コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ハイビスカス

投稿日:

色、形(姿)の持つ力って凄いね。

同じハイビスカスでも、軽やかに見えるものもあれば、しっとりと清楚に見える花もある。
このハイビスカス、僕にはすごく重厚に見えるのである。
そう、この花をみた瞬間、ヨーロッパの貴婦人が着たドレスを連想したのである。
例えば、マリー・アントワネット。
贅の限りを尽くした女性。
なんとなく、そんなように思えたのである。

最近ゴージャスなハイビスカスが目立ち始めた

「これはコレクションしておくべき」
そう思ってチョコチョコ撮っているのだが、やっぱり、キッチリとした花の写真を撮るには、早朝の植物園に行かなければね。
そう、午後になると、勢いがすでになくなっているので、アッと思っても、シャッターを押す指がどうにも、動かないのである。

やっぱり花は午前中に撮るべきだな

くたびれた花にも、それなりの良さがあるのだけれど、やっぱり、花は、ピシと張りつめた緊張感というのだろうか、そういうイメージを狙いたいよね。
そう、だから、コレクションの数がなかなか増えていかないのである。

集客のキャッチコピーでいう程、写真は簡単にはうまくならないと思うんだけど…

FBをサーフィンしていると、
「プロのような写真が簡単にとれる」
というようなフレーズのセミナーの売り文句が目立つ。が、やっぱりね、いい写真というのは、テクニックよりも気持ち、それが優先されると思いながら、記事を読んだりしてるんだけれど、加工の技術だけでは、なかなかそうはいかないよね…

集客キャッチコピーで知るビジネスモデルの変化

それにしても。ハウツー トゥドゥの集客が目立つのは、ビジネスが、そういう傾向に流れているんだろうね。
英会話の集客なんか、締め切りまで後何日なんて、随分煽って締め切っているのに、ちょっと日にちがあくと、同じことをまた…
そんなのをずっと観察していると、思ったように集客でえきなかったんだなぁと思うようになってくるのだ。

何かやろうと思ったらやっぱり努力だよね。

話がなんだか変な方向に流れてしまったが、何かやろうと思ったら、やっぱり努力以外に道はないと私はお思っているのである。
先日、友人の画伯と
ちょっと変わった人で、
「売るために俺は絵を描くんじゃない。描きたい気持ちが高ぶった時に描くんだ。そう、だから芸術は爆発なんだよ」
理屈はよく分らないけれど、なんか、説得力がある。

子供の描く絵こそ芸術なんだ。

その画伯が言っていた
「本当の芸術は子供の描く絵の中にある。それが分かるまでに一生かかったとピカソは言っているんだ」と。
後で調べてみると、ピカソの語録のなかにそういうのがちゃんと書いてある。
「絵はね、説明しちゃだめなんだよ久保さん。そんな絵は絵じゃないんだよ…」
確かに、写真もそういう部分がある。
こういうところは、残念ながら、ハウツーにはならない。
「こんなことを言っている俺たちは、決して人に教えることはできないね」
そう言って別れたのだが、こういう人と話していると、本当に楽しい。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんとも情けない顔、大丈夫?と思わず声をかけてしまった

目次なんだよ、その情けない顔…ああ、長い休みが終わって、今日から仕事。 なんだよ、その情けない顔… 「飛ぶならサッと行かなきゃ、みんな見てるよ」 「だって、こんな高いところから飛べないよ」 「しかし、 …

ネェーネェー チューしよう エーこんなところで、恥ずかしいよ

目次そんな誘われ方してみたいねハハハ昨日、何十年かぶりかに、野川を歩いた。水のある風景、いいよねぇ そんな誘われ方してみたいねハハハ 「ネェーチュウーしようよ」 どっちが男でどっちが女か分からないけど …

チョウチョの名前 すぐ分るよ スマホ タブレットで写真を撮ればすぐわかるよ

やり方

最初に、検索窓(ボックス)をタップすると、検索履歴が出てくるよね。
その履歴を上にスクロールしていくと、一番下に、黄色、赤ブルー緑で米と書かれた大きな字が出てくる。
その横に太字で、Discoverで、興味や関心に関連する情報をチェックと書いてある。
そうそう、そこそこ、そこにあるでしょう、派手な配色で描かれた米という字が。
それをタップするの(クリック)すると、最初に出した検索窓(検索ボックス)にカメラのマークが出てくるの。
出て来た? そう、それそれ、それを押すとカメラになって、
大きな四角の枠が出てくるでしょう。
その四角い枠の中に、調べたいものを入れて、シャッターをおすと、今回の場合いは、「アメリカンタテハモドキ」と出てくる。

地湧金蓮、チユウキンレン バショウ科の花らしい

目次チユウキンレン 漢字で書くと、地湧金蓮 なんとなく、厳な花に見えるのだけれど…DNAって、先祖の思想も受け継ぐのかしら…すごいねGoogleの情報、爺さん、死んでから100年以上も昔の人なのに、出 …

書 いいね 書けないけど惹かれるね、こういう字が書けたらいいね 

これ、どう見ても文字だよねぇ。川なんだけど。
上空から見ると、川も文字のように見えるんだよねぇ
書 いいよね、シルエットの芸術。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます