discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 初めて歩いた道なのに懐かしい

投稿日:

善福寺川に沿ってつくられた散歩道

移り住んだアパートのすぐ近くを流れている善福寺川
その緑道を初めて歩いたの
そうしたらこんな景色が
いいねぇ
思わず懐かしさがこみ上げてきて…
これ、
僕らの子供の頃の風景だよ

僕が育った岡山の家のすぐ近くを流れていた足守川
この川の上流には、秀吉が水攻めをした高松城(備中)がある。
家から足守川の堤防まで歩いて10分位だったか
田んぼの中の道をどんどん歩いて 
すぐ近くには、515事件の犬養毅の家がある
まったく違う場所なのに、
脳裏には故郷の風景が浮かんでくる
この町を早く出よう…
そう思って東京に出てきたのに、
思い出すのは、故郷の風景…
やっぱり忘れられないんだね故郷、
そして思いさす友の顔は、
学生時代のままなのである。
この道気に入った、
散歩に最高だよね、
川が流れ鳥がいて
春には櫻の名所になる。
新宿御苑を離れる時には、
「嗚呼…」と思ってしまったが、
スッカリここが気に入った、休日の来るのが待ち遠しい
今日から仕事なのに(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
気合を入れて頑張ろう…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ お雑煮の種作り、ここまでできればもう大丈夫

買い物に2日(一度に買うと重いから) そして昨日夜大根と人参の皮をむき、短冊に切って塩ゆで その煮汁は捨てないで、お雑煮のお澄ましに使うの、 昨日は、本だしを入れ、お醤油で味を調えて、保存しているの …

雨冠に鶴「靏」ハハハ 「靏」この字が読めなくて直観で「ツル」あたってた…(笑)

目次漢字難しいねぇ初めてみたよ雨に鶴なんて…なんで雨+鶴なんだろうねぇいろんな人がいるねぇ…ついでだから「雨」という字の成り立ちを調べてみるとさらに雨の名前を調べてみると昔の日本の人の感性やっぱり凄い …

望遠レンズを愉しむ 春色のその溶け合いが美しい 僕流写真の楽しみ方

生き方だって
表現だって
自分がいいと思ったものが楽しめれば
それが一番だよね…
でも、
こういう
色を楽しむ写真集というのもありだょね…
ハハハ…
こんなことを考えていると
なんか芸術家になった気分…
こういう遊びができる僕は本当に幸せ
カメラやってて良かったとつくづく思うのである

スマホカメラを愉しむ 新春の門を開きつ紅葉(もみじ)なお

道…
これが効いたね…(自画自賛 笑い)
こんなことを言っていたら
遊びに来ていた
元ビジネスパートナーの女性に
「自画自賛 自分で褒めてメデタイねというのはどう」
なんてやられてしまった…
「いいんだよ 誰も褒めてはくれないし」(笑い)

スマホカメラを愉しむ 花を贈る 愛を気持ちを花に託してラッピング

花とセロファンとリボンで、こんな素敵な贈りものができるなんて、
素敵な言葉を内包した愛の賛歌
素敵なメッセージ…
誰かに僕も…
でも相手がいない…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます