discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 美しいただそれだけでいい…

投稿日:

金色の世界…

僕が育った岡山の家(母の実家)には、
三間流れの座敷があって
模様替えが好きだったのか、
しょちゅう、
襖や屏風を取り換えていた。

子供の頃の記憶ってやっぱり凄いんだ…

その影響なのだろうか、
風景写真を撮る時には、
子供心に見た絵の記憶が思い出されて、
そういうイメージで捉えてしまうのである。
3枚屏風
6枚屏風
繋ぎ合わせるイメージの連続など…
屏風は本当に面白い…
偶然ながら、
これもやっぱり、
孟母三遷というのだろうか…(笑い)

僕は恵まれた環境で育ったんだと、今頃になって…(笑い)

黄色く黄金色に輝くイチョウの美しさ…
どこをどう切り取ったら、屏風絵になるのだろうか…

だが、これはもう、
色のバリエーション
そんなことをブツブツいいながら…(笑い)

写真は確かに記録なのだが、
やっぱり作品…
心で思ったことを、作品として
どう仕上げていくかというのが、面白いよね…
そして
それが写真の面白さだと僕は思っているのである
ところが、
それがなかなか奥が深くて…なのである。
しかし しかし しかし…
それがまた写真の面白いところでもあるのだが…

分け入っても分け入っても青い山…なんてね
写真って本当に楽しい…

そう、一人で遊べるし…(笑い)

小さなストロボ作戦 これいいアイディアだった

昨日は、
ある家にお邪魔して複写させてもらったのだが、
クリップオンの小さなストロボを二つ
それにアンブレラをつけ、
一つをシンクロコードでカカメラとつなぎ、
もう一つのストロボはスレーブ
(光を受けて発光させる装置)で
そして光の弱さは感度で補うという方法は、素晴らしかった
感度が自由に変えられる電子カメラならではの方法なのだが、
うまくいった。
今度、

陶芸家の作品を撮る時にも、これは使えるな、
こうなると重い大型のストロボもういらないな、
処分してしまおうかなんてね…

ストロボって、
あると、本当に便利がいい…

メルカリで、探して、
もう1セット位買っておこうかな…
そんなことを考えるのもまた楽しい…
今日は荷物が届くので
それまでは出かけられないから
貰った鬼ゆずでジャムでもつくるかな…
それもまた楽しい…だな(笑い)

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 櫻花 枝垂れの流れ風の音

昨日
健康診断の後、
「茶とアン」(阿佐ヶ谷)に寄ったら、
知合いの女性が現れて
写真談義
写真
撮るのも楽しいし、
話すのも楽しい
まるで青春真っ只中…
写真があるから、
こうしていろんな知り合いができ、
話がはずみ生き甲斐がうまれる…

写真を愉しむ タンポポの詩が聴こえる

タンポポの花
存在自体がすでに詩になっている
僕にはそのように思えるのである
特に風が来たら飛ぶぞという白いタンポポをみると
特にそれを感じるのである。

しかし、
その詩をお前」書いて見ろと言われたら
アハハなんだけど、そんな雰囲気をこの花に感じるのだった。
だから、写真を撮った時には
ヨーシと、思うんだけど、やっぱり詩は難しい

雑煮食べ 真白き画布をじっとみる 

心と心で交流できる人少なくなったけど、
そういう人と出会うと本当に嬉しいし
本当に楽しい…
だから僕は、
チャンスがあれば、
できる限り多くの人と会って交流したいと思っているの
「アッソウ そうなんだ 知らなかった…」
そうやっていろんなことを教えられてね…
それが楽しいの…
しかしこれは
年寄りだから出来ることなのかもね…(笑い)
そういう意味で、
今年も多いに愉しもう

あけましておめでとうございます
本年もご指導よろしくお願い申しあげます
               久保雅督

桃のスイーツ 岡山の白桃を丸ごと使ったおしるこ 最高の贅沢 季節限定

昨日
鷺宮で人と会い、
その後バスで阿佐ヶ谷へ
少し酔っていたのだけれど、
フラリと立ち寄ると、
カウンターに知り合いがいて、
その向こうに桃の箱が置かれているのが見えたので、
「桃が来たの」と僕
「ウン清水白桃ではないが白桃きたよ」とママ
「じゃぁ それ」
いつも行っている店だから、
それで話は通じるの
隣にいた知り合いの女性に
「食べた」と聞くと
「食べました 美味しかった 幸せデース」と
知合いだと便利がいいよね
多くを語らなくても
それで通じるのだから(笑い)

朱いバラ、赤いバラ、紅いバラ…どの字にするか迷ってしまう

朱いバラ、やっぱりこれだな、難しいね、雰囲気にそぐった文字、言葉って…
ウーン、なかなか、難しい…
僕は本当は真紅のシンプルなバラが好きなんだけれどね…
だから、例えば、画廊やイベント会場に行く時は、真紅のシンプルな形のいい花を数十本選んで、カスミソウは入れないで花束にしてもらったのを持参するようにしてたんだけどね…
(最近はお金がないから、そういうことはできなくなったけど、そりゃ、見応えがあったねぇ(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます