discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 秋色の光りと色のページェントが美しい

投稿日:

楽しいね 光と色のページエント

スマホを首にぶら下げてフラフラと
そして
「OH」と思った瞬間を撮るの
形なんかどうだっていい
色と光が織りなす綾が写っていれば僕はそれでいいのだ
パッと撮ってモニターを見る
「ヨシ」と呟いてまた歩き出す
こうして
「ウン」というのが何点か出ると散歩は切り上げてお茶を飲みに行くの

気が付くと足は阿佐ヶ谷に向かっていた

昨日は新宿駅の近くに居て小腹が空いてたので
「オダムスビ」でおにぎり2個とお味噌汁でお腹を膨らませ
総武線に乗って阿佐ヶ谷へ
昨日は日曜日なのに珍しく店は空いていたので、
カウンターで、
仲のいいお客さんとママも含めて
数人でお喋りを
それまで
自然を相手に自分自身
(自分の中にいるもう一人の自分)
と会話していただけだから口が勝手にペラペラと動きだして…(笑い)

それは分かるけどちょっと可笑しい…

そうしたら
「言っていることはなんとなく分るけど
それはちょっと可笑しい」
とか
いろいろ突っ込まれたりして、
その場その場で
アドリブで理屈をこねるの…(笑い)
で、
これはちょっと強引だったななんて思うと
瞬間に
「私の考えでは、それは納得できない」などと突っ込まれて
「もっと頭を柔らかくしなきゃダメよ」と別の女性がそれに被せて来る。
「だってそこは、僕のコアだから…」
「…」
ここではみんなスピリチュアルな話が好きで、
僕もスピリチュアル好きなんだけれど、
あえて僕は
ここでは
「パワースポット そんなものがあったら見てみたいよ」
「でもね 物質と精神は深いつながりがあるというのはなんとなくなんとなくなんだけどね、
それも言ってみれば思い込みだよね、
でも
この思いこみは力になるみたい」
などと、勝手な理屈を…(笑い)
「いやでもね、
今はもっと研究が進んで思い込みだけではなくて、
ロジカルにそういうことが語られている本もいっぱい出てっるし…」
「そうかも知れなきけれどやっぱり僕は思い込みだと思うなぁ」
そんな話をしてるとあっと言う間に夕暮れ、
外はもう真っ暗…
ひとしきり喋って
いい気持ちで
丸の内線の南阿佐ヶ谷まで歩き、
御苑前のドトールに寄って部屋に帰ったら21時…

階下のセブン「冷やし焼き芋」とコーヒーを買って
ソファーで寛いでいたらいつの間にか寝てしまっていた…
で、夜中起きて
大型のモニターに撮った写真を映しだしてみたら
「けっこぅいいじゃん」(なんちゃってね…)


秋色の
織りなす綾こそ美しい
なんて思いついたことをそのままキャプションにして…(笑い)
そうしたら
「ページェント」という言葉がふいにきて
調べたら劇場
「OHこれいいな」
そう思ってタイトルに
「秋色の光りと色のページェント」と慌ててつけ加えたの(いい加減笑い)
今日も愉し
明日も愉し
スマホカメラ本当に愉しい…

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ なんとなくアート なんとなくモダン そしてなんとなくポエジー

このイメージどこから出てきたか僕には分る
この時の僕の脳裏には
山陽新聞社発行のムック本
竹久夢二(栗田勇編)の取材で
イラストレーターの山口はるみさんが持っていた
竹久夢二の「化粧の森」と同じ構図で描かれたボーグ誌の絵を自宅にうかがって撮らさせてもらったことがあるのだが、
おそらくその印象が頭の隅にあって、
写真の風景に出会った瞬間
その記憶が還ってきて、
それで撮ったのではないかと思っているのだ。
感覚って
そういうささいなことが引き金となって湧き起こってくるんだね…
多分
パターンとかモダンとかアートというのを意識しだしたのは、
この本の取材を通じて、
そう思っているから…
そう、
こういう雰囲気
僕は好きなの

スマホカメラで愉しむ 可愛いね落ち葉さんなんとなくメルヘン

メルヘンかぁ
憧れるね
「おじさん遊ぼうよ」
「君どこから来たの」
「分らない」
「時々ね、フワっと体が浮いてヒューと飛ばされるの」
「そうか風に運ばれてきたのか」
「でも今日は穏やかだし しばらくは大丈夫だね」
「風さんが来たら御免ねだけどね」
「よかよか じゃちょっと写真を撮ろう せっかく出会ったんだから」
「可愛くとってね」
「 そのままでいいそのままで」
「ホラ」
「ヘー これが私なの 可愛いい」
「そう とっても可愛い」
よし今日の575は
「可愛いね どこから来たの 落ち葉さん」と書いておこう

いやだもう なに見みてんのよ!自然はいろんな物語を見せてくれる

この写真 スマホカメラでなかったら撮れてなかったかも…
そう思ってアップしたの…
だって写真は
「一期一会」
その時
その瞬間を逃がしたら
二度と再び
その絵は撮れないんだから…
散歩の楽しみは偶然の発見というのがあるのだけれど
そういう意味ではスマホカメラ
本当に素晴らしい

思いつき料理を愉しむ 広島菜 パスタと合わせ 粉チーズ これ美味い

パスタと言えばエピソードがある
もう随分昔の話である
なんで東京駅だったのかは忘れたけれど
仕事のパートナーの女性とレストランへ
で、
僕はイカ墨スパゲッティーを注文した。
そして出てくると早速
一口 食べて
何これ…
ウエーターを呼んで
「これちょっと食べてみて これお金がとれるもの…」
そう言って食べてもらったところ
お皿をサッと引き上げて
暫くしてから
「スミマセン 確認したところ、お塩を入れ忘れたといくこで、
スミマセンすぐ作りなおします」と
それを聞いて
「イヤ もう結構」
そう言って出たのだが
パートナーの女性が言った
「こんな処でイカ墨を頼むことが間違っている…」
だって、
キレイな立派なレストランだし…と僕

スマホカメラを楽しむ、恋の季節なんていうタイトルはどう、ちょっとイラストを意識したの

僕にとって写真とは、心のビジュアル化なのである

喫茶店などで、
時にそういうことを話すと、
なぜかみんな喜んで聞いてくれるの…
写真はだから楽しいの。…
スマホカメラの便利さに気づいて、
最近、
ますます、撮影が楽しくなってきたの(笑い)
小さな発見、
そして撮影…
お気に入りができると、
いつまでもいつまでも、眺めて楽しんでいるのである。
それにしても変なおっさんだよね、
自分でもそう思う。
でもね、
いろんなところに、
いろんな友達がいて、
本当にたのしい。
そろそろ春…
いろんんな物語りが始まるね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます