discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 秋色の光りと色のページェントが美しい

投稿日:

楽しいね 光と色のページエント

スマホを首にぶら下げてフラフラと
そして
「OH」と思った瞬間を撮るの
形なんかどうだっていい
色と光が織りなす綾が写っていれば僕はそれでいいのだ
パッと撮ってモニターを見る
「ヨシ」と呟いてまた歩き出す
こうして
「ウン」というのが何点か出ると散歩は切り上げてお茶を飲みに行くの

気が付くと足は阿佐ヶ谷に向かっていた

昨日は新宿駅の近くに居て小腹が空いてたので
「オダムスビ」でおにぎり2個とお味噌汁でお腹を膨らませ
総武線に乗って阿佐ヶ谷へ
昨日は日曜日なのに珍しく店は空いていたので、
カウンターで、
仲のいいお客さんとママも含めて
数人でお喋りを
それまで
自然を相手に自分自身
(自分の中にいるもう一人の自分)
と会話していただけだから口が勝手にペラペラと動きだして…(笑い)

それは分かるけどちょっと可笑しい…

そうしたら
「言っていることはなんとなく分るけど
それはちょっと可笑しい」
とか
いろいろ突っ込まれたりして、
その場その場で
アドリブで理屈をこねるの…(笑い)
で、
これはちょっと強引だったななんて思うと
瞬間に
「私の考えでは、それは納得できない」などと突っ込まれて
「もっと頭を柔らかくしなきゃダメよ」と別の女性がそれに被せて来る。
「だってそこは、僕のコアだから…」
「…」
ここではみんなスピリチュアルな話が好きで、
僕もスピリチュアル好きなんだけれど、
あえて僕は
ここでは
「パワースポット そんなものがあったら見てみたいよ」
「でもね 物質と精神は深いつながりがあるというのはなんとなくなんとなくなんだけどね、
それも言ってみれば思い込みだよね、
でも
この思いこみは力になるみたい」
などと、勝手な理屈を…(笑い)
「いやでもね、
今はもっと研究が進んで思い込みだけではなくて、
ロジカルにそういうことが語られている本もいっぱい出てっるし…」
「そうかも知れなきけれどやっぱり僕は思い込みだと思うなぁ」
そんな話をしてるとあっと言う間に夕暮れ、
外はもう真っ暗…
ひとしきり喋って
いい気持ちで
丸の内線の南阿佐ヶ谷まで歩き、
御苑前のドトールに寄って部屋に帰ったら21時…

階下のセブン「冷やし焼き芋」とコーヒーを買って
ソファーで寛いでいたらいつの間にか寝てしまっていた…
で、夜中起きて
大型のモニターに撮った写真を映しだしてみたら
「けっこぅいいじゃん」(なんちゃってね…)


秋色の
織りなす綾こそ美しい
なんて思いついたことをそのままキャプションにして…(笑い)
そうしたら
「ページェント」という言葉がふいにきて
調べたら劇場
「OHこれいいな」
そう思ってタイトルに
「秋色の光りと色のページェント」と慌ててつけ加えたの(いい加減笑い)
今日も愉し
明日も愉し
スマホカメラ本当に愉しい…

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真竹の筍の旬は短い だから貴重な食材なの

僕流の筍ご飯
筍の煮物を適当な大きさに切り、
酒 少々
ミリン 少々
麺つゆ少々
醤油少々
ベーコン(これが味を美味しくするの)
それをご飯とともにボールに入れ
かき混ぜてからラップをかけてチンするだけ
3分から5分位かな
出来上がったら上にクレソンを適当に置いてアクセントに…
これ結構
人気になっているみたい
(僕の知り合いの間でだけど)
今回はやっぱり、
これが楽しみだね、
お茶漬けとともの…

梅の花 可愛く咲いて 春そこに スマホで撮ってちょっと俳句の真似事を

Filofax(システム手帳)やっぱり今でも使っているもの
文房具には夢があって、想像力を書きたてる何かがある、
これさえあれば、いつでもどこでも、一人で遊べる、今はそれにスマホとタブレットが僕にとっての必需品
バックが重くなっても、どこに行くにも持っている貴重品なのである
昨日は新宿御苑で蝋梅をみた、また、楽しい季節がすぐそこにを実感した。今年はスマホで大いに楽しもう

スマホカメラを愉しむ、今日のテーマはビョウヤナギ、オトギリソウ

「オトギリソウ」の薬効成分
かつて、
メラトニン、セラトニンという睡眠誘導のサプリメントが人気になったことがあるが、
その材料がオトギリソウだったという話を、
ある製薬会社の人から聞いて覚えているから、
以来僕は、
この花を
「ビョウヤナギ」と呼ぶことにしているのだが
「ビョウヤナギ」とはどういう字をかくのかと
気になったので調べてみると
「未央柳」「美女柳」「美容柳」の字が充てられていた。
なる程
やっぱり僕には
こちらの方が相応しい…(笑い)
そう言えばこの花
なんとなく艶めかしいよね…(笑い)

レンゲショウマ その姿はまさに森の妖精 あっちを見てもこっちを見ても それだけにどう撮るか困ってしまう

誤嚥肺炎の予防にシニアの合唱チームに入って週に一回
ある人の家にあつまって2時間ばかり歌っているのだが、
その家のご主人が、
区のシニアクラブの役員をしていて
「俳句を作って」と頼まれたので
「575だけなら…」
そういって応募用紙を貰ったの
そうしたら
90歳の着物をきたマダム(この人長いことローマにいた人なんだけれど)
帰りに
「私、24年間、俳句のクラブをやってるの、うちに来てみんなでワイワイやってればコツが掴めるから…」
そう言って誘われたので行ってみようかなと
イタリアのアンティークな丁度品に囲まれた写真の裏に俳句名と場所を書いた(名刺)をくれたので、ちょっと楽しみ…
このご婦人、
90歳なのに背筋がピット伸びてカクシャクとしてとても素敵な人なの…

ローライフレックスかローライコードか、思わず買っちゃった500円、

恰好いいよねぇ二眼レフ
これも名機中の名機(ドイツ)
二眼レフというのは、上のレンズで見て、下のレンズで撮るの。
遠くの物を撮る時には問題ないが、近くの物を撮る時は、上のレンズと下のレンズの距離があって、見た目と実際に写る範囲が違うからパララックスガイドに従って修正しなくてはいけないんだけれど、とても人気のカメラだった。
公園などで、インテリ風の人が、そしてなぜか、若い女性が首にぶら下げているのを見かけるたびに、
「今も人気カメラなんだな」とつい思ってしまう。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます