essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 古の水琴窟の音を楽しむ

投稿日:

昨日 素敵な女性とデートしたの。
とっても楽しかった。
待ち合わせしたのは須賀神社
僕のアパートの近く
時間に合わせて神社の前に行くが、姿はない。
電話すると、
神社にいるわよ、階段上がってきて
言われるままに鳥居をくぐり、階段を上がっていくと、居た。
そして写真の水琴窟のある場所を指指して


「あの竹竿の先に耳を当ててごらん」
言われるままに耳を当てると、
ピチャン ピチャン ピチャンと、
金管楽器を水が叩いているような、
澄んだ音色が聴こえてくる。
その音のなんと美しいことか…
横に立てられた札(説明書き)をよむと、
「遠い出雲の地から飛んできた雲から雨滴が一滴二滴と水琴窟に落ちていると
想像しながラ竹筒に耳を当て 滴の奏でる音色に聞き入るうちに…」と、
読んで再び耳を当て。
耳を澄ませば、
心にしみるその音が、細胞の隅々まで伝わって、
心を妙に落ち着かせてくれるのだった。
ゆとりだねぇ…
古人のなんとも高尚な遊び、
遊びとは、こういうことを言うのかと、思わされる嗜好だった。
「これはいいものを見せてもらった。知らなきゃわからない、そういうものだものねぇ…」
近くに居て、未だ神社にすら入っていなかったのだから、

その後ちもとに行って

僕は先日と同じもの
「この雰囲気素敵」と、
女性も喜んでいた。
さて、この後、どうすると言いながら阿佐ヶ谷駅に行くと
浜田山行の「すぎまる君」が
「あれに乗って浜田山に行こう」と女性
よしと二人で飛び乗ってしばらく走ると
「次はみどりの里」という案内が
「ねぇねぇ次はみどりの里だって、公園みたいだね、降りようか」
そう言っておりたのだが、
公園らしきものは何もない
道行く人に
「みどりの里ってどこですか」と尋ねると
「あれです。あの老人ホームです」
公園かと思ったら老人ホーム 二人とも高齢者
笑いが止まらなくなってしまった。

でも浜田山の駅はすぐそこ
気をとりなおして歩いていると、
大きなマンションに立派な花壇があって、美しい花々が咲き乱れている。
「あっこれキレイ、これ可愛いいわねぇ」なんていいながら、写真を撮っていると、
「あの白い可愛い花、あれなんていう花」と花壇を手入れしている男性に女性が声をかけると
「あれはステラ 一年中咲きますよ、良かったら持っていきますか」
そう言ってプレゼントしてくれたのだっった。
男性はこの花壇の管理を任されている人で、
「花壇は自分にとってのキャンバス、いかにしたら喜ばれる花壇にできるか」と、
精魂込めているらしい
ひとつひとつの花の特徴を説明してくれる男性の輝いた顔がまぶしかった、
その後、
私たちは浜田山の駅にでて、線路を渡って歩いていたら、大きな公園が、
「あら これ、私の来たかった公園だわ、柏の宮公園 前々から来たいと思ってたのよ」
偶然の発見に彼女大喜び、
しばらく花など愉しんで、
近くにあった「すぎまる君」のバス停で待っていると、すぐにバスが来て乗ったのはいいが、なんか感じがちがう
「阿佐ヶ谷に行きたいのだけれど、これは何処行き」
運転手に尋ねると
これは「下高井道 阿佐ヶ谷には行きません」
慌てて降りると、
僕たちのことを心配して女性が降りてくれ、
浜田山駅から阿佐ヶ谷駅行きバスまでの案内をしてくれたのだった、
優しいねぇ、
そして親切、
感謝…
とっても嬉しかった、
そしてデートは、笑い転げる程の膝栗毛になってしまったが、とても楽しい一日だった。
あてもなく歩く、こういう旅、
キャラキャラと笑いながらのデートとても楽しい

-essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 今日はヤマボウシ なんか蝶々みたい 

スマホカメラ?…
そういってバカにしていたのに
最近はすっかりそれにハマちゃって、
人の拘りなんてそんなもの…
やっぱり理屈より実践…
なんでもやってみるもんだね…
やってみると想像を超えるものがそこにあったりしてね…
文明とは凄いものだと感心させられるこの頃である…(笑い)

スマホカメラで楽しむ 今日のテーマはベニハゴロモノキ(紅花羽衣木)

この作品(写真)に対して僕は
「しがらみ」というタイトルを付けたんだけど どうだろうか

人は多かれ少なかれ
しがらみの中で生きているの…

それを断ち切って自由に生きるというのも
実際には結構辛いものがあるんだよね…
尤も今のように
高齢者になって
ただその日を楽しく生きればいい世捨て人になると
そこにはそれなりの楽しがあるのだけれど
しかししかししかし…
いつの間にか
また別の何かを求めている自分がそこにいるの(笑い)
そう考えると
人生とはやっぱり
「欲望という名の電車を乗り継ぐ旅」なんだとつくづく思う…(笑い)
ああ、
何がなんだか分からなくなってきた。
今日はこの辺でやめとこう…(笑い)

写真を愉しむ ダンシングチーム シラーヒスハニカの華麗なダンスを愉しむ

ミュージカル
舞踊
コンサート…
春の劇場は本当に楽しい

焼き芋は冷やすとさらに味深く 「冷やし甘いも」昨日セブンイレブンで見つけたの

ある日のエピソード
ちょっと用事で天満屋(デパート)まで買い物に行き
帰ってくると、
ラウンジのピアノの所に入院している人たちがみんないて、
お茶を飲みながらピアノの伴奏で歌を歌ってるの
秋だった
叔母もボランティアの人とそこにて
顔を見るとニコリと笑って合図を
で横に行って座ると
「ご主人様はコーヒーですか紅茶ですか」と
「エッ ご主人 この人もう100だよ…」
思わず…
しかし叔母は何も言わずただ笑ってるだけだった…

スマホカメラを愉しむ 今日の花はホタルブクロ

ホタルブクロの
花を見て
思い出す
ありし日の叔母の笑顔
が懐かしい

七五調で
頭揃えで描けば
なんとなく
そんな雰囲気になってくる(笑い)から面白い…

齢をとらなきゃ、
こんなデタラメ
表にだせないよね(笑い)…
昔の流行り言葉でいえば
「なんちゃって風流人」
いいねぇ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます