フォトエッセイ 写真エッセイ 本の紹介

お米の花の神秘 お米が命を繋ぐ瞬間(とき)

投稿日:

お米の花、見たことありますか。

おそらく、ほとんどの人が知らないと思います。
通常なら、8月の丁度、今頃、
お米を作っている田んぼでは、そよ風にゆれる、白い花が見えるはずです。
しかし今年は、梅雨が長く、天候が優れなかったので、どうでしょうか…

 

8月丁度今頃の晴れた日の午前9時から11時の二時間だけ見られる神聖なる儀式

春に田植えした苗が、本来ならばスクスク育って、
丁度今頃の晴れた日の午前9時から11時の約2時間だけ、雌しべが姿を現して、交配がなされるのです。

しかし、それは、そういった基礎知識がないと、観察しようと思っても、なかなか見えないかもしれません。
僕も、この写真を撮るのに、三回、夏を費やしたのですから。

肉眼ではなかなか見えづらい、小さな世界。
しかし、その瞬間を捉えた時には、「オーツ」と思わず、声を上げてしまいました。

撮ったのはフイルムカメラ、今ならスマホで簡単なのにね

この写真を撮ったのは、電子カメラの出始めの頃で、まだそんなに性能がよくなかったので、フイルムのカメラで撮影したのですが、
現像が上がって、フイルムをビューワに乗せ、写った写真を見た時には、自分で撮っておきながら「スゴイ」と叫んでしまいました。
それ程神秘の世界だったのです。

フイルムカメラは電子カメラのように、撮ったらすぐにモニターで確認ということはできないし、長いクローズアップレンズは持ってなかったので、レンズの前に望遠レンズを逆さまにして手でくっつけて撮るという無茶苦茶な方法で撮ったのですが、うまくいって、本当に良かった。
今ならスマホで簡単に撮れるのにね。

なぜ、お米の花の写真を撮ったか

なぜ、そこまでして僕がお米の花の写真を撮ったかというと、鳥取でお米づくりをしている友人に頼まれたから。
その人は自分の農法に「湧気農法」という名前をつけ、無農薬、天日干しという、昔ながらの米づくりを実践しているのです。

愛情を注げば、お米も、それに答えてくれるらしい

僕から言えば、ちょっと変わり者という位、拘りを持った人で、
それゆえに、その人のつくったコシヒカリは本当においしいです。
僕の知り合いにも、食べてもらったのですが、異口同音、とっても美味しいと。

その人がじっと田んぼを観察していて、気づいたんですね。
で、僕に撮ってくれないかと。
そんなに難しい撮影とは、その時は思ってなかったのでえ簡単に引き受けたのですが、何枚撮って送っても、
「雌しべが写っていない」
そういわれて撮り直しをするのですが、雌しべがどんなものか、どこにあるのかもわかってないのだから、それは大変でした、

で、ある時、田んぼにいたおじさんに
「雌しべ、どこにあるんですか」と尋ねたのですが
「そんなもん、知らないよ」と。
お米を作っているおじさんが知らないのだから、僕に分かるわけないよね…
ということで、結局、3年も費やしてしまったのです。

そういう意味で、この本はかけがえのないものと思っているのです。
売るための本づくりもあるけれど、残しておくための本づくりもあるよね。
そういう意味で、まめしば書房さんには、とても感謝しているのである。

-フォトエッセイ, 写真エッセイ, 本の紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒヨドリ、羽を広げると、本当に美しい

目次羽を広げた写真が見せたくて、再び登場願ったの それにしても、よく撮れたよね、こんなシーン、自分でも驚いているハハハ…それから連日公園に通って、何度も何度も失敗しながらやっと捉まえたのがこれ。僕は、 …

ネェネェ 僕と遊ぼうよ ワタシ 今 忙しいのよ 交信はテレパシー

目次チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ でも、ナンパ 恋愛面白いね…だって、頭ピーマンでも、恰好はつけたいもの。大事な仕事、手紙が僕の常套手段だった チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ だけど、ど …

エンビセンノウ(燕尾仙翁)学名はlichensはギリシャ語で炎という意味らしい

この花を見て思いだしたのが、速水御舟の「火舞」
どこの美術館で見たのか忘れたけれど、まさしく炎が舞い上がっているようで、感動させられた。
その時、カタログだったかな、パンフレットだったかに書かれていたエピソードで
御舟がこの絵を描いていた時、近くの人が、描かれたこの絵を窓越しに見て、
「火事だ」と叫んだという話が載っていたのが記憶にある。
そのエピソードを確認しようと思って調べたが、見つけることはできなかった。が、炎舞という作品は、家族とともに数か月過ごした軽井沢で描かれたのだそうだが、その裏話があったのでそれを

ペンタス 星型の花 結構可愛いのに見過ごしていた。

目次撮っていてもなかなかアップできなかった花ペンタス今日は困った書くことが浮かんでこないやっぱり写真はデジタル化しておかなければねシャッターを開けている間、懐中電灯で光を当てて、パオを写す 撮っていて …

姫芙蓉なんだけど 何か物語を感じる

目次どうやら別の惑星から来たらしいかつての喫茶店文化、それはとても素晴らしいものだった。ネット社会というヤツ、慣れないと、やっぱり大変だよアレコロナによって、社会が大きく変わっているのは感じるけれど …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます