discover essei photo

焼き芋は冷やすとさらに味深く 「冷やし甘いも」昨日セブンイレブンで見つけたの

投稿日:

焼き芋冷やすとさらに美味しくなるの知ってたよ

これいつかは商品になるなと思っていたらやっぱり
昨日セブンイレブンで見つけたの
普通の焼き芋の約半分の大きさのものがパッケージされてスイーツコーナーに
1つ250円だったかな
薄いピンクのパッケージには
「しっとり濃厚食べきりサイズの冷やし甘いも」というネーミングがついていた。
買って食べたよ

感想

焼き芋という概念を超えてスイーツだね…
口の中でとろける感じは、
羊羹
(でも有名な芋羊羹とはちょっと違う シットリ感が違うのかな)

この美味しさ
実は僕知ってたの

数年前
叔母の付き添いで
半年程、
岡山日赤の
漢和ケア病棟にいたことがあるの。
その時
東京の知人
(元仕事のパートナー)

「テレビでやってたけれど、
焼き芋を冷凍しとくと甘さがまして数倍おいしくなるんだって」と
メールで知らせてくれたので
病院の近くのヨークマートで焼き芋を買い
それを一晩冷凍して朝食べたらとても美味しかったので、
適当な大きさに切って叔母に勧めると偉く気に入って
それから毎朝…

いづれこれは商品化されるなとその頃から直感してたの

そんなことがあって
「いづれこれは商品として売られるな」と思っていたらやっぱり
製造しているのは
千葉県のファーマインドという会社

病院今となっては
忘れられない思い出の場所になっているのだ、

まるでリゾートのコンドミニアム
そんな雰囲気の病院で
看護師さんは美人揃いで素敵な人ばかりで、
僕が出た吉備中学校の後輩なんていうのもいて
本当に楽しかった。
そんな訳で僕は綺麗な標準語を喋っていたのに
まるきりの岡山弁になってしまったの(笑い)

ある日のエピソード

ちょっと用事で天満屋(デパート)まで買い物に行き
帰ってくると、
ラウンジのピアノの所に入院している人たちがみんないて、
お茶を飲みながらピアノの伴奏で歌を歌ってるの
秋だった
叔母もボランティアの人とそこにて
顔を見るとニコリと笑って合図を
で横に行って座ると
「ご主人様はコーヒーですか紅茶ですか」と
「エッ ご主人 この人もう100だよ…」
思わず…
しかし叔母は何も言わずただ笑ってるだけだった…

喧嘩もようしたけどね

「そんなに言うんたら明日もう東京に帰るから」
そういうと
「そうしたら新聞で介護してくれる人募集するからええわ」
で、
翌日荷物を整理していたら(ポーズだけど)
「あんた何しょん」
「東京に帰るんじゃが」
「そんなことたぁ聞いとらんよ」
こんな調子で…
そこに看護師さんが来たりして
「あんた この子はなぁ 私を放っておいて東京に帰るいうんよ。
あんたどう思う…」
負けちゃいないんだから…
そんな訳でいつも
キャッキャラキャッキャラと…
だから中には
「ちょっとここで休憩させて他所の部屋ではできないから」
そう言って逃げ込んでくる人もいたりしてね
本当に愉快な楽しい終末だった
懐かしいねぇ
今も時々思い出す…
そう
焼き芋を見る度に…

 

-discover, essei, photo

執筆者:


  1. 「うったて」 より:

    大・大先輩の久保さんへ、こんにちは.
    写真とタイトルで、もう垂涎です.
    おいしそう、本当においしそうです(;_;)
    焼き芋というだけでも魅力的なのに(ハローズ等の入り口の焼き芋の香りが浮かぶ…)、冷やすとおいしさが増すなんて!
    ふかしいももそうなんかなぁ、さつまいも安く買えたときは試してみようと思います.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブリを見て 大根買って 腕まくり 美味しいねぇブリ大根

目次ブリを見て 大根買って 腕まくり何でもアドリブ思いつき… 早速料理にとりかかる煮物には薄口醤油よりも濃い口醤油の方がいいかもねぇアッ銀杏と栗が来る嬉しい ブリを見て 大根買って 腕まくり 575す …

タルトとは 焼き菓子のこと フランス語 バターケーキタルト これを575にするには無理がある  

食べながらの評論会
「ちょっとバターが強すぎるね」と僕
うんカラメルはいいね…
ちょっと濃いめの紅茶にはいいかもね

「そうは言っても二個入って128円だからね」(元パートナー)
「小腹が空いた時にはいいかもね」

「…」
そんなことを喋りながらいただいたのだが、
「糖尿病の薬飲んでいるのによく食べるよねスイーツ」と
元パートナー
「目の前にぶら下げられれば誰だって食べるだろう」
「私はブログのネタを提供してあげたんじゃん」
「エッ写真だけ撮って」
「そう」
「それはないだろう」
「だって」
「いいんだよ薬飲んでるから」
なんだかややこしい会話…(笑い)

スマホカメラを楽しむ オオイタヤメイゲツ カエデ科の花らしい

好奇心、これやっぱり大事だね…
つくづくそう思わされた、
素敵な女性(ひと)だった…
で、
その時
たまたま持っていたフォトブック
「そら空宇宙」
(感じる心を育むために)
をお見せすると
「これいい 私買うわ」と
しかし慌てて
「アッイヤ、
これもう無くて、
今、
写真集般若心経と同じような形の本を作っている最中なんです…」
そういうと、
「出来たら教えてね、予約しとくわ」と
嬉しいねぇ…
で、
豆しばさんにその旨電話したら
「校正刷り上がってきたんだけど、
ちょっと直したいところがあって、
だからもう少しかかると…」
完成が楽しみだなな

風情、風情ってなーに、心に沁みる風景、僕の概念だけどね…

僕が師事した石津良介先生は、
「その雰囲気こそが写真の命」
「そういうのを大切にする」ことを、
教えてくれたのだった。
今思えば、それしか、自分の味を出す方法はないんだものねぇ…

懐かしいねぇ「アトモスフィア」
先生が口癖のように言っていた言葉。
「コーヒー茶碗」
「今、ボーグの表紙になりそうな女性が、スラっとした長い細い指でカップを持ち上げ、口に近づけひと口のんで、カップをお皿にスーッと返したところ、その瞬間、そういう雰囲気を大切に」とか、
「高い土塀の曲がり角、石畳の道を着物をきた素敵な女性が、パラソルを指して、スーと消えたところ…」
「そういう雰囲気を意識して撮ってこそ、写真なんだよ」

先生はリアリズムの中に、それを求めていたんだねきっと

正月 静かだなぁ、好きだなぁ、この雰囲気

いいねぇ、思い出話を肴に飲む酒…
料理に堪能し、酒を堪能し、思い出話に花を咲かせる…
これこそまさに、高齢になったこらこその楽しみであり、味わい…
そうだ、今年は、思いっきり高齢を楽しもう…
そう、たった一度の人生だものねぇ、楽しまなくて何が人生か…だよね(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます