discover essei photo

写真を愉しむ カメラって本当に素晴らしい だって感動をそのまま記録できるんだもの

投稿日:

 

秋 秩父をドライブしていて遭遇した景色

あまりの美しさに車を止めて…
この印象を言葉で伝えようとしても僕の貧弱な語彙
表現力では、無理
だけどカメラは、きっちりと、伝えたかった印象をとらえている

写真って本当に素晴らしい…

この写真を撮ったのは確かリンフォフ テクニカルダン
(6×9センチ)
見た瞬間にほれ込んじゃって、衝動買いという奴で…
この頃はまだ、健全なる夫婦生活を営んでいた頃で、

久々家に帰ってくつろいでいたら

カミさん、何を思ったか、
「誕生日に何か買ってあげようか」
それを聞いて僕はいった
「ありがとう、でももう買っちゃった」
「何を…」
「カメラ」
「幾ら…」
「100万円」
そういうと、カミさんは
「エっと言って しばらく沈黙していた」
この頃はそのカメラを車につんでは、撮影を愉しんでいた
この写真は秩父の方にドライブに行って撮ったもの

そう、
夕暮れ
山間のシルエットのデティールと川面に映った赤い夕陽が美しくて
三脚を立て レンズの名前忘れたが、確か500ミリだった
ハスキーの三脚にカメラをセットして、大砲みたいなレンズを着けて
フイルムは確かプロビア(ブローニー)

写真
古くなっても、その時の感動がそのまま記録されているのが素晴らしい

そんなことを思い出すのも楽しい…
先日、
鎌倉の陶芸家の家を訪ねた時、
もって行った
頼まれた写真集
「そら空宇宙」
(KindleAmazon ペーパーバック まめしば書房編集制作)を、
そこに来ていた先客の女性が見て
「この写真 飾りたい」とお願いされて、データを取り出したのでついでに
しかし、
言葉を添えようと思い
ウーンと唸ってみたのだが、
「…」
「いつまでも眺めていたい…」
これしか出てこなくて(笑い)
でもでもでも…
こんな遊びもなかなか楽しい…
4日には
本に使う温泉の写真を頼まれているので、
引っ越しの荷物の中からカメラ探し出して充電しておかなければ…
さすがに仕事で使うカメラはスマホというわけにはいかないものね…
しかししかししかし…
それもまた楽しだよね…
一人でも感動してくれる人がいる
僕にとっては、それが嬉しいのである

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思いつき 豚の角煮にサルサソース OH絶妙 これはイケル

友達の所に持参して試食を
冷蔵庫に入れていた角煮と
サルサソースをフリーザーパックにいれて
お気に入りの墨の絵の全粒粉の粒麦パン(フランスパンみたいに長いの)を買って
中野のブロードウエイのマンションに持って行き
「美味しいと言ってね」(笑い)
そう言って試食してもらったのだけれど
「エーッ これ、爽やかとても美味しい…」と
そして
「これ、あなたが作ったの」
「料理人ですか」
「アッ イヤイヤ、単なる暇人 遊び人です…」
「いや、そんな風には思えない 普通の人ではないですよね…」
「アッ いや警備員です…」
すると友達が
「この人、
今皆にあげた写真集般若心経を作った作家さん」
そうい言って紹介してくれたの
で、ついでに、
「本 5冊注文して」と頼まれたの…(笑い)

オレンジのバラ 花と話し花を撮る僕の楽しみ

ただ美しいだけでは僕はシャッターはきらないんだよ
こうして会話しながら
どこかにセクシーを感じないとね…
だから僕の写真を見る女性たちから
「あなたの写真は なにかエロスなのよね…」
なんていわれるんだけど
僕はそれ褒め言葉と受け取って笑ってるの…

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

鯛の浜焼、懐かしいねぇ
この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉やの塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

梅漬けの 果実の味の 美味しさよ 梅干しではないよ干す前の状態だから

エッ なんで隠遁してたかって
それは内緒…
(武士の情けというやつで…笑い)
放浪癖のある男が多少稼いで自由奔放に生きてれば
いろんなことがあるんだよ人生には…
そういうことがあったから
「楽し人生だった」とも言えるんだけどね、
でもね、
逆に全てを失ってホッとした部分もあってね…
いろんな勉強させてもらったよ…(笑い)
そういう意味では本当に本当に本当に
僕にとっては楽しい人生だった…
でも、
もう一度
この人生をやるかといったらいやもう結構です…(笑い)

粋だねぇ、文化だねぇ、芸術だねぇ、和菓子屋さんのショウウインドウ

いいねぇ、日本の文化、粋だねぇ日本の風景…
障子の前に舞台を作って、赤い花と小さな和菓子がお皿に乗せられて2つ、絶妙なバランスで置かれているだけなのに、なんとも言えない、静かで奥行のある、日本文化を象徴しているような…
僕にはそんな風に思えたのである
障子、漆喰の壁、欅(だと思う)の風合い、風流だよねぇ…
こういうのもコレクションしたいなとつい思ってしまった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます