discover essei photo

望遠レンズを愉しむ 山裾に白き木蓮燃え盛り 

投稿日:

ダイナミック

黒く潰れた背景の中で白い木蓮の花が…
ただそれだけ…
でも、
なんとなく神秘的で
詩的な何かを感じたんだよね…
その何かが言葉になって出てくれば楽しいんだけど
残念…

これも望遠レンズならではの効果だね…

作品としていいのかどうかは分からないが、
抽象的なこういう雰囲気
僕結構好きなの
桜もこういう雰囲気
面白いかも…
白い世界
淡いピンクの世界…
そんなんで一冊とか…(笑い)

表現

いろいろやってみないとね…(笑い)

話変わって
NOTEへの掲載
なんと今日が365日目、
そう毎日綴ってきたの
だから何と言われればそうなんだけどに、
1年毎日…
内容はともかくとして、
そんな根性(?)
よく持っていたなと(笑い)
で、
何か見つけたの
いや
何にも…(笑い)
ただ、
早朝に起きて
何かをするということが苦にならなくなったことと、
苦手だった朝の生活が楽しくなったことは確か

昔は5時頃まで遊んで10時頃まで寝るというパターンだったのに
今は真逆の生活…
面白いね…

ああ、
そう言えば
目覚めた時に頭がスッキリしている(これは確か)
それから
コンピュータのスイッチをポンと入れ、
写真を選ぶと、
指が勝手に動いて、
勝手に記事が出来上がっているのが面白い
そう、アドリブで…
それまで何にもなかったのに、
勝手にツラツラと
それが面白くてねぇ…
日記を初めて良かったのはそれかな…
だから僕はこれを心模様のスケッチと名付けて楽しんいるのだけれど、
後から読み返すの恐いような気もするんだけどね…(笑い)、
心のメモ
読めば、
そこに何か楽しいヒントがあるかもしれないしね…
撮って書いて…
本当に愉しい
こうなったら、
それを生き甲斐として行くしかないね…
いつまでできるか分からないけれど、
行けるところまで行ってみよう(笑い)

仙人の月スケジュール

早起きをして
週に何日かを日銭稼ぎに行き、
散歩して写真をとり、
月に一回俳句の会に行き、
素敵なお姉さんたちと、
お茶を愉しみ
食事を愉しみ
お喋りを楽しみ、
月に一回
ワインと食事とお喋りを楽しむ肩書を外したパーティーに行き
時間があれば
「茶とあん」
に行って
「お茶とお喋り」を愉しみ
そんなことをしていると、
やりたくてもやれないものも結構あるんだけど
それもまた楽しだよね…
仙人の生活本当に楽しい…
そういう意味では
僕にとって今が人生の華なのかもね…(笑い)
まだまだ元気
遊び時間はたっぷりある…(笑い)

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

棟方は言った「わだばゴッホになる」だがゴッホにはなれなかった世界の棟方になった

ヒマワリを見ると思いだす「彫る・棟方志功の世界」(毎日映画社)という映画の最後のナレーション
何回見て感動する。
感動って素晴らしい

写真を愉しむ 風吹いてコスモスの花楽しそう

思い出のなかを旅するというのも、とてもたのしい…
喫茶店でコーヒーを飲みながら…
いいね秋…
んんとなくセンチなほろ苦き青春の思い出

火の燃える情景は、エネルギーのビジュアル、燃え盛る炎には不思議な魅力がある

勢い、若さ、燃えるエネルギー、やっぱり魅力あるよね…
僕は政治には、何の興味もないのだけれど、
杉並の8区、たまたま握手した女性候補者の当確が早々に出た時にはヤッターと思ったね…

写真を愉しむ 静かなる気迫…

自然は、常に何かを教えてくれる…
感じさせてくれるのである。

写真を愉しむ 美しいものに感動する、アッという、その時の気持ちが好きなの

写真、本気で撮ろうと思うと、本当に大変…
しかし、その緊張感が心地いい…
今日も愉し、明日も愉し…
出張撮影…
歩きだと持てる機材は限られてしまうが、しゃーない
足りないところは工夫しながら…それもまた楽しいのである

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます