discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 髪切ったらワインが飲みたくなって、お気に入りの空間に 

投稿日:

花屋でギャラリーでワインバー

新宿御苑前(花園通り)にあるのだけれど、
ここ僕のお気に入りなの
だって、お洒落なんだもの。
そしてここにはなぜか、
美しくて朗らかな素敵な女性がいつもいて、
ワインを飲みながらのお喋りがとっても楽しいの…

社長がイケメンだと集まる女性も…

ここの社長、
イケメンで、
イタリアで修業してきたシェフなんだけど、
最近は料理作ってないらしい 
社長が、イケメンで明るくて楽しいから、美女が集まってくるのだと思うのだけれど、
ワインを飲みながら、そういう人たちとお喋りしていると、
こっちまで気分が若くなってね…
でもね、
プレスリーとか、アランドロンとか言っても、通じないよ…
それ何する人といわれちゃうから…(笑い)
でもオードリー・ヘップバーンは知っていた。
ローマの休日、
あれはみんな見てるんだね…

誰かと喋りたくなった時
フラーっとここに来て、

花を愉しみ、
ワインを楽しみ
雑談を愉しんでいると、
いつの間にか、疲れもどこかに消えてるの…
そして珍しい花があると、スマホでそれを撮れば、ブログに書けるしね…
こういう場所があると、本当に楽しい
ここに来さえすれば、
「いい」と思っても、
声もかけられないような素敵な女性と、
昔からの知り合いのような感じで、話をして楽しんでいるんだものねぇ…
こんないいとこないよねぇ…(笑い)
誰とでも気軽に話ができる…
ここは、そんな素敵な空間なのだ…
これからの時代は、
こういう空間が必要なのかもしれないね…
そんなことを、フと思ったりしたのだった…
今日も楽し明日も楽しい
人と交わるって本当に楽しい…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 春に着る着物模様は花小紋

小さい花だけど、
パターンになって咲いている花は目を惹く…
しかし、
どう撮っていいかのか分からないから
全体の雰囲気をそのままズバっと…

スマホカメラを愉しむ なんとなく心惹かれる 冬景色 遠近法の魅力だね 

スタジオでは水平垂直が大事だから
かけだしの頃
4インチ×5インチのカメラを三脚に乗せ、
壁に貼った新聞紙を被写体にして
サッとカメラが真っすぐに立てられる練習をね…
懐かしいねぇ…

スマホカメラを愉しむ なに食べる 迷ったらこれ 八竹寿司

楽しいねline
昨日は初めて録音したものがlineで送れるというのを知った
最初戸惑ってけれど結構楽しい…
しかし
幾らきれいに撮っても、
lineのお寿司は食べられない
残念ながら…

ブドウ 商店街を歩いていると ブドウかとつい目に留まるけど買ってまでとはねぇ

長男が産まれる時など、
カミさんは岡山に帰っての出産だったから
新婚ホヤホヤの友達夫婦のところに数か月も居候したりしてね…
今思えば無無茶苦茶な生活だったけど、
よくやってこれたなと、
つくづく思う(笑い)
通常なら、
こんな生活だとドロップアウトのパターンなんだけどね、
巡り会った人が良かったのか、
余程ラッキーな星の元に生まれてきたんだろうねぇ、
奇跡につぐ奇跡が次々に起きて、
気がつけば雑誌社をやり、
編プロ、
プランニング会社をやりと、
「俺の人生 いったいどうなっているの」という位いろいろ変化して、
気がつけばやっぱり元の世捨て人(笑い)…
でも、
その間には何冊も本は出したし、
写真集も何冊か出したりして、
普通ではなかなか体験できないこともいろいろさせてもらった…
しかし、
考えてみれば自分自身で
「こうしよう」と思ったものはなにもなく、
ただただ流れに乗って生きてきただけ…

さらば2021年、よし、時空を超えて新たな年で新たに生きよう

ようやく自由人の楽しさが分かったそんな気がする
自由に働き、自由に日々を楽しみ、多くの人と友達になって、撮りたいものがあったらそれを撮り、書きたいものがあったらそれを書く…
いいね、まさにまさにまさに、吉田兼好になった心境(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます