discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 今日の花はホタルブクロ

投稿日:

色紙をねちょっと意識してみたの

絵(写真)はホタルブクロ 
漢字で書くと蛍袋
薄いピンクの袋状の花の姿は
まさに
蛍が中にいて光っているみたい…

提灯の古名は火垂 知らなかった

ホタルブクロ
名前の由来は 
花が提灯に似ていることから、
提灯の古名の「火垂(ホタル)」からついたという説明が
念のために提灯の古名を検索してみたら
「火垂(ホタル)」となっていた。

検索ググルというらしいけど本当に楽しい

そうなんだ、
実際 
この花
中にホタルがいるように思えるよねぇ…
そんな雰囲気を持っている
咲いている姿を見ていたら
色紙のようにすれば風情が出るかな…
そう思ってスクエアにすることを前提にして撮ったのだがマァマァかな…(笑い)

色紙には思い出がいろいろあってね…

色紙、祖母(父の母)が短歌をしていたから家に沢山色紙があってね
白蓮、連月尼とか有名な人の物もいろいろあって
叔母(父の妹)は特に、
季節ごとに相応しいものを飾るのを愉しみにしてたので
色紙とか短冊にはなぜか特別の思いを僕は持っているのである
この花(写真の花)を見た時
瞬間的になぜかそういう思いでが蘇ってきて
こういう写真にしたのだが…
雰囲気は出たと思っているのだがどうだろうか…

ホタルブクロの
花を見て
思い出す
ありし日の叔母の笑顔
が懐かしい

七五調で
頭揃えで描けば
なんとなく
そんな雰囲気になってくる(笑い)から面白い…

齢をとらなきゃ、
こんなデタラメ
表にだせないよね(笑い)…
昔の流行り言葉でいえば
「なんちゃって風流人」
いいねぇ…
こういう遊びも結構楽しい…
そういう意味では
スマホはまさに矢立
腰にぶら下げていて
アッと思ったらパシャと撮って
メモに思いついたことを記録しておくの…

俳句とか短歌とか
老人の遊びと思っていたけれど、

やっぱり
そういう歳になると
そういうのが楽しくなってくるから不思議だね…
遊び…

本当に本当に本当に
奥が深い…
次から次にやりたいことがいっぱい出てきて困ってしまう…
さて今日は何を書かせてくれるのかな…
ブログ本当に面白い…
これこそまさに究極の遊びだと僕は思っているのである…

 

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブーチャン、姉の家の猫、人懐っこくて、話していると、いつの間にか現れて会話に入ってくるの

一人身になれば、
「ネコでも居てくれると、気持ちが和らぐ」と、
しかし僕には動物は無理なので、馴染みの喫茶店にいて、話したり笑ったりするのがもっかの処の心のいやし…
やっぱり、人のいるところ、話し相手は必要だね…
つくづく感じるこの頃である

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはクレマチス 典型的な日の丸写真 僕はこの撮り方好きなの 

昔 週刊誌に書いた写真の撮り方のコピーが出てきた
昨日 
部屋を掃除していたら
昔週刊誌に連載した写真のとり方の原稿のファイルが出てきた。
一回分が800字のコラムで63回がファイリングされている。
ぺらぺらとめくって拾い読みしてみたら、
結構面白い
ただしこれは
フイルム時代のことだから
今とは感覚がちがっているのだけれど、
考えかたは結構参考になる
で思ったのが

フイルムカメラをデジタルスマホにしてリライトすれば面白いかもということだった。

なんだかよく分らない、分からないということは魅力なんだ

朝起きて、
Googleドライブの共有に入れようとするのだが、
長いこと使ってないから、
やり方がわからない
おまけに、
原稿を、
使い慣れたXPのWordで書いて、
それを10に持ってきてと思っていたのに、
なんとWordがPDFに勝手に変換されてしまうという状態になって、
結論としてメモ帳にコピペしてなんとか送ったのだが、
Googleドライブがまだ解決していない、
それをなんとかしなければ、
作ってくれる人も困るよね…
そう思っていたら、
「写真来てるよ」という連絡が…

一点の光りもの、お洒落の基本を教えてくれているような … 

昨日はとってもとっても嬉しい手紙が来たの
達筆で 
ペンで和紙の便箋にブルーのインクで
バランスのいい文字列は心に響くね…
大学教授(故人)の奥さんなんだけどね
「写真集般若心経」
(ペーパーバック 編集まめしば書房 kindleで出版アマゾンで販売)
を送ったことに対してのお礼の手紙なんだけれど
「蓮の花が深い緑色に映え、
手に取っただけで心が落ち着いて参ります
以前から、
病床の友にと、
写真入りの本を探しておりました
大きさ内容共に届けできる一冊だと思いました…」
嬉しいねぇ…
今の時代
封書で和紙の便箋にペンとブルーのインクで書かれた手紙
いいねぇ…
大事にしたいよね
こういう文化
そう思いながらしばらく眺めていたのだった

クリスマスシュトーレン、今やクリスマスに向けて贈るプレゼントの定番らしい

約3週間かけて味が少しずつ変化する、ドイツの伝統菓子・シュトーレン。
シュトーレンは、ラム酒など、洋酒に漬けたレーズンやオレンジピールなどのドライフルーツ、アーモンド、クルミ、ナッツが、バターをたっぷり使った生地の中に入れられていて、時間が経つとドライフルーツと洋酒が成熟して、味が深みをまして、一層おいしくなるらしい。
そうか、これも一種の発酵食品、ヨーロッパにはチーズ以外には発酵食品がないものね。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます