discover essei phone photo

スマホカメラでちょっと一枚 ジンギスカン こういう撮影 難しいね

投稿日:


せっかくだから撮ったけど、仲間内でのこういう撮影
難しいね(笑い)

仕事なら 狭いスペースでも、
どういう風にというのをちゃんと決めて
それなりに撮るが、
仲間内で行った、
こういう席では、
座った席から
「写ってりゃいいわ」
という気持ちでポンと撮るから、
本当に写ってりゃいいわの写真にななっちゃった(笑い)

まさか昨日、
ジンギスカンに行くなんて知らなかったし…

定例の月1の句会が阿佐ヶ谷であって、
それに行ったのだが
「今日はこの後ジンギスカンに行くから」
そう言われて…

ジンギスカン中野に有名な店があるの

先生曰く
中野駅の南口に、
ジンギスカン鍋の有名な店があるの、
「今日はそこに予約入れてるから」と
そのお店 知ってたけれど
「ああ そうですか、それは楽しみです」と言うしかないじゃんねぇ(笑い)
駅こ行くと
先生主宰の「グルメ会」のメンバー一人(男性)が加わっいて6人で
行ったのだけど
うん、
とっても美味しかった。
男性メンバーの説明によると、
このお店の肉は厳選された高級ラム肉で、
臭いがそんなにきつくないのが特徴とか…
札幌でも食べているけど
臭いは僕は気にならないし…
しかし、

内モンゴルで食べた羊には閉口した

とても臭いがきつくてね、
毎日
それが出るのだけれど、
誰も箸を出さないの
そして最後には、
「もう、料理はいらないから、ジャガイモを蒸かしてくれたらいいよ」と(笑い)
10日間いたんだけど、
毎日
ジャガイモばかり食べてたとういな記憶がある(笑い)
体調にもよるのだろうけど
鯉と羊はダメだったねぇ…(笑い)
しかし しかし しかし…
日本のジンギスカンは何処で食べても美味しい
餌が違うんだねきっと…

その後スナックで大声で…

昨日はその後、
男性メンバーの知っているスナックに移動して、
久々大声で…

やっぱりいいねぇ…
つい調子に乗って飲み過ぎて、
電車は乗り過ごすし
マンションに帰るまでが大変だったけど、
お陰で今朝は気持ちがいい
今日も愉し
明日も愉し
今週は週に5日働くようにしているから大変だけど頑張ろう
そう、
12月は何かと物入りだし、
お正月
休まなければいけないからね…
そう、
冬眠準備笑い

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで撮影どことなく哀れ、廃墟の庭に実るミカン

廃墟の庭に立派なミカンが、思わずスマホで
青空にミカン、いいなと思って眺めていたら見知らぬ女性が
「気をつけないと、時々ミカンが降ってくるの…」
わざわざ立ち止まって教えてくれた。
門があって、立派な家なのに、廃墟となっているらしい。
庭には草が茫々と生えていた。

軽羹を 見るとなぜか買ってしまう。子供の頃からなぜか親しんでいたからつい懐かしくて…

日本茶 美味しいよね…
茶とアン(阿佐ヶ谷の喫茶、コーヒーはない)
に行きだしてから
茶葉に最近凝っているのだが
いいお茶、
ちゃんと入れると、
本当に美味しい…

でも
その美味しさ知らない人結構多いかも
湯冷まし宝瓶 湯呑…
やっぱりいいよね日本の文化…
今から思えば宝の山に囲まれていたのに…
失って知る文化の重みだね…(笑い)

思いつき料理 簡単美味しいヤモメ料理

ヤモメ料理いいねそのネーミング気に入った
卵料理
時間がない時には本当に便利
ハハハ
もしかしてこれって、
ヤモメ料理…
アッこれいいね…
「簡単美味しいヤモメ料理」
よしこれでいこう

スマホカメラを愉しむ 撮った花の写真を見ながら Why did you take a picture of this flowerと問うのが楽しい

僕にとって花は女性なの…
フラフラ歩いていて
なにげなく呼び止められて(惹かれて)
「エッ 何」
「美しいよ」
「そのドレスとってもいい」
と僕
「あら 嬉しいワ…」
「ウン よく似合ってる」
「こんなのどう」
「いいね、そのポーズ…」
「ああ、いい感じ…」
「それそれ それだよ」
風がいろいろと、
ポーズをつくってくれるの…
「どう、いいの撮れた」
「ああ、最高だよ」
「…」
こんな会話しながら撮っているのだけれど、
こんなことを書くと
とうとういかれたな━なんて思われちゃうね…
でも楽しけりゃいいよね…(笑い)

玉川上水 西武線東大和市駅から渓谷の方へ 東京にもこんな渓谷が 凄い

かって
「練馬区を歩く」
というルポを6ページのカラーでやったことがある。
(練馬区の昭和30年40年代)

この時の川は千川で
「仙川通りはその名の通り“千川”という川に沿ってできた道路である
千川は玉川上水の水を江戸に運ぶための用水路としてつくられた。
その取水口は青梅街道田無「境橋バス停」付近に復元されていて往時の雰囲気を彷彿させている」
と書いている写真を載せているということは撮りにいったんだね…
余談ながら…
川は本当に面白い
川を知れば歴史観も変わってくるしね…
それにしても断片の情報も問とってておくと貴重な資料だね…(笑い)
改めていい勉強をさせてもらった…
これじゃやっぱり物はすてられないね…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます