discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ これ植物の実なんだけど 面白いね怪獣みたい

投稿日:

これ 怪獣?…

先日
ある空地に生い茂った草の中で撮ったものなんだけど
実態は植物の実を包んだ殻
ドライフラワーになっていたんだけど
見ていると面白くてね…

これどう見てもこれ怪獣だよね…(笑い)

僕らが子供の頃には怪獣なんて記憶にそんなにないんだけど、
子供たちが
(団塊ジュニア)
小学校の頃 
怪獣がブームになって、
それで怪獣のイメージというのが僕にもできたんだと思うけれど。
気にになった植物の実を観察していると、
まさにイメージ通りの怪獣に見えてきたので
一枚パチリと(笑い)

でもこれね
アップしようかどうかと実は迷ったの
だって…

こんなの出して
「あいつ ついに狂ったね」
なんていわれたら━と思うとね…(笑い)
へんな写真出すの、
やっぱり勇気がいるんだよね…

しかし大型のモニターに映して見ていると
なんとなく可愛くて

おまけにお酒の勢いも手伝って
「ヨシ」となったわけだけど、
案外僕も
大口たたく割に気が小さいのかもね…

そう昨日は不良(シニア)に誘われて

なんと新宿の思い出横丁で鍋で鍋を囲み
(3人の老 人僕が一番若 後の二人は80歳を超えている)
その後
僕が時々行く阿佐ヶ谷のスナック
(中国の美人ママの店)
に行って歌を唄って…
仲間の一人は中国に長くいたから中国語で話ができるのが愉しくてママを独占して…
で、
不良の親分(元映画のプロデユーサ)と歌で…
結論から言えば誘いあって食って飲んでるのだけれど、
たまに会って
時間と場所を共有しているだけで大した会話もしてないんだけど…
それでいいんだから面白いねぇ…
で、
別れるとき
「OH楽しかったな 年内もう一回やろう」なんてね…
ようするに一緒に行く飲み友達が欲しいだよね…(笑い)

昨日はそこで歌を唄っていたらなんと、
知り合いの女性がフラリと入ってきて
「あれ あんたこの前電話しても出もしないんだから…」
そう言ってドーンとお腹を叩かれて…
この女性
昔新宿でクラブをやってた女性なんだけど、
あまりにも酒が強いから敬遠してたの…(笑い)
このスナック
元々はこの女性に連れてこられたんだけどね…
で時間が経過して
「じゃぁと言って挨拶したら」
「電話位出なさいよ」
そう言ってまた叩かれてしまった。

酒はいいけど帰りつくまでが大変だ

僕はそこからフラフラと歌を唄いながら南阿佐ヶ谷まで歩いて
丸の内線に乗ったのだが
どうやら眠ってしまって
気がつけば国会議事堂
マンションにつくまでが大変だった…

そして

さっき起きてスマホみたらラインにメッセージが

ブラジルに行った学生時代からの友達の女性から
「電話したけど繋ぐがらなかった
今日はクリスマスイブだからねというメッセージが…」
悪いことをしたな…
一人で静かにしとこうと思っていたのが、
とんだ夜になってしまった…
しかし、
歌はいいね…
飲んで大声で…
とても楽しい…
そう言えば
俳句の会で知り合った中国語が堪能な女性に
「中国のママさんのいる店に一度連れて行ってよ」
と言われていたので
実行しなければね…
この女性映画が好きでその話がまた楽しいの…
でもいきなり電話して
「今日行きますか」
では」まづいよね…
女性に電話するの本当に気を使う…
今日も愉し
明日も愉し
もっかのところ、
心配事もなにもないし…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ 今日のテーマは生きる 輝く命

それを見ていると
「よっし」と思わず気合が入ってくるの…
主観というか、
直観を形にする…
そういう方向に僕を導いているのは
そういうこと(心で感じていること)が、
ストレートに話ができる人たちとの会話を楽しんでいるからかも知れない…

日常の何気ない会話の中で…
人を好きになる心であったり…
感じる心であったり…
文学であったり、
写真であったり
食べ物であったり…
そういうものについて
「私はこう感じる」
「私はこう思う」
そう
「僕はこう思う」
「アッ それ一緒 僕もそう思う」
そんな会話…
セッション(心で感じ合う)時間が増えたからではないだろうか…
僕がいく「茶とあん」(阿佐ヶ谷)には、
そういうコミュニケーションを好む人が何人かかいて
出くわすと
「OH」と気軽に声をかけて
「あのね、この前みた映画なんだけどね…」
そんな感じで話が始まるの

黄色いコスモス、なんとなく楽しそうな、そんなリズム感を感じてつい

それにしても、ズームレンズ楽だよねぇ…
フイルム時代は単体のレンズしかなかった(いや、あったけど使わなかった)から必然的に、身体を動かすしかなかったの、だから、今でも、28ミリ、50ミリ、90ミリ、全部体が覚えてるの
これは今でも役立つねぇ、
だって、風景を見て、
これは何ミリだなというのが分るもの…
しかし、しかし、しかし…
そんなことを書いて、お前の写真はそれほどのものかと言われると、
そうだよね…
そう言って頭をかくしかないんだけれど(笑い)

思いつき料理を愉しむ 今日はナスのオリーブ油炒め、生姜醤油で食べるととっても美味しい

目次簡単料理 これが一番だよねオリーブオイルを絡ませたのは ナスの紫色の変色を抑えるためなのだが、生姜が良かったんだね、料理の写真ワンポイント飾りをつけると見た目良くなるから道具さえあれば料理 インス …

美味しい とっても美味しい こんなに美味しいの初めて食べたペルー産 インカのバナナ

目次バナナに対する概念(思い込み)を僕は変えなければいけない 皮の色 普通のバナナに比べて、黄色が濃いの口の中に入れる「ペルー産インカバナナおいしさの秘密」 を読むとアマゾン・パンタナルの思い出   …

思いつき料理を楽しむ 今日はブリと大根を煮てみた うん 美味しかったとっても

作った料理 やっぱり誰かに食べてもらいたいよね…
昨日の試食係は元パートナー(仕事の)
仕事帰りにコンピュータを使うために立ち寄るのだが、
「美味しい」とは言ってたけどね…
これはもう一回挑戦して
「もう少しコクをださなければ」と、
自分では思っているのである

料理作り 僕の場合はままごとだけど…
「癒しの朗読 山本周五郎 詠み手アランさん」を聴きながら
お鍋がクツクツと煮てくれるのを待つ時間の楽しさ
いいねぇ、…
この時感じる幸せ感がたまらなく好きなのである…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます