discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ ヒラヒラと蝶来たりて誘い舞

投稿日:

仕事の現場でちょっと1枚

スマホカメラ 本当に便利
パーンとってもオートフォーカス。
自動露出
カメラ立ち上げて
シャッター押せば
、綺麗な写真が…
凄いねぇ…
しかも、
僕のスマホは
キャンペーンで5000円買ったもの…
それでこんな写真が撮れるんだものねぇ…
ヘタにカメラ
(一眼レフ)
使うより、よく写るので
もっぱらこれ(スマホ)になってしまった…

スマホカメラ、ストロボは使わない方がいい(僕の考え)

(意識的にその効果を狙う以外は)
よく、
素人考えで、
暗いとストロボを入れたがるんだけど、
あれは良くない
なぜ、その理由は
ストロボを入れるとデティール(質感の微妙さ)が出ないし、
光線にメリハリがないから面白くもなんともないの
じゃ、どうするの…
今のカメラは自動でISOを調節してくれるから、
押せばいいと思うんだけど
僕はマニュアルで操作できるカメラアプリを入れてるから、
自分で800、1200位にセットして撮るんだけど、
スマホカメラはフイルムと違って粒子じゃないから、
増感しても、
遜色なく撮れるから、
僕は使い分けてるんだけど、
このアプリ入れておくと、重宝するよ…

写真褒められるとやっぱり嬉しい

ちょっと話が変わるけど、
先日、
カンツオーネの青木純氏
(イタリアから騎士の称号が与えられている凄い人)
のライブに行き、
撮った写真をSMSに上げていたんだけど、
青木氏、
「スマホではよく分らなかったけれど昨日、マックの大型画面に映して驚いた
さすがプロの写真 全然違う」
そんなメールがを頂いて
「自分のFBにリンクしていいかというので、どうぞと…」
とっても嬉しかった…
そして思ったの、

時代はやっぱり意識しなければね

文章も写真の見せ方も時代に合わせて変えていかなければ…と

最近はコンピュータよりもスマホで見る人の方が多いのだから、
スマホで上手く見せる方法を考えなければと
文章もそうなんだよね、
電脳文書はスマホだから
それに意識して書く必要があると、
そういうことを考えながら今やっている電子書籍用の原稿、
こうかな…
ああかな…
いろいろやってみて、
「ヨシこれ」
というのがやっと決まったので、
これから本格的に

エッ どんな本かって

それは今ちょっと言えないの、
でも、
先日ある席で
その本の内容をちょっと話したところ
「早く出してよと…」
嬉しいねぇ…
ちょっとだけ
作家の気分を味わっ

OH、これいいな…と(笑い)
そう、
僕はなんだって形から入るタイプだから…
表面的には何もしてなくても、
心のうちでそんなことを考えているの、本当に楽しい…

警備の仕事
ただ立っているだけだけど、
テーマさえ持っていれば、
ゆっくり考える時間があるわけだから、
これも楽しい
何をどう考えるか…

それさえあれば、
立って考えていっればギャラが貰える警備の仕事は、
僕にとっては理想の
仕事なのである…

理想のライフスタイルがもうすぐ完成

何日働くかは自分できめられるしね…
あることでちょっと、
目的が達成ができそうだから、
それができたら、
天気予報を見て、
晴耕雨読
いいねぇ…
それも愉しい…
生き方も考え方も、
年齢と時代に合わせて、
ドンドン変えていかなければね…
今日も愉し
明日も愉し
ようやく、仕事
3日(週)の体制にかえれそう
自分の時間を多く持つ理想の形…
それが現実的になってきたの
それがまた楽しなのである…

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

望遠レンズを愉しむ 山裾に白き木蓮燃え盛り 

仙人の月スケジュール
早起きをして
週に何日かを日銭稼ぎに行き、
散歩して写真をとり、
月に一回俳句の会に行き、
素敵なお姉さんたちと、
お茶を愉しみ
食事を愉しみ
お喋りを楽しみ、
月に一回
ワインと食事とお喋りを楽しむ肩書を外したパーティーに行き
時間があれば
「茶とあん」
に行って
「お茶とお喋り」を愉しみ
そんなことをしていると、
やりたくてもやれないものも結構あるんだけど
それもまた楽しだよね…
仙人の生活本当に楽しい…
そういう意味では
僕にとって今が人生の華なのかもね…(笑い)
まだまだ元気
遊び時間はたっぷりある…(笑い)

写真を愉しむ カメラって本当に素晴らしい だって感動をそのまま記録できるんだもの

4日には
本に使う温泉の写真を頼まれているので、
引っ越しの荷物の中からカメラ探し出して充電しておかなければ…
さすがに仕事で使うカメラはスマホというわけにはいかないものね…
しかししかししかし…
それもまた楽しだよね…
一人でも感動してくれる人がいる
僕にとっては、それが嬉しいのである

スマホカメラを愉しむ ミュージカルお喋り なんとなくそんな感じ

昨日10時に合唱の会に
そして2時間程歌って
すぐ近くの「茶とあん」でおうどん食べていたら
「アッいるいる そう言って合唱の仲間が二人」
一人は
(お喋り会を主宰していた年配の方)
もう一人は今日初めて参加した僕よりちょっと若い女性
美味しいお茶と栗のお菓子
(茶とアン特性)
を食べながら
雑談が始まって気が付けばなんと夕方の5時、
随分喋ったねぇ…
別れた後
「ああ疲れた」と思わず言ったら
皆ににドッと笑われた
でもお喋り楽しいね…
つくづくお喋り必用だと思ったのだった

思いつき料理を愉しむ ぶりは焼き 大根は煮て 合わせ技 なかなかのものだった

ある会社の
多分食品担当の人からだと思うけれど
「この度、
検索画面にて貴サイトを発見し
ご連絡いたしました。
弊社で最近開始のシニア向け食品案件がございまして
ぜひ、
ご掲載いただければ幸いと思い…
またこの案件の掲載が難しい場合でも
「アカワンと開設」の旨をご返信いただければ
スムーズにアカウントの開設をさせていただきます…
弊社には別の案件も多数ありますので…」

これってオファーだよね…
嬉しいねぇ…
こうして自分の(僕の)サイト
「撮って書いてワヤで笑える人生日記」
そこから辿って
こういうメールを…
思いつきの料理を愉しみとして書いている
そんなブログなのに…
嬉しいねぇ
本当に嬉しい…

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマは白黒写真 モデルは朗読をする劇団もっきりやの門岡瞳さん

劇団もっきりや
調べてみると
杉浦久幸さんと門岡瞳さんが二人で
「男と女の日常生活で起こる、
微妙な心理の駆け引きや恋愛形態を
よりシンプルに表現するためにたった二人だけの演劇活動を展開している」と
そして「もっきりや」の劇は
「私小説演劇」
と評されているらしい。
お問い合わせ先は
hitomi kadooka@nifty.com
こうして繋がる友達の輪
本当に素晴らしい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます