discover essei event phone photo

スマホでカメラで楽しむ ケントス新宿 山下直子オンステージ 優雅に楽しむはずだったのに…

投稿日:

こういう写真撮るのスマホでは 難しい

写真のほとんどすべてが、
ブレたりピントが甘かったりして使いものにならないの…
昼間の撮影ならどうってことはないのだけれど、
ステージでちょっと動きが速くなると残念ながら…
なのである。

感度が任意に変えらられば、
どってことはないのだけれどね…

それと、
シャッターか切れるまでに
かなりのタイムラグがあるので、
予測が難しい…

撮ったらやっぱり期待されるから…

それでもシャッターを切ったら
かつてとはいえ、
写真家という肩書を持っている以上、
「ダメでした」
という訳にはいかないから
頑張ったけど、
これならというのは2、3枚…

さらに表情をみてとなると、

アップした写真が1枚だけ…
なんとも情けない(笑い)
実をいうと、
チケットは僕が買ったものではなくて、
ある人の代わりに僕は行ったの、

そう友達から土曜日電話が来て…

「友達の娘がコロナに感染して、
家族全員外出禁止とか、
で山下直子のチケットがあるんだけど行ってくれないか」と。
日曜日は夕方から
「茶とあん」(阿佐ヶ谷)でイベントが入っていたので
時間を聞くと2時5時で場所は新宿…
「うんなんとかなるな」
ということで13時30分に新宿駅東口のアルタの前で待ち合わせて

会場に入ると、とても暗い…

「ドリンクは」
と聞かれたので
「ビール」というと
小瓶のビール瓶にグラスを被せたのを渡してくれた
テーブルはS席(真正面の最高の席)
テーブルの上には食事が用意されている
「これはビップ席だな Mさんに感謝だな」
友達とそんな冗談をいいながら、
食事を楽しみ、
ジントニックを追加注文して、
食べながら飲みながら、
エレキの古い演奏をしばらく聞いた後
ようやく直子さん
(山下敬二郎の奥さん)
が登場
ベサメムーチョ
キサスキサスキサスとか
懐かしい歌を聞かせてくれ
とても楽しかったのだが、
「おい写真 撮っといてくれよ」
Mさんに送らなければだめだからと…
そう友達に言われて
「えっ これで…」
スマホを見せながらそういうと
「プロなんだろうなんとかしろよ…」
「おいおい元とは言え映画のプロデユーサだろう、
状況分るだろう…」
おまけに写真を送る人はプロの写真家
これじゃ、緊張するよねぇ
これじゃ、枚数撮るしかないな…

しかし
この後にもイベントはあるし…

ということで出来る限り、
ピタっと動きの止まる瞬間を狙って
「1枚 そう一枚決めればいいんだから」と
自分にいいきかせながら…
ということで、
せっかくのS席の楽しい気分もどこかに飛んでしまったのだけれど、
マー一枚でも渡せる写真があってよかったよ
それにしても直子さん
若くて美しい…
うん
何回か彼女のステージは見ているから…
しかししかししかし…
観劇は優雅に楽しみたいよね…
これじゃまるで仕事じゃん…
しかもWブッキングを必死になってこなしているような感覚…
僕にはどうやら
ドタバタが常について回る見たい…(笑い)
ああ、情けなや我が人生…(笑い)

-discover, essei, event, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラゴンと呼ばれる果実の味をきく 真っ赤な果実の味は淡泊

目次中まで真っ赤エッと驚く程紅い  ドラゴンフルーツ なんでドラゴンなんだろうねぇそうか、これは龍のウロコなのか…ついでだから果肉の色 どうやって見分けるのかと思って調べたが これ食べてたら肌に潤いが …

思いつき料理を愉しむ タラとブリ 野菜と炒め生姜すり 生姜醤油で これいける

ハハハ…
僕はなんでもアドリブだな…
思いつきの人生
その時その時で気分によって変化するの…
これもなかなか楽しい…
楽しければなんだっていいんだよねぇ…
それでももうすぐ後期高齢者…
いやはやなんとも…

でもね
僕みたいな生き方を
「理想の生き方です」といってくれた女性もいたよつい先日
勿論表面だけの印象だけど…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
その日その日を気分によって…(笑い)
まさにこれ、
理想のドロップアウト生活かもしれないね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 故郷の雰囲気を楽しむ

故郷かぁ
いい言葉だねぇ
僕がいた頃と今とではスッカリ変わっているとは思うけれど
記憶の中の故郷には母がいて友達がいて
自転車に乗って…
サーチャン
ノリちゃん
チズちゃん…
懐かしいね
そうお言えばサーチャンの奥さんから1昨日電話がきて
「あんたマリ〇〇さんという人知とる」
「ああ、恵子さん 新聞社に行くバスの中で時々会っていた」
「今ここにおるんじゃぁ…
であんたの話が出てなぁ
ちょっと変わるは
そういうと、向こうから
「久保君 アラ…懐かしいわぁ」
「よく覚えているよ君のこと 舟木一夫のファンで…」
「そうそうよく覚えてるなぁ
あんた 声 昔のまんま、懐かしい」
そんな会話をしたばかりだし…
やっぱりいいなぁ故郷…
遠くに来てしまったけれど、
やっぱり故郷
故郷の山に向かいて言うことなし
故郷の山は有難きかななのである

カラオケで 大声出して 生き返る

合唱にしろカラオケにしろ結構歌っていると思うんだけど
しょっちゅう、
気管支
道を間違えるの
しかも段々とその回数が増えているの
先日も90歳の俳句の先生のお喋り会でワインが道を間違えてゲホゲホ
やっていたら
「上を向きなさい 上を向いて気管支を広げればすぐ直るから」
先生にそう言われて
言われるままに上を向くと
あら、不思議…
こんな裏技があるなんて
これは経験者の貴重な体験だったのかも知れないね…
まぁ、そういうことは別にして
軽く飲んで
大声を出して歌う
ストレス
よくは分からないけれど、
やっぱりあるんだね僕にも(笑い)

黒法師おしゃれ 、なんとなくそんな雰囲気。こういうムードに僕は弱いの 

クロホウシから連想した記憶に残る歌手
好きだな、こういう雰囲気、どこかに陰を持っていて…
黒のドレスの似合う女性(勝手に思っているのだけれど)…

北原ミレイとか浅川マキ、カルメン・マキ、そんな感じ
エッ 知らない、そりゃそうだよね、時代がちがうものねぇ(笑い)
でも、懐かしいから、時々聞くよ、そうすると、青春時代を思い出してね、それがいいんだよねぇ…
そう、過ぎ去った遠い日々…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます