discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ なんとなくアート なんとなくモダン そしてなんとなくポエジー

投稿日:

なんの葉っぱか知らない

なんという植物かも知らない
近くにある公園のフェンスに絡まっていたの
そう、
逆光で葉っぱだけがキラリと光って…
見た瞬間
面白い
そう思って…
うん撮った時のメモ帳に
なんとなくアート
なんとなくモダン
なんとなくポエジー
と書いてあったの

このイメージどこから出てきたか僕には分る

この時の僕の脳裏には
山陽新聞社発行のムック本
竹久夢二(栗田勇編)の取材で
イラストレーターの山口はるみさんが持っていた
竹久夢二の「化粧の森」と同じ構図で描かれたボーグ誌の絵を自宅にうかがって撮らさせてもらったことがあるのだが、
おそらくその印象が頭の隅にあって、
写真の風景に出会った瞬間
その記憶が還ってきて、
それで撮ったのではないかと思っているのだ。
感覚って
そういうささいなことが引き金となって湧き起こってくるんだね…
多分
パターンとかモダンとかアートというのを意識しだしたのは、
この本の取材を通じて、
そう思っているから…
そう、
こういう雰囲気
僕は好きなの…

デザインのような
イラストのような
本の表紙のような…
なんとなく詩を感じさせるような雰囲気
こういう雰囲気とても好きなの…

詩人に詩を書かせる人もまた詩人なのだ

何かの本で読んだ記憶があるのだけれど、
詩人とは詩を書いた人のことと一般には思われているけれど
その詩を書かせた人もまた詩人なのであるというのが、
僕の頭の中にずっとあるのだけれど
その考えに従えば
逆光で光る葉っぱを見て
「アート」と思い写真を撮った僕も
アーチストだよねぇ…(笑い)
でもそういうと、
「そういうのはね、
人が言ってくれることで、
自分では言わないの」と言われそうだが、
黙っていたら誰も言ってくれないものねぇ…(笑い)
でもでもでも
こういうコレクションもっともっと増やしたいな…
今日も愉し明日も愉し…

やっぱりこういうメモ大事だよねぇ…
だって自分の発想の根源が見えてくるもの…
自分の心の中を旅する、
それもいいねぇ…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメラを愉しむ 何もない 月と沙だけ どこまでも

片づけ昨日ははかどった
元カミが助っとに来てくれたんだけど、
僕の数倍の決断力での強硬断捨離…
お陰で部屋はスッキリしたが、
服など、半分に減らされた
それでもまだまだ…
もう一回思い切った強硬断捨離をしなければだめだな…
墨染めの衣一枚になるのは…覚悟がいるねぇ…(笑い)
もう、物は要らない…
つくづく、そう思わされた一日だった…
ついでに恰好も捨ててしまわなければ…なのである

ちょっと不思議な出来事 やっぱり意志って伝わるんだ それもやっぱり虫の知らせか

フイの電話
同時にいろんな思いでが一気に押し寄せてきて…

その思いをなんとか整理してと書き始めたのだけれど、
僕にはやっぱり
思いついたことをただ打ちまくるしかなかった
だから単なるメモなんだけど
記録に残さずにはいられはかったの…
親しいけれど、
そして断片的にポツリポツリと会っているだけの友達なんだけど、
学生時代からの憧れの女性…
書かずにはいられなかったのである

写真を愉しむ 「一人静」この花の名前には、大変な物語りがあったのだ

吉野山 峰の白雪踏み分けて 入にし人の跡のぞ恋しき
義経が奥州平泉に落ち延びた後、
吉野山で捕らえられ、鎌倉に護送され、
頼朝に強要され、鶴岡八幡宮で踊りに合わせて読んだ和歌とか
静かなのに華やかで、しかしどこかに寂しさが漂うのは、そういうことか…
写真は楽しい、いろんなことを勉強させてくれるから…

スマホカメラを愉しむ 白木蓮の木の下で一杯一杯復一杯 そうかもう、花見のシーズンか

スマホを持っての散歩、やっぱり楽しい
休日は、休日を愉しまなければだよね…
休日には、休日の空気があるのだから…

スマホカメラを愉しむ あるマンションのベランダ見事

Googleの「Lens」
いろんなものが調べられるので重宝している
これ入れておくと便利がいいよ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます