discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ ワインの瓶にお花を添えて お洒落だね

投稿日:

見せ方だねぇ…

そうか、ドライフラワーにはこういう使い方があったのか…
見なきゃわからないよね…
生の花ではこういう風にはならないものねぇ…
やっぱりいろんなこと見ておかなければね…

知恵とは物知りのことではない

役立つ情報が咄嗟の時にポンと出ること…
そのためにはいろんなことを体験し体感して見て聞いて…
蓄積しておかなければならないのだ…
そのためには人と会い、
見て聞いて教えられて…
それが大切なんだよねぇ…

花屋でギャラリーでワインも飲める楽しい空間(新宿御苑前花園通り)

ここにいて
お喋りを愉しんでいると、いろんな発見があって、
本当に楽しい…
僕らがこうして話している間に
一人の男性が入ってきて、
向日葵などのドライフラワーを
七菜海さんに相談して数点求めていった。
近くのスポーツジムの店長とか、
定期的に来ているらしい
アクティブなスポーツ空間にちょっと目を惹きつけるアクセントの花があるといいらしい…のだ
生の花だと手入れが大変だけど、
ドライフラワーは飾っとけばいいから…ということらしい
鍛えた体のがっしりした男性がドライフラワーを求めに来る
ちょっと意表を突かれたので印象に残ってしまった…
日常の至るところに、
こういう発見がいろいろあるの…
どうやら僕は、
そういう場所を探すのがうまいみたい…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し…
発見、
ああそうか…
そうなんだ…
オヤ マァ ヘー…
これ大好き、
どうやら若い頃に身に着けた習性は消えないようである

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

写真を愉しむ ボケはボケでも漢字で書くと木瓜 僕は天然ハハハ…

なんだか1万5千円捨てたという感じ…

無知は本当にどうしようもないね…
このレコーダー意地でも何か、使い道考えなければなのである…

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると
例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その更新(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

スマホカメラを愉しむ なんとなく そんな時には花がいい

スマホカメラは本当に楽しい…
だっていろんな気づき
いろんな発見をくれるんだもの…

スマホカメラを楽しむ ネモフィラ 爽やかだね 風にゆれる雰囲気が特にいい

ところで
なんで
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」なの
気になったので、
これもちょっと調べてみた
これは林芙美子の短詩で
好んで色紙に書いたらしい
掲載されている説明を読むと
「自分の体験」ということがなんとなく…
そうかそうなんだ…
そうだよね
だって長生きする女性は多くいるし
苦しみよりもハッピーハッピーという女性もいっぱいいるものねぇ
でもでもでも…
ハッピーよりも苦しみ 悲しみの多い方がジーンと来るよね
失恋したらやっぱり南よりも北だよね…

「失恋した沖縄に行って遊ぼう」というのだってありだと思うけど、
やっぱりそぐわないのかね…(笑い)

ペーパーバックの写真集「そら空宇宙」(編集まめしば書房)一昨日からAmazonで

今にして思えば…
大学受験に失敗し、
行き場所がなくなって行った写真の学校…
ところが気がつけば、
その世界のなかで生きることこそ使命と思うようになり、
ついには
「これより他に道はない」
そう自分にいいきかせて歩んできたフォトグラファーという道…
悩み、苦しみ…
いろんなことがあったけれど、
今、
あの時
大学受験に失敗して良かったと思っているのである(笑い)
僕の人生はすでに終わっているけれど、
本当に本当に本当に
素晴らしい世界を生きてきたと、
今つくづく思うのである。
写真…
撮って書いて…
本当に楽しい…
そういう意味で
「まめしばさん」と出会えたことに、
このシンクロニシティーに
とても感謝しているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます