discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 昨日はちょっと面白い劇を見せてもらった そんな感じ

投稿日:

ヒメ ノーゼンカズラ(姫凌霄花)

レンズアプリで調べると、そんな回答が…
ついでに花言葉を見てみると
「華やかな名誉」といのがあった
なる程っとつい思ってしまった。

お風呂の中で聞くUチューブの朗読が面白い

最近、
胸がスカとする朗読というのにハマって、
Uチューブ、
お風呂の中で聞いているのだけれど、
30分程の短編で、なかなか面白いの
ストーリーは単純で
本当はハーバード大学を出ているのに、それを隠して
高卒無能社員という設定
ところが凄い上司がいいて、
高卒を馬鹿にしていびりまくった挙句に、辞任に追い込む
ところが、無能のはずの主人公は実は優秀な営業マンで、
辞めた瞬間にクライアントが離れてニッチモサッチモ行かなくなって、
主人公のところに詫びをいれてくる
結果 
いじった上司がクビになり、再就職もうまくいかず露頭に迷うという、そんなストーリが多いのだが、ついついはまっちゃって…
ぉの花を見た時、
そんな朗読の一場面が思い出されて…(笑い)


写真って、本当に面白い…
だって、
被写体(写すもの 対象)によっては、いろんな物語りが内包されているんだもの…
その物語りを引き出すのがとてもお面白くて…

警備の仕事はいろんなところに行けるので、それが楽しくて…
遊び心
これさえあれば、人生って本当に楽しい…
のである

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 知り合い家に招かれ 素晴らしいランチを

嬉しいよねぇ…
一人で淋しいだろうと思ってくれての心使い…
感謝 多謝…
まさにまさにまさにである
本当に本当に本当に素敵な一日だった

花月庵 武蔵関(練馬区)で人気の蕎麦屋さん

何んの話をしてたんだっけ、
そうそう、
武蔵関の蕎麦屋さんの気配りだったね…
ウン そう、
そういう文化がだんだんと薄れてきたのが今から4、50年程前頃からか…
その頃、気配りの勧めとか、一期一会とか…
そういう言葉が流行語になっていたもの…
僕の知り合いなんかね
「木を配るのが大切なんだ」とか、
分けのわからんことを、
で、
理由を尋ねると
「きくばりの勧め」という本が話題なの…
あほらしい…
でも、でも、でも…
やっぱりね、
そういう心遣い、
機微というのかねぇ…
大切だと思うのは、
年のせいなのだろうか

地湧金蓮 黄金の蓮 神々しいよね 300日咲き続けるのだそうな

幸せは求めるものではなくて感じるもの
「じっとしててもそんな気分になる時 あるでしょう…」
「うんあるある」
それが感じられるようになったら、
それが幸せなんだ━と僕は思うの…
この写真(アップした写真)を見ていると
なんとなく なんとなくそんな感じがしてくるの
だからこれは「幸せの花」
僕はそのように思ってるのだけれどどうだろうか…

武蔵関公園(練馬区)では、ハート石探しが話題(ブーム)とか

なんでもないことでも発見は楽しい
面白いね、
「ハートの石がある…」
そう思って
下を見て歩いていくの…
集中力が結構いる、
時にはそういう散歩もいいよね…
鳥を撮る
花を撮る
風景を撮る
そんな時に
「あれ、これもしかしてハート石…」
なんだか嬉しくなるよねぇ…
ハプニング、
うん、
そう…

小さなハプニング…
それだけで幸せになれるんだよね…

スマホカメラを愉しむ なんだか気になって撮ったんだけど よく見るとクマ しかも困惑したクマ 

高齢になってくると、
占い(未来の予測)よりも結果から人生と辿るのが楽しくなるのだけれど、
それぞれのシチュエーションでまさにまさにまさに…
何度も目を瞑る瞬間はあったのだけれど、
「ああ あれでよかったんだ
 あれがあったから今があるんだ」
と思えるようになって、
「そうか人生は悩み苦しみもいっぱいあったが
結論から言えば
なんとかなる
なるようにしかならない」
だったと…
そして気が付けば大体
「自分が思い描いた設計図に近いところにいる」
ということが分かったのである。
それは
「癒しの朗読屋」
アリアさんの

「山本周五郎」
の中にも何度も出て来る…
面白いね
年齢的に人生が終わった段階で
そんな悟りが来るなんて…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます