウ
ガラス越の撮影なんだけど…
牡丹と藁でるくった、
なんていうんだろう
「わらばっち」(便利がいいね検索)というのだそう
そして灯篭と
雰囲気としては雪国の風景だけど、
いいねぇ…

俳句できたらいいよねぇ…

しっとりと落ち着いて
それでいて艶やかで…
こんなの見ていると
俳句できたらいいなと思う
しかし
僕には無理だから
思いつきを575の数合わせで…(笑い)
新春の 演出楽し にわづくり(なんてね)
ハハハ
感じたものをそのままに
でも
写真と組み合わせると、
なんとなく様になったようになるから面白いね…
そう、
新しいスマホで
マニュアル撮影のできるアプリで

スマホカメラいいんだけど、持った時の安定が悪い

手持ちで撮るにはなんとなく不安定
(カメラが安定しない)
なので、
昨日100円ショップに行って、
スマホを挟んで留めて、
三脚をつけるネジ穴があるホルダーを買い、
小さな三脚
(ニコンの小さな三脚)
をつけてところ、
グイと握れて 安定感が凄くよくなったので、
それで今日は楽しんでみようと思ってね…

やっぱり カメラ多少の重さと安定感は大事だよね

重さと握り易さというのはは大事なポイントなんだよね
ブレると
せっかく撮ってもなんにもならないものねぇ…
道具の開発
開発ったて
あるものを組み合わせて自分流の使い易さを求めるだけなんだけど
それも結構好きなの…
だからクローズアップするために、
ジャンクショップに行って安いレンズ(300円位の)を買ってきて、
虫メガネになるレンズを取り出して、
それをカメラのレンズの前にい手持ちで着けたりしてね…
なんでもない玩具みたいなものでもあると重宝するけど、
ないと非常に困るんだよね…
そう言えば
料理を作って撮る時なんかは
四角い消しゴムがとても役立つの
エッと思うかも知れないけれど、
微妙な高さの調節にはとても大事なの
場合によってはカッターナイフで切ることもできるしね…
そんなこんなで机の上にはガラクタが氾濫してるから
なかなか片づかないんだよねぇ…(笑い)

撮って書いて出版する いい時代になったよねぇ

これまでに
電子書籍(Kindleのペーパーバック)を2冊
「写真集般若心経(編集・出版まめしば書房)と
「そら空宇宙(感じる心を育むために 編集・出版まめしば書房
を出しているが
21cm×15cm位の大きさなら
スマホの写真で充分というのを経験として知ってるから、
余程のことがない限りは
重いカメラを持ち出すことはなくなってしまった
年寄りには重いカメラをぶら下げての長時間の煌々は堪えるからねぇ…(笑い)
それにしても面白い時代がきたよねぇ
スマホで撮った写真に575でも一行のフレーズでもつけて
自分で作った本がAmazonで売れるんだもの
しかもその本は
ISBN(出版流通コード)がついた本(ISBNがないものは本とはいわないの)なんだから…
まさにそれは究極の遊び…
本当に楽しい…
多いに楽しまなくてはね…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フルーツトマト甘くてフルーティーで爽やかな酸っぱさがあってとっても美味しい

エッ料理
もったいない…
美味しいものはストレートで食べたほうが絶対に美味しいもの…(笑い)
僕は岡山生まれの岡山育ちだから、
瀬戸内海の魚が好きなのだけれど、
さしみはやっぱり
「鰆」(サワラ)が一番だしね…
しかし、
鰆という魚、
刺身で食べるのは岡山県人だけなんだってねぇ…
たまたまテレビを見ていて知ったのだけれど驚いてしまった(笑い)
ところが
新宿駅の西口から新線京王線へ抜ける地下街にすし屋(立ち食い)があって
たまたま入ったらなんと、
鰆の握りが
食べるとやっぱりお美味しい
どの位用意していたのかは知らないけれど
「一人で食べてしまた」
そう言って笑われたことがあった…

銀杏と栗が届いた さて何を 栗ご飯よし茶碗蒸しも 秋の味覚堪能だね 

とっても魅力的なスーパーガール
昨日 合唱に行ったら
90歳のご婦人、
この人はイタリアに長く暮らしていて画家であり俳句の会を主宰していて日本舞踊もやり、
イタリア語も教えているスーパーガールなんだけど
顔を見るなり
「あなた いくら電話しても出ないんだけどどうなってるの」と
言われた瞬間
アッと思って
「ああ、あれは先生だったの、
ごめん、僕は知らない電話にはでないので…」
そういうと、
「それじゃ役にたたない」と言って怒られたのだけれど、
そうか、
若い人ならSMSでメッセージが来るけれど、
90歳ではいくらスーパーガールでもだよね…
「ところで何か…」と尋ねると、
「毎月第二土曜日の夕方から 社会でいろいろ活躍した人が前職を忘れて軽く飲みながらお喋りをする会を我が家でやってるのだけれど、あなた、それにいらっしゃい、あなた面白いからそれに招待しようと思って…」
ありがとうございます。
「第二土曜日の夕方ですね 
了解しました喜んで行かさせていただきます」と
年齢に関係なく、
こうして目をかけて下さるの、嬉しいねぇ…

思いつき料理を愉しむ 広島菜 パスタと合わせ 粉チーズ これ美味い

パスタと言えばエピソードがある
もう随分昔の話である
なんで東京駅だったのかは忘れたけれど
仕事のパートナーの女性とレストランへ
で、
僕はイカ墨スパゲッティーを注文した。
そして出てくると早速
一口 食べて
何これ…
ウエーターを呼んで
「これちょっと食べてみて これお金がとれるもの…」
そう言って食べてもらったところ
お皿をサッと引き上げて
暫くしてから
「スミマセン 確認したところ、お塩を入れ忘れたといくこで、
スミマセンすぐ作りなおします」と
それを聞いて
「イヤ もう結構」
そう言って出たのだが
パートナーの女性が言った
「こんな処でイカ墨を頼むことが間違っている…」
だって、
キレイな立派なレストランだし…と僕

スマホカメラを愉しむ 妖し色 牡丹の花のその色香

今や習慣になってしまった毎朝のこの行事
連続投稿300回をすでに候えてもうすぐ一年…
それがどうした…
なんだけど
なんとなく嬉しい
だって毎日継続して何かをやることって今までなかったもの…
撮って書いて…
それだけのことだけど、
今や歓びになっているの…
内容なんか問題ではない…
やることに継続することに意味があるのだ…
(どういう意味かわからないけど)
…(笑い)

飯テロ、面白い言葉つくるよね、でもこれ本当に美味しいんだから

オニオングラタンスープ、確かに衝撃的だった
しかし、しかししかし、「チキンラーメンのぶっこみ飯」も、僕にとっては衝撃的食べ物で、食べた瞬間に、
「これにゴルゴンゾーラを入れたらさらに美味しくなる」と直感したの。
で、やってみたらまさに、まさにで、その時、たまたま広島菜の漬物があったから、小さく刻んでトッピングしたら、これがまた抜群で、お腹をもうちょっと満たすためにお餅を入れたら、究極になって、それをブログに書いたら、友達の女性ライターがそれを見て『あれ、毎日食べてます』なんてメールが来たりして…」
よく行く喫茶店で顔なじみの人に、そんな話をしてたら
「それはまさに飯テロ」と、しかしおの言葉、僕はそれを知らなかったので
「ダイエットしたりいている人に食欲をそそるようなことを言うこと」と、

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます