discover essei life mind  phone

トリュフチョコレート、これは美味い、食べた瞬間に慌てて追加を買いに走った

投稿日:

トリュフチョコレート ヘーゼルナッツ入りの極旨に驚く

チョコレート、いろいろ食べたよ、
その中で一番のお気に入りは、神田錦町にあったロータリー製菓のストレートのチョコレートだった。
今から50年位前かな、
僕が勤めていたスタジオがロータリーチョコレートのすぐ近くで、
ロータリーという喫茶店をしてたんだけど、
ここで飲むチョコレートがおいしくてねぇ、
で、何か手土産がいる時には、ここで売っていたチョコレートを持って行ってたの。
とても洒落た喫茶店で、
郵便局も兼ねていたから、入り口が一緒で
なにか、パリのカフェという感じ、
そんなイメージが記憶に残っているのだけれど…
そこのチョコレートは、本物
(何が本物かは分らないのだけれど(笑い)
そんなように受け止めていたの…
ところが昨日、安売り屋に行ったら、ヒメに、
「これ、チョウ美味しい」と勧められてね、
一つ買って食べたところ、
「何これ、美味い」と…
あまりの美味さに、写真を撮る前に食べてしまって(笑い)、それこそ慌てて追加を買いに走ったの。

トリュフォに形がにているということでついたネーミングらしい

リュフチョコレート
高級食材に似ているということでつけられた名前らしいけど、
チョコレートの表面をココアでコーティングしていて、口に入れると、プツプツと入ったヘーゼルナッツとうまくからまって、より美味しさを強調しているのである。

糖尿病だから食べてはダメなのにといいながら…

僕は本当は糖尿病だから、甘いものはダメなんだけど、美味しいものにあたると、
「そのために薬飲んでるんだよね」と、もう一人の自分にいいながら、パクパクと(笑い)
美味しい物、やっぱり食べたいよね…

美味しい物食べないで我慢して、それで人生かと、ネェ(笑い)

そう、僕は健康のために生きてるのではないの、
そう、楽しまなくてなんで人生かとね(笑い)思うんだよね…
おつ今日は随分強気だなぁ…
何日かすれば、
「アッ 休みになる前に薬貰っておかなければ」と、診療所に走るくせに(笑い)
そうなんだけどサー、
まぁ、それでバランスが取れているのだからヨシとしなければねぇ…
そして昨日夕方、三度安売り屋に行った時
「テッチャン、あまり美味しいもの仕入れないでよ、でないと俺、死んじゃうよ」と…大声で…
知らない他のお客さんにまで笑われてしまった(笑い)

-discover, essei, life, mind , phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

太田黒公園の紅葉のライトアップは超人気のイベント、これをみなくては…

この庭園、見所がいっぱいあって、カメラ、どこに向けても絵になるから、とても楽しい。
杉並、
雰囲気としては、閑静な住宅街なのだが、その中にあってなお素晴らしい日本庭園とその中に建てられた和洋瀬中の音楽の館(どういう表現をしていいのかわからない)
洋風建築のようなんだけど、日本的でもあって、壁はベンガラのように見える。
武蔵の雑木林を透かして見えるこの瀟洒な建物、この雰囲気、そして、池からそこに行く石畳の階段は、未来の希望に繋がる特別の道のようで、なんて言えばいいんだろう、好きだなこの雰囲気
likeではないfavorite,そんな感じ。
こういう雰囲気、アトモスフィア、この空間がつくりだす特有の空気感…、スッカリお気に入りになってしまった。

綿、綿花、コットンフラワー

それにしても面白いよね、綿花
そのままカバーをかければ、布団になっちゃうよね…
だから、子供の頃には、綿は工場でつくるものとねぇ…
こんなのが、広い所にバーと咲いていると、美しいよねきっと…
この目で一度、見てみたいと思うが、もう、この歳ではむりかな…
でも、これを撚り(より)をかけて糸にするなんて、いったい、誰が考えたんだろうねぇ…
調べて見ると
H・A・M・A木綿庵(ゆうあん)というというところが、綿の歴史について書いていた。

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…
まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

レンチン簡単 レタスシャブシャブ、寒い夜はこれ

目次電子レンジのスイッチを押すだけで、美味しい鍋料理、寒い夜は最高だね食べ方食べ終わったその汁でつくるリゾットがまた美味しいもしかしたら、リゾットが食べたいための水炊き 電子レンジのスイッチを押すだけ …

紅葉、どういう写真を撮るかによっても変わってくるけれど、やっぱり神代植物公園かな

やっぱり光線を意識しなければね
紅葉の場合は、午後3時から日没までの数時間と、逆光で撮ることが多い。
なぜなら、秋、冬の午後の日差しは赤みをおびてくるから、紅葉の色をより強調して鮮やかにしてくれるから…
そして逆光で撮るのも同じで、葉っぱの色を鮮やかにして、いい雰囲気にしてくれるから。
写真をやってる人はおそらく皆そうだと思うけれえど、ベタ光線、順光(カメラの方から写すもの全体にあてた光)では、ほぼ撮らない。
なぜなら、仕上がりが平凡になることを知っているから。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます