discover essei life mind  phone

トリュフチョコレート、これは美味い、食べた瞬間に慌てて追加を買いに走った

投稿日:

トリュフチョコレート ヘーゼルナッツ入りの極旨に驚く

チョコレート、いろいろ食べたよ、
その中で一番のお気に入りは、神田錦町にあったロータリー製菓のストレートのチョコレートだった。
今から50年位前かな、
僕が勤めていたスタジオがロータリーチョコレートのすぐ近くで、
ロータリーという喫茶店をしてたんだけど、
ここで飲むチョコレートがおいしくてねぇ、
で、何か手土産がいる時には、ここで売っていたチョコレートを持って行ってたの。
とても洒落た喫茶店で、
郵便局も兼ねていたから、入り口が一緒で
なにか、パリのカフェという感じ、
そんなイメージが記憶に残っているのだけれど…
そこのチョコレートは、本物
(何が本物かは分らないのだけれど(笑い)
そんなように受け止めていたの…
ところが昨日、安売り屋に行ったら、ヒメに、
「これ、チョウ美味しい」と勧められてね、
一つ買って食べたところ、
「何これ、美味い」と…
あまりの美味さに、写真を撮る前に食べてしまって(笑い)、それこそ慌てて追加を買いに走ったの。

トリュフォに形がにているということでついたネーミングらしい

リュフチョコレート
高級食材に似ているということでつけられた名前らしいけど、
チョコレートの表面をココアでコーティングしていて、口に入れると、プツプツと入ったヘーゼルナッツとうまくからまって、より美味しさを強調しているのである。

糖尿病だから食べてはダメなのにといいながら…

僕は本当は糖尿病だから、甘いものはダメなんだけど、美味しいものにあたると、
「そのために薬飲んでるんだよね」と、もう一人の自分にいいながら、パクパクと(笑い)
美味しい物、やっぱり食べたいよね…

美味しい物食べないで我慢して、それで人生かと、ネェ(笑い)

そう、僕は健康のために生きてるのではないの、
そう、楽しまなくてなんで人生かとね(笑い)思うんだよね…
おつ今日は随分強気だなぁ…
何日かすれば、
「アッ 休みになる前に薬貰っておかなければ」と、診療所に走るくせに(笑い)
そうなんだけどサー、
まぁ、それでバランスが取れているのだからヨシとしなければねぇ…
そして昨日夕方、三度安売り屋に行った時
「テッチャン、あまり美味しいもの仕入れないでよ、でないと俺、死んじゃうよ」と…大声で…
知らない他のお客さんにまで笑われてしまった(笑い)

-discover, essei, life, mind , phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで遊ぶ 今日の花はシモツケ なんだか個性が寄り集まっている そんな感じ

「シモツケ」ってどういう花なの…」
誕生花8 月 22日 
花言葉は控えめな可愛さ 純情 
しかし しかし しかし…
アップした写真を見る限り
控えめどころが
「ネェネェ 聞いて聞いて」
「あのねぇ…」
「イヤー 私が先…」
「なんで、私よ…」
まるで、
人を押しのけて喋ってる感じ(笑い)
それだけに若さは感じるよねぇ…
時にこうして 
視点(見方)を変えてみると、
思わぬ発見があって
それがまた楽しい…

挫折することは分っているのに、つい買ってしまう英会話の本

英語の発音難しい
先日、元スタッフの女性が来て
地下鉄のアナウンスで
「プリーズ ウエイトビハインド ヤマモリワークス」と言っているんだけどヤマモリワークスって何」
「…」
「何回聞いてもそうしか聞こえないんだけど」と
そう言われて気にしていたら丸の内線でも
「ヤマモリワークス」と言っている。
で、
一体なんと言っているのかと調べてみると
「pleeas wait behindo the yellow warning blocks.」
「yellow waming block」が「ヤマモリワークス」になっているのだが、あれは正しいのかねぇ…

正月休みも終わって今日から仕事、気合を入れて行くっきゃない

スマホカメラ本当に便利
スマホの写真覚えると、どこでも気軽にシャッターがきれるから、本当に楽しい…
写真さえあれば、何かは書けるから…
新たな年の始まり、よしと気合を入れて頑張ろう…

綿、綿花、コットンフラワー

それにしても面白いよね、綿花
そのままカバーをかければ、布団になっちゃうよね…
だから、子供の頃には、綿は工場でつくるものとねぇ…
こんなのが、広い所にバーと咲いていると、美しいよねきっと…
この目で一度、見てみたいと思うが、もう、この歳ではむりかな…
でも、これを撚り(より)をかけて糸にするなんて、いったい、誰が考えたんだろうねぇ…
調べて見ると
H・A・M・A木綿庵(ゆうあん)というというところが、綿の歴史について書いていた。

万世橋 秋葉原の常夜灯いいね、このレトロな雰囲気、最高

大正浪漫の特徴
簡単に言えば、西洋の文明を取り入れながら和の分文明のいいところを活かし、和洋折衷の、独自の文化が花開いた時代で、和の中に、エキゾチックなムードが多分にあって、モダンを追求した時代だと僕は思っている。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます