phone

0362585454は通信回線系サービスの取り扱い業者からの電話だった。

投稿日:2022年7月4日 更新日:

03‐6258‐5454 あれ、この番号何

電話がなって知らないところからの電話
出ていいものなのかどうなのか迷ってしまうよね、
しかし最近は
オレオレ詐欺が多発する関係から
「知らない電話には出ないように」と警察が言っているので、
僕も、
着信履歴からどこからかかって来た電話かを確認してから対応することにしてるの
だって、
今は電話番号をコピペして検索窓に貼り付ければ
大抵のことは分かるから…
そういう意味では便利がいいよねスマホ

03‐6258‐5454どこからかかって来た電話か?

調べたら
「インタネット回線の乗り換え・契約変更を勧める内容の着信でした」という書き込みが
そしてさらに
「上記番号において短期間で持ち主が変更されてしまう可能性や
同一番号を複数業種の営業活動に利用しているといった可能性もゼロではありません」とも。

「営業「ダメ電話」として登録しておけばとりあえず安心

僕はこういう電話は全て
「営業ダメ電話」
として電話帳に登録することにしてるの
そうしておけば
かかってきた時に
「営業ダメ」というのが分かるから、
すぐ切れるから
中には切っても
すぐかけなおしてく來るのもいるけれど
何回かけて来ても同じだよね
出てはいけない電話になっているのだから…(笑い)

転送電話の人はこういう電話特に多いかも

僕の電話は
事務所(会社)の電話がまだ生きており
そこにかかって来た電話をスマホに転送するようにしているから
余計に
そういう類(たぐい)の電話が多いのだと思うが
その都度
「ダメ電話」として登録するようにしていれば
次回からは出なくていいから助かるである。

それにしても多いね次から次にと本当に多いね

煩わしい…
でも中には 
とっても素晴らしい電話番号で
役所とか、
そういう所かと思うような番号があったりして
それが初めての番号だとつい出てしまうこともあるの…

しかし出て見ると
「不用品買取業者」だったりするんだけれど
最近はいい番号を持っている(なぜか)人が多くて困ってしまう…

知らない番号の電話にはやっぱり直ぐには出ない方がいい

出るか出ないか
判断の付かないものも中にはあるが
一旦切って
検索してから対応するのがやっぱりいいと思う
ワン切りも相変わらず多いしね…
そして煩わしい電話は
電話帳にマークするのが今のところは効果的かも
お勧めです

まとめ
知らない電話番号にはすぐ出ない
迷惑電話は電話帳に登録して次回からに備える
ぜひやって見てください

 

 

 

 

-phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマは白黒写真 モデルは朗読をする劇団もっきりやの門岡瞳さん

劇団もっきりや
調べてみると
杉浦久幸さんと門岡瞳さんが二人で
「男と女の日常生活で起こる、
微妙な心理の駆け引きや恋愛形態を
よりシンプルに表現するためにたった二人だけの演劇活動を展開している」と
そして「もっきりや」の劇は
「私小説演劇」
と評されているらしい。
お問い合わせ先は
hitomi kadooka@nifty.com
こうして繋がる友達の輪
本当に素晴らしい…

スマホで楽しむ 花の写真 マンデヴィラ ブラジルのジャスミンといわれ人気の花とか

キレイな花には人の心を癒す力がある
「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
花を買ひ来て 妻としたしむ」(啄木)

その心情 
分る気がする
いいね
心の内を分かち合える人がいるって…
「花見ても
語り合える人の
いない淋しさよ」(雅督)
なんてね…(笑い)
しかししかししかし
高齢者
日銭稼ぎの警備員ではねぇ…(笑い)

古本屋、古書店、なんとなく惹かれて、つい立ち止まってしまう

今の時代、ネットで調べれば、ほとんどのことは出ているから、ありきたりのことをありきたりに書いても、なんの感動も与えないよね、
しかし、しかし、しかし、
見せ方、読ませ方を工夫すると、それはまた、楽しい世界になってくる(笑い)
古本屋には、こういう発見があって、とても楽しいのである

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると
例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その更新(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

スマホカメラで遊ぶ、今日の花は昼顔 ,僕はこの花に何を感じたのだろうか…

「昼顔」から飛んでもない方向の話になってしまったね…
でもこれでいいの、
何かの言葉から何かを連想して、
頭の中にあるものを書き出す…
僕は
これがブログの魅力だと思っているんだよね…
なぜなら
これが今
僕の意識の中に上がっている重用課題だと思うから…
そう、
僕は今、
直観ということに対して非常に興味を持っていて、
その答えを探している最中なのである…
だから僕にとって
ブログは、
ブレスト(自分一人の)でもあるのだから…
思ったことを書きだす、
早朝にこれをやると、
頭(気持ち)がとてもスッキリするの…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます