discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 道端で見かけたサボテンの花 エッなんでサボテン…

投稿日:

可愛いね、キレイだね…

なんかマカロニーウエスタンに出てきそうな大きなサボテン
楕円形の丸いのが、
そのさきっちょ、さきっちょに次つぎに付いているサボテン
かなり大きい…
マンションを出て
新宿と四谷の境にある道路を
通称柳通りとか
花園通りと呼ばれる道とぶつかった交差点のところ、
郵便ポストがそこにあって、
それで時々行くんだけど、
こんな可愛い花が幾つも咲いているの…
可愛いとか
綺麗というのはやっぱり目を惹くんだよね…
で、
写真を撮ろうとするんだけど、
その中でも形のいいのがいいよねぇ…
これ、いいんだけど
花びらの一片が気に入らないとか、
もうちょい開いてくれるといいんだけどなぁとか
そんなことをいいながら撮ったのがこの花

名前はよしこ 
なんとなくそんな感じがしたから…
そんなことを思っていたら
「ゆうこ あいこ りょうこ…
似たような名まえはいくらもあるけれど…」
確か中島みゆきだった、
そんな歌を口ずさんでいた…
花の名前、
普段はそんなのはどうでもいいと思っているのだけれど、
その花に向かって何か語ろうとすると、
やっぱり名前があった方がいい(笑い)
だから僕は、
気に入った花には
小百合とか凛とか優しとか…
そんな名前を勝手につけて、
会話を楽しんでいるの(笑い)

今日の黄色い花は、
なんとなく雰囲気的に“よしこ”そう思ったの、

あら可愛いね、
今日もきれいだね、よしこさん
今日はね、わざわざ君に会いにきたの…
あら、気持ちが分かるの…
嬉しいねぇ…
I like よしこ
I love よしこ
君を見ているだけで幸せになれるよ
花に向かって…(笑い)
でもね、
気持ちの問題だと思うけど、
花もそれに答えるように、輝いて綺麗になってくるの
で、いいところで、
「よしもらった」
そういって、
サンキュウ、また来るよ…
そう言って帰るんだけど、
話相手の誰もいない休日なんか、
それだけで結構、
気持ちが落ち着くんだよね…
一人でいること、
決してきらいではない
いや、寧ろ好きだけど、
たまにどうしようもなく誰かとお喋りしたくなるの、
でも、そういう気分の時に男の友達に電話してもねぇ…
だけど幾ら知り合いでも用事もないのに女の人に電話して
何…
とか言われると、
アッ イヤ…アノーその…
なんか間違えてかけたみたい…
やっぱり気が引けるよね…
lineのチャットだと、
電話よりは気楽だけれど、
やっぱり用がないとねぇ…
そう言えば何人かの知り合いに、
会っている時は気楽によく喋るのに、
電話では必用なことしか言わないと、何度も言われた
ぶっきらぼうな電話は、
昭和時代の人の特徴なのかもしれないね…

今日は有楽町の交通会館に、
知り合いの書道の作品を見にいくの

交通会館にそんなギャラリーがあったなんて知らなかった
だって僕の記憶では
交通会館は、
海外に行く時の予防接種する場所だもの
そう、
昔はイエローカードというのがあってね、
予防接種をしたという証明がないと、外国へはいけなかったの
僕の友達はそれで肝炎になってね…
だって、
その頃は、
脱脂綿に沁みこませた消毒液で、シュッシュと拭くだけで、針は使いまわしだもの…
今から考えれば病気になりに行っていたようなもんだね…
そう、高いお金を使って…

そう言えばパスポート貰いにいかなければ…
しばらく外国、行ってないから…
行きたいねフランス…
「フランスへ行きたいと思えども、フランスはあまりにも遠し」
なんちゃってね…
アメリカもサンフランシスコは行ったけど、ニューヨークとシカゴは飛行場に降りただけ…
ブロードウエイ、歩いてみたいね…
よし、
パスポート、いに行こう…
今日も愉し
明日も愉し…
僕の知り合いは80歳になって
「10年のパスポートくを申請したら笑われた」
そう言って苦笑していたが、
やっぱり10年だよね…(笑い)

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ 今日のテーマは生きる 輝く命

それを見ていると
「よっし」と思わず気合が入ってくるの…
主観というか、
直観を形にする…
そういう方向に僕を導いているのは
そういうこと(心で感じていること)が、
ストレートに話ができる人たちとの会話を楽しんでいるからかも知れない…

日常の何気ない会話の中で…
人を好きになる心であったり…
感じる心であったり…
文学であったり、
写真であったり
食べ物であったり…
そういうものについて
「私はこう感じる」
「私はこう思う」
そう
「僕はこう思う」
「アッ それ一緒 僕もそう思う」
そんな会話…
セッション(心で感じ合う)時間が増えたからではないだろうか…
僕がいく「茶とあん」(阿佐ヶ谷)には、
そういうコミュニケーションを好む人が何人かかいて
出くわすと
「OH」と気軽に声をかけて
「あのね、この前みた映画なんだけどね…」
そんな感じで話が始まるの

スマホで撮影万世橋(秋葉原)手持ちでこれだけ撮れるんだから驚くよ

スマホカメラ、本当に便利がいい。
これだけ撮れれば十分だよねぇ、
使うのは、SNSか、挿絵、ポストカードにするか、プリントでもA3位までなら大丈夫だしねぇ…
こういうのを考えると、写ることが貴重な時代にカメラマンやってて良かったと、今さらながらつくづく思う(笑い)
今日もお節介で、講釈を垂れてしまった。
どうでもいいことだけど、知っているとやっぱりいいと思うから(笑い)

全国公募の「第27回極美本展」を見に、東京都美術館(上野)に行ってきた

目次写真は、「極美賞」に選ばれた友達の知り合いの作品 受賞作は、やっぱり輝いている。美術館を出ると、風、雨脚は益々激しくなっていて、アッという間に靴の中はビショビショ。懐かしいねぇ、ヨシカミ、久しぶり …

「涼」 いい言葉だねぇ 涼しさが現れている 好きだなこの漢字

目次目に涼しい 昔の人凄いねぇ一仕事した後の一家団欒楽しかったな子供の頃の夏の思い出涼という漢字の成り立ち 目に涼しい 昔の人凄いねぇ 今は外はいくら暑くても、 冷房の効いているところに行けば涼しいか …

スマホカメラを楽しむ 今日はカカオ この植物なんとも不思議 見るとつ撮らされるの

それにしても還暦とはよく言ったものだよぇ…
子供帰り
僕はすでに還暦から10年もたっているのだから
精神年齢は相当に子供になっているなこれは…
でもでもでも…
そういう感覚でなければ掴めないものがあるのではないか
そう思って頑張っているのである
そう、
こうしていると、
今日も愉し明日も愉しでいられるから…ね(笑い)
散歩 写真 本当に楽しい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます