phone

0362585454は通信回線系サービスの取り扱い業者からの電話だった。

投稿日:2022年7月4日 更新日:

03‐6258‐5454 あれ、この番号何

電話がなって知らないところからの電話
出ていいものなのかどうなのか迷ってしまうよね、
しかし最近は
オレオレ詐欺が多発する関係から
「知らない電話には出ないように」と警察が言っているので、
僕も、
着信履歴からどこからかかって来た電話かを確認してから対応することにしてるの
だって、
今は電話番号をコピペして検索窓に貼り付ければ
大抵のことは分かるから…
そういう意味では便利がいいよねスマホ

03‐6258‐5454どこからかかって来た電話か?

調べたら
「インタネット回線の乗り換え・契約変更を勧める内容の着信でした」という書き込みが
そしてさらに
「上記番号において短期間で持ち主が変更されてしまう可能性や
同一番号を複数業種の営業活動に利用しているといった可能性もゼロではありません」とも。

「営業「ダメ電話」として登録しておけばとりあえず安心

僕はこういう電話は全て
「営業ダメ電話」
として電話帳に登録することにしてるの
そうしておけば
かかってきた時に
「営業ダメ」というのが分かるから、
すぐ切れるから
中には切っても
すぐかけなおしてく來るのもいるけれど
何回かけて来ても同じだよね
出てはいけない電話になっているのだから…(笑い)

転送電話の人はこういう電話特に多いかも

僕の電話は
事務所(会社)の電話がまだ生きており
そこにかかって来た電話をスマホに転送するようにしているから
余計に
そういう類(たぐい)の電話が多いのだと思うが
その都度
「ダメ電話」として登録するようにしていれば
次回からは出なくていいから助かるである。

それにしても多いね次から次にと本当に多いね

煩わしい…
でも中には 
とっても素晴らしい電話番号で
役所とか、
そういう所かと思うような番号があったりして
それが初めての番号だとつい出てしまうこともあるの…

しかし出て見ると
「不用品買取業者」だったりするんだけれど
最近はいい番号を持っている(なぜか)人が多くて困ってしまう…

知らない番号の電話にはやっぱり直ぐには出ない方がいい

出るか出ないか
判断の付かないものも中にはあるが
一旦切って
検索してから対応するのがやっぱりいいと思う
ワン切りも相変わらず多いしね…
そして煩わしい電話は
電話帳にマークするのが今のところは効果的かも
お勧めです

まとめ
知らない電話番号にはすぐ出ない
迷惑電話は電話帳に登録して次回からに備える
ぜひやって見てください

 

 

 

 

-phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマ 何なんだろう 「光と影のコンポジション」なんてね…

潜在意識が撮れ撮れと言ってきたので
素直にその声にしたがってシャッターをきったんだけど
絵としてなんとなく形になっていたのでアップしたの…

これまさに潜在意識とのコラボレーションだね…
で、何を書こうと写真を眺めていたら
指が勝手に動いて
「光と影のコンポジション」と…いうタイトルをつけていたの…(笑い)

チョコレートケーキ

日本でパティシエという言葉が使われるようになったのは2000年頃から、主に「スイーツ」や「デザート」を作る職人という意味で使われだしのだそうだが、映画やアニメに取り上げられて、広まって来たようだ。
しかし、和菓子職人はパティシエとはいわない。
当たり前だよね、一緒にされたくないよね、だって、技術、クリティーが全然違うもの。
和菓子職人のその技術は、それ自体文化であり、芸術であり、素晴らしい世界だもの…
なんか、チョコレートやらナマクリームを塗りたくっていりスイーツとは、全然ちがう、ハハハ、これは昭和生まれの僕の偏見か(笑い)
やっぱり、日本の職人の技術は素晴らしい、
やっぱり僕は、日本の文化こそ世界に誇れる文化だと思っているから…

スマホカメラで遊ぶ 今日のテーマはヘビイチゴ これ食べられるのかなぁ

俳句ではヘビイチゴは5月、初夏、夏の季語になっている。
アップした写真はスマホカメラで撮ったものなんだけれど
大型のモニターに映し出して見ていると
なんか野山にいるようで、
眺めていると、
なんとなくなんとなくいいんだよね…
マー僕が写真好きだし、
自分で撮った写真だしねぇ…
セラピーとしての効果があると感じているんだけどねぇ…(笑い)
五月雨に
濡れて可憐な
ヘビイチゴ
     雅督

なんてね…(笑い)

叙情詩と楽器で思いを語る いいねぇもしかしたらこれが今いう音楽、シンガーソングライターの原型?と思ったりしたのだけれど 

やっぱりライブいいねぇ…
とても楽しい
それにしても「茶とあん」
素晴らしい芸術劇場だね…
今回は特にキャパオーバーで、
他所からイスを借りてきたりしてね…
そういうことも効果になって、
より盛り上がったのではと、
僕は思っているのである…
時間がないなかで、
アドリブで書く、
これもいい…
何をやっても楽しい…
本当に楽しい…

スマホカメラで楽しむ「茶とあん」(阿佐ヶ谷)もうひとつの顔 筑前琵琶を楽しむ

どこか儚くて
なんとなく物悲しい琵琶の音色
それはもしかしたら

「祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、
ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者もつひには滅びぬ
、ひとへに風の前の塵に同じ」
というのを聞いたことがあって、
それが耳にこびりついていて、
そういう思いを持っているから
何か含みをもったあの音の中にぼくは、
そういう感情をいだいているのかもしれない

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます