discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 藤沢駅(神奈川県)で見た懐かしい喫茶店 

投稿日:

懐かしい風景

僕の青春時代の風景…
そう、
重厚な造りで音楽喫茶とか名曲喫茶とか…
新宿にあった王城
西洋のお城みたな造りの喫茶店…
覚えてる

昭和42年

僕が岡山の高校を卒業して東京に来たのが昭和42年
急行「鷲羽」で新大阪に出て、
そこで新幹線に乗り換えて…
その頃は山陽新幹線は出来てなくて…
だから岡山から新大阪まで急行で約2時間、
新大阪 東京が約4時間、
東京、岡山6時間もかかっていたんだ…
今は確か3時間位だと思う…
だから、
東京って、
とんでもなく遠いところだったの

初めての東京、
コーヒー一杯500円は今でも忘れられない出来事だった

東京へは
学校(写真学校)に行くために来たのだが、
初めての東京
何にも分からない。
新幹線が東京について、
やれやれと思って、
コーヒーでも
そう思って
丸の内だったか八重洲だったか、
どっちに出たのか
それさえ忘れたが、
喫茶店と思えるものがあったので、
分けも分からず入って
いくと、
着物を着た綺麗なお姉さんが出迎えてくれ、
カウンターだったが
隣に座って、
ハイといって扇子を広げるの
見ると、
それがメニューで、
なんとなんとなんと…
コーヒー一杯が500円
頼まないわけにはいかないから頼んだよ、
しかし田舎から出てきた少年
お姉さんに話かけられても
答えることすらできない
東京とはエライところだなと思いながら、
逃げるようにして出たのを覚えている…
だってねぇ…
コーヒー一杯60円の時代に500円だものねぇ…
それから学校までなんとか行って
手続きをして
二子玉川の叔父の家に行ったのだが…
「大変なところに来てしまった」というのが、
当時の僕の心境だった(笑い)
今思い出してもゾットする、
そんな状態で始まった東京生活…
よくもまぁ…だよねぇ…

懐かしい風景、それが引き金になって過去の世界に

藤沢駅(神奈川県)の駅の近くで見つけた
レトロな喫茶店の前に
しばらく佇んで、
そんなことを思い出していたら、
なんだか胸がギュッと詰まって、
目から熱いものが…
一体、
どうやって生きてきたのかねぇ…
それさもおぼろだが、
本当に本当に本当に…である。
時にそうして
過去の出来事を思いだすのも悪くはないね…
過ぎてしまえば、
全てが楽しい思い出だから…
今日も愉し
明日も愉し…
そう言えば、
アメ横にも懐かしい喫茶店があったな、
今度行ってみよう

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お米が命を繋ぐ時 もう古い写真なんだけど貴重な写真だか時々 おそらく誰も撮ってない写真と思う

この写真が撮れるのは8月の丁度今頃
しかも時間は
晴れた日の午前9時から⒒時の2時間だけなの
照りつける太陽の中で、
田んぼから上がってくる熱気で汗をぬぐいながら観察していると
いろんな方向から雄しべが雌しべのある方向を目指して迫ってくるの
そうしたら雌しべがスーと籾の扉を開けて…
そしてそれが終ると、
スーッと籾の扉を閉じてしまうの。
今頃の時期
夕暮れ田んぼにいくと、
白い花が風になびいているように見えるのだけれど、
あれは
「兵者共の夢の後」なのである。
この写真を使った
「お米の花の神秘」
電子書籍にはしているのだけれど、
あらたにできるようになったペーパーバックにしようとすると
写真が少なくて柄が出ないの…
ペーパーバックにするには100ページは必要だから…
だけど、
もう一回写真を撮りなおして(撮り足して)という根性はないから時々
こうして忘れないようにしているんだけれど、

桜の花を楽しんだ後の楽しみはサクランボ 可愛いよね、まるで宝石、ちょっと酸っぱくて甘くてとても美味しい

林檎の歌というのはあるけれど、
サクランボの歌というのはあるのかなぁ…
あることはあったが、僕にはちょっとピンとこない…
お遊戯の歌で、
二つが対になって実をつけるサクランボの特徴を生かしてお遊戯にしているのだけれど
僕が求めていた林檎の歌
「私は真っ赤な林檎です…」
そんな情緒の歌はなかった。

写真を愉しむ ヒヨドリは英語でBulbul  いい顔してるね、賢そう

「ブルブルとチェリーブロッサム」という写真絵本(まめしば書房)電子書籍dakedo
で出したよ
これは、先にタイトルができて、
物語り、ストーリー展開を意識して撮ったから大変だった。
グーグルの検索窓にタイトル打ち込めば出てくるので、よかったら見てね

スマホカメラを楽しむ 今日のモチーフはチューリップ

ロジックでは語れなないものを語り合うことの面白さ
興味があるのは
「宇宙の中の自分」
「心と宇宙の関係」
そういうことなんだけれど…
これだけで分かり合える人達がいて
最近はそういう人たちとの会話をたのしんでいるの…
エッ分らない 
そりゃそうだよね…
言葉は発しているけれど
実際にはフィーリングというかね
感じる部分で
「そう そうなのよ」ってやっているのだから(笑い)
変でしょう
でもね、
そうやって会話(セッション)を楽しんでいると
だんだんと感覚が研ぎ澄まされてきて
いろんな不思議と遭遇して
それがまた楽しいの…
そんな話をしていたら
ある若者が
「オープンダイアログ」という会話の手法が最近盛り上がってきているのだけれど 
もしかしたらそれに近いのかもと…
ヘーそうなんだ
もしかしたら僕たち
時代の先端を行っているのかねぇ…

ブリを見て 大根買って 腕まくり 美味しいねぇブリ大根

目次ブリを見て 大根買って 腕まくり何でもアドリブ思いつき… 早速料理にとりかかる煮物には薄口醤油よりも濃い口醤油の方がいいかもねぇアッ銀杏と栗が来る嬉しい ブリを見て 大根買って 腕まくり 575す …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます