discover essei flower

コンデジのズームを望遠域にしてパターンで花ニラ、春の象徴

投稿日:

春は桜とつい思うが花ニラも春の象徴

今回撮ったのはブルーだけど、
白もある。
広い範囲で
一面にブルーの花ニラが咲いている姿はとても美しい。
でもこれ写真にするの、
なかなか難しい

クローズアップもいいが、今回はパターンで

この花、
クローズアップも可愛いんだけど、
丘一面に咲いている風景も欲しいよね
そんな時は、
コンデジのズームを望遠にして
よく分らないけど、
35㎜のフイルムカメラに換算して
300㎜位になってるのじゃないかな…
僕は写真家だけど、
メカには滅法弱くてね…
カメラは好きだけど、
これがあると便利がいいということ位しか知らないんだよね…
たしか、
カメラを買った動機が、
望遠がコンデジの中では一番効いたから…
でも、
このカメラあまり売れなかったんだろうね、
アッという間に
製造中止になったもの(笑い)
そりゃそうだよね、
全体が強化プラスティックだし、
パッとみて
おもちゃ?
そんなカメラでROU撮影はできないし…
だから、
JPGで撮って、TIFFに変換して保存してるの
JPGは劣化すると聞いてるから…
話が流れてしまった元に戻すと、

春風の中で丘一面に咲く花ニラの群生…

こういう時はもう、
何も考えないで、
ただカメラを向けて、
レンズを望遠域にしてパっと撮るだけなんだけど、
なんとなく様になって見えるよね(自分ではそう思ってるの)
ところで
花ニラ

食べられるのだろうか

調べて見ると
ニラには,
葉を食用にする「葉ニラ」(一般にスーパーで売られているもの)と
「花(つぼみ)とその下の茎を食用にする”花ニラとがある。 
 花ニラの葉も
若く柔らかい時期は食用になる。
という説明があった。
だが、
「ハナニラ」と言われるものは,
葉を潰すとニラと同じようなにおいがするが,
属が違い毒性がある。
という説明が、
この説明では、
結論として何を言っているのか分らないのだけれど、
怪しいものは食べない方がいいと僕は思う。
しかし、

ニラおいしいよね

うどん、
素麺の汁にニラを刻んで入れるの、
ネギよりもずっと美味しい。
ニラは中国では最高のご馳走というのを何あかの本で読んだ記憶がある。
友達が来て、
ご馳走するためにニラを摘む
そんな内容の漢詩があったと思うが、
思いだせない…
僕の故郷

岡山では黄色ニラが有名で、

ニギリ(寿司)がとてもおいしいの…
さっとお湯を通してると思うんだけど、
その上に梅肉のエキスが少しかかっているの…
思いだした、
食べたくなった
そう言えば
大阪で食べた
ねぎ芽のにぎりも
美味しかった
でも でも でも
そのために大阪やら岡山に行く財力は今はないし…
こればかりは、
友達に電話して
「送れ」
という訳にもいかないし…ね

話変わって

昨日
「茶とあん」(阿佐ヶ谷)に行ったら
お洒落でハイカラな高齢のご婦人が二人…
あっ、僕の「写真集般若心経」見てる
そう思ったら
「これいい、とてもいい」
そう言って、
一冊ずつ注文してくれた、
嬉しいねぇ
作り手にとって、
これ程嬉しいことはない…
僕はただ、
豆しば書房さんに感謝するばかりである…

 

-discover, essei, flower

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井戸ポンプ 懐かしい。と言っても知ってる人は…だよね

井戸 もはや過去のものかと思っていたら、災害に備えての準備で今、注目されているというのだ。
そう言えば、散歩していると
「ここに井戸があります。災害時、お使いください」と書かれた札を時折みかけることがある。
そうだよね、水、大切だものね、コンビニなんか、あっという間に売り切れちゃうもんね、井戸の場所、メモしておく必要がありそうだね。
水はまさに命の水だからね…

スマホカメラを楽しむ 今日のテーマは赤松と黒松

松茸の正体は赤松の根に寄生する菌根菌(きんこんきん)と呼ばれるものなのそうで、
菌根菌と赤松は共生の関係なのだそう

「燃える秋」本当はこの言葉使いたくないんだけれど、他にいいようがないので

紅葉を見て、そこに人生を重ねるのはやっぱりセンチ…
人生って、いったい何だったんだろうねぇ…
答えの出ない答えを探してもしようがないのだけれど、今はもう、楽しかったことしか思い出せない(笑い)
現実の人生は、決してそんなことはなかったと思うんだけれど、都合のいいことしか覚えていないの、ハハハ、だから「安楽院気楽居士」と言われているの…

スマホで撮影、印象的冬の風景、上野公園にて

写真はレンズを通して見えたものしか写らないということを、知っておくことが、大事なのだけれど…
しかし、しかし、しかし…
写真は、レンズの位置から見えたものが写るというのは知っておく必要がある。
特に光物などは、レンズの位置から見なければ、肉眼で見てこうだと思っても、実際には写り方が違うということを、知識としてでも知っておくと、写真の撮り方、出来上がりもかなり変わって来ると思うので、意識するといいと思う…
今日の話はちょっとお節介だったかな(笑い)

写真撮影、無茶もテクニック、写真はかくあるべきというものはない、いいと思えばそれでいいのだ

コンテンポラリーフォトグラフィー、簡単に言えば、
「意識的欠陥写真」
きれいじゃないから伝わるものがある。
はちゃめちゃだから伝わるものがある。
ボケているから、より感じられる
そんな概念で、意識を表に出す(ビジュアル化する、表現としての写真)の時代がやってきて、本当に楽しかった。

昨日、撮った、この写真を見ながら、コンテンポラリーの頃のことがフと思いだされたのである。
そして思ったのが、
デジタルカメラで、それをやると、お面白いかもしれないということだった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます